2011年04月19日

冬の飛騨路&白川郷〜郡上八幡その2

長々と続けてまいりました冬の飛騨路&白川郷旅行シリーズも、
本日の『郡上八幡その2』でラストでございます。

前回は、郡上八幡を流れる清流吉田川の風景が主でしたが、
今回は、郡上八幡の町並み、それにおまけ的なモノでございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7349k5d.JPG

郡上八幡は『水の町』と言われるだけあって、
町の脇にはご覧の通り水が流れているところが多いです。
昔の東京で言えば『ドブ』ってことなんでしょうが、
流れている水がドブ水とは比較にならないキレイさです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7350k5d.JPG

古い情緒を残した町並み。
ちなみに町の全てがこんな雰囲気になっているわけではなくて、
『古い町並み』として残存しているところを撮影したものです。
商店街なんかは20年前くらいの東京のフツーの商店街みたいな感じでした。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9887e.JPG

この日は成人の日でしたので、あちこちに日の丸が掲げられていました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7354k5d.JPG

1枚目のところで言いましたが、
溝を流れる水が『ドブ』の水よりはるかにキレイだということ、
この写真でおわかり頂けますかね?


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7365k5d.JPG

しばしの散策を楽しんだ後は、
食品サンプル作成を体験しました。
郡上八幡はその水のキレイさからサンプル作りの町として有名なのです。
写真のように、若い女の子にレッスン受けながら作っていきます。
これはキャベツの葉を作っているところ。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7359k5d.JPG

こちらはエビの天ぷら。
天ぷらサンプルは全てをイチから作り上げるのではなくて、
完成済みの中の具に衣をつけるだけでした。
そうは言っても、意外と難しかったですけどね。


サンプル作りを楽しんだ後は一路東京へと帰還です。
以下はその途中の三ケ日ICでいったん高速を下りて食べた浜名湖のうなぎ。
店の名は『炭焼きうなぎ加茂』というところ。
http://r.tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22008615/

7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9900e.JPG

これは2人で1枚たのんだ白焼き。
関西風で蒸していないので、関東風とだいぶ違う味わい。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9902e.JPG

うな重の蒲焼ももちろん関西風で蒸していません。
ただ単に蒸していないから関西風という感じではなく独特の感じで、
かなりのボリューム感があります。
エリーは関東風よりもかなり好みだと言ってましたが、
ボクにはちょっとしつこすぎで、いつもの関東風の方が良かったです。
この辺は完全に好みが分かれるところですね。



というわけで、2泊3日の冬の飛騨路&白川郷旅行をアップし続けてまいりました。
わずか3日間の行程ではありましたが、
最近の国内旅行の中では一番楽しめた気がします。
ただ・・・
やっぱり東京から車で行くのは遠かったですね。。。

次回からは、1月に宿泊した伊豆の宿『アルカナイズ』をアップしていきます。。。
posted by 玉ケン at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

冬の飛騨路&白川郷〜郡上八幡その1

冬の飛騨路&白川郷旅行最終日は、帰りがけに郡上八幡に立ち寄ってみました。

1日目:東京発〜飛騨高山観光〜『倭乃里』宿泊
2日目:白川郷観光〜夜の飛騨古川〜『八ツ三館』宿泊
3日目:朝の飛騨古川〜郡上八幡立ち寄り〜東京着
こんな感じの2泊3日だったわけです。

飛騨古川から東京へ帰るルートは基本的には2つあって、
八ツ三館の人には、
山をぬけて松本へ出るルートが景色がキレイでオススメと言われたのですが、
降雪がすごくて時間が大幅にかかりそうでしたので、
高速で名古屋方面に出る、行きと同じルートで帰ることにしました。

その途中にある郡上八幡の町は、美濃の最奥・飛騨の入口みたいな町で、
昔々TVで町並みを見て『いい感じの町だなあ〜』と思った記憶がありました。
というわけで、昼食を食べがてら立ち寄ってみようということになったのです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9879e.JPG

郡上八幡に到着するやいなや最初にまずは腹ごしらえ。
ガイド本にのっていた店『魚寅』でボクが頼んだアマゴの塩焼き定食。
相当に立派なサイズのアマゴで最高に美味しかったです。
ボク的には日光のヒメマス定食に次ぐ川魚最高レベルの美味さでした。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9878e.JPG

エリーがたのんだのは猪鍋定食。
猪の肉なのに臭みは全然なくて、こっちも美味しかったです。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9880e.JPG

腹ごしらえが済んだら早速散策へ。
駐車場のすぐ前には町役場がありました。
やっぱりお約束の人力車がありますね。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7341k5d.JPG

町役場のすぐそばにはご覧の通りキレイな川が流れています。
長良川の支流で吉田川という川で、写真奥が下流で長良川と合流します。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9884e.JPG

同じく吉田川をアップで撮影したものですが、
橋の向こうにはかすかに長良川の流れも見えています。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7347k5d.JPG

ちょっと大げさにRAW現像してはいるのですが、
それを差し引いても、すごく美しい水の流れる川でしたよ。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7346k5d.JPG

あまりにキレイな流れだったので、しつこくもう1枚。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7348k5d.JPG

吉田川からは少し奥の方へと進んだところ。
階段の先には郡上八幡城がそびえているはずです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7356k5d.JPG

こちらが山上にそびえる郡上八幡城。
現在の天守閣は昭和8年に再建造されたものらしいです。
入場料を払って観覧することがもちろん可能なのですが、
お城見学って大体どこも同じで面白くないので、
中には入らず、この写真をとって終了ってことにしちゃいました。



冬の飛騨路&白川郷〜郡上八幡その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨古川その3

昨日・今日も結構大きな余震があったり、
原発はまだまだ予断を許さない状況だったりしていたりで、
ボクの方もバタバタしているのですが、
出来る限りブログは更新していきたいと思います。

今回は、冬の飛騨路&白川郷〜飛騨古川「その3」でございます。
「その1」は1/9(日)の夜の古川の様子、
「その2」は翌日1/10(月)に宿を出てから散策した昼の様子、
特に、古川の町の外を流れる『宮川』に焦点をあててアップしましたが、
「その3」は町の中を流れる『瀬戸川』に焦点をあててみます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7315k5d.JPG

宿を出て、町の中心部の方へと向かいます。
「富山」という標識を見ると、遠くまで来た実感がわいてきます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7316k5d.JPG

1枚目のメインストリートから向かって右の方の町並み。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7318k5d.JPG

2枚目とは逆の向かって左の方の町並み。
こちらの道を通って、町の中心の方へ向かいます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7322k5d.JPG

道の脇を流れているのが『瀬戸川』です。
『宮川』は立派な一級河川ですが、『瀬戸川』は町の用水路でございます。
「その1」でも言いましたが、
昔はイワナが泳いでいたりしたそうですよ。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9858e.JPG

白い壁の建物が「いかにも」の雰囲気を醸し出します。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7327k5d.JPG

しばらく進んでいくと、
古川三寺まいりのお寺のひとつ『円光寺』が見えてきます。
このあたりで『瀬戸川』とはサヨウナラで左に曲がっていきました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7339k5d.JPG

下戸のボクは関係ないのですが、酒屋の『蓬莱』というのがありました。
有名なのかどうかは知りませんが、
高山〜古川の道沿いにはひたすら『蓬莱』の宣伝看板があったので、
イヤでも頭にこびりついてしまいました。



全部を見てまわったわけではないのですが、
飛騨古川の町はこじんまりした昔の雰囲気を残した町でした。
高山と比べるとはるかに小さな町で、
ここだけを目的で観光しに来るのはちょっときびしいですが、
その分観光客もわずかしかおらず、個人的には好きな感じでした。


次回以降は、前の日に泊まった宿『八ツ三館』の紹介をしていきます。
posted by 玉ケン at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨古川その2

3/11はボクの誕生日だったのですが、
そんなことは彼方へ吹き飛ばす大惨事が発生・・・。
超零細とはいえ一応会社を預かる身としては情報収集・対応に大忙し。
そもそも1年間の中で忙しい時期なのもあり、
さすがにブログ更新する気分にもならなかったのですが、
ここまで続けてきたブログですので、
今日から出来る限りリスタートしていきたいと思っています。

被災された方々には深くお悔やみ・お見舞い申し上げるとともに、
原発で作業されている方々含め、何とか頑張ってほしいとの思いで一杯です。


ということで本題に戻りますが・・・
前回に続いて、冬の飛騨路&白川郷〜飛騨古川「その2」でございます。
「その1」は1/9(日)の夜の古川の様子をアップしましたが、
「その2」は翌日1/10(月)に宿を出てから散策した昼の様子です。
特に、古川の町を流れる『川』に焦点をあててアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7311k5d.JPG

宿泊した宿『八ツ三館』を出てすぐの橋で撮影した1枚。
山肌には昨晩の積雪が見えますね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7314k5d.JPG

1枚目とほぼ同じ場所から反対方向を眺めたところ。
川の流れも凍りつきそうです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7332k5d.JPG

1・2枚目のところからは少し歩いて、広く開けた河原に出てきました。
写っている川は、高山の町にも流れる『宮川』です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7333k5d.JPG

3枚目とほぼ同じ場所で反対側を眺めたところ。
河原も一面雪で覆われていました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7336k5d.JPG

4枚目を少し望遠にした1枚。
4枚目と代わり映えしないですが、何となく冬らしいと思ったのでピックアップ。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9873e.JPG

最後はエリーが撮影した1枚。
1/9夜〜1/10朝にかけてかなり雪が降ったので、
どこもかしこも相当量の積雪でございました。



飛騨古川その3に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨古川その1

1/9(日)に五箇山〜白川郷と世界遺産めぐりをした後は、
この日の宿『八ツ三館』のある飛騨古川へと向かいました。

飛騨古川は高山より少し北にある小さな町で、
高山ほど大々的な観光名所の町ではないですが、
風情があってなかなかいい雰囲気を残した感じでした。

夕方すぎまで白川郷にいたので、
古川に到着、『八ツ三館』でチェックインしたのは夜になってしまいました。

当初は、夕食までゆったりしていようと思っていたのですが、
この日の夜は古川の町でライトアップ的なイベントが行われているとのこと。
それは見にいかねば・・・ということで、
部屋に荷物を置いたらすぐに、夜の古川の町へと飛び出したのでございます。
本日はその時の様子をご紹介です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7162k5d.JPG

飛騨古川の町を流れる瀬戸川。
もちろん人口の用水だそうですが、昔はイワナも泳いでいたそう。
その脇にこんな風にライトアップ?が。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7171k5d.JPG

ライトアップの正体は、フツーの和紙にろうそくの火なので、
ちょっとの風で消えてしまったり、和紙が燃えちゃったりで、
係りの人がセッティングし直すのが大変そうでした。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7182k5d.JPG

若干ホワイトバランス変えて、雰囲気変えてみました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7172k5d.JPG

今度はソフト効果を施してみたもの。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7175k5d.JPG

町の中心部にある円光寺という寺をすぎ、
飛騨の匠文化館というところの前で、
サービスの甘酒がふるまわれていました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7183k5d.JPG

甘酒を頂いてから、宿の方へと戻ってきました。
これは宿の目の前にある本光寺というお寺。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7193k5d.JPG

本光寺の境内の中に入ってみました。
なかなかに雪が積もっていますね。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7194k5d.JPG

本光寺の鐘と銅像のあたり。
鐘の下の木の枠あたりを見てもらうと、
横なぐりの雪が降っているのがおわかり頂けるでしょうか?


雪も相当激しくなってきたので、
夜の古川を散策は30分ぐらいで、その後急いで宿に戻りました。
風も強くて、甘酒サービスのところのテントが飛ばされちゃうくらいでした。
当然メチャクチャ寒かったです。




飛騨古川その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

冬の飛騨路&白川郷〜白川郷その3

前回・前々回に続いて、冬の飛騨路&白川郷〜白川郷「その3」でございます。

白川郷の集落の中で、たぶん一番有名な『和田家』を観覧した後は、
しばし集落内を散策です。

白川郷の前に訪れた同じ世界遺産の『五箇山』と比べると、
こちら白川郷は観光客でごった返していました。
ただ、思っていたよりは少なくて、身動きできないなんてことはなかったです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9771e.JPG

おそらく『和田家』のそばでエリーが撮影した1枚。
池(水たまり)の水もこのように凍ってしまっていました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7114k5d.JPG

五箇山や白川郷展望台にいた時よりは落ち着きましたが、
雪はず〜っと津々と降り続けていました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7117k5d.JPG

モノクロバージョンその1。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7133k5d.JPG

モノクロバージョンその2。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7141k5d.JPG

世界遺産として名前が知られているのは『白川郷』『五箇山』ですが、
細かく言うと、白川郷の集落は『萩町集落』と言います。
このようにバスで訪れることも出来るんですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7146k5d.JPG

『和田家』の他にも、中に入って観覧できる『〜〜家』はいくつかあります。
もちろんみんな有料なので、遠慮しておきました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7135k5d.JPG

集落の脇にはこんな風に川が流れています。
いい感じの雪景色でしたよ〜。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9785e.JPG

7枚目の川を縦構図&ソフト効果加えてみたもの。



それほど長い時間滞在したわけではありませんでしたが、
冬の白川郷観光を十分楽しむことは出来ました。
惜しむらくは、有名な『ライトアップ』を拝むことが出来なかったこと。
ボクらが訪れた1/9はまだライトアップ期間じゃなかったんです。
正式なライトアップではなくても、
夜になったら近いモノが見れないかと期待したのですが、
それはさすがにムリでした。

この後は東海北陸道を高山ICへと引き返し、
この日泊まる宿『八ツ三館』のある飛騨古川へと向かったのでした。
posted by 玉ケン at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

冬の飛騨路&白川郷〜白川郷その2

前回に続いて、冬の飛騨路&白川郷〜白川郷「その2」でございます。

白川郷に到着してすぐに展望台からの眺めを堪能したボクら2人。
その後は、狭い下り坂をスタッドレスPASSOで慎重に下りてきて、
集落内の探索でございます。

前日に宿泊した宿『倭乃里』の女将から、
「和田家だけは見ておいた方がいいよ〜」と教えられていたので、
車を停めてまずは『和田家』へと向かいます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7110k5d.JPG

和田家の入口。
勝手にタダと思っていたので、入館料取られるのは意表をつきました。
考えてみれば当たり前なんでしょうけどね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7113k5d.JPG

国の重要文化財に指定されている和田家ですが、
今も中では和田さんが暮らしているとのことでした。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7121k5d.JPG

玄関で靴をぬぎ、入館料を払って中へ。
これは1Fの広間の風景。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7118k5d.JPG

3枚目の写真の奥の方へと進んだところ。
仏間ってことなんでしょうね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7119k5d.JPG

4枚目とほぼ同じ場所から別アングルで撮影したもの。
まあ、フツーの和室といえばフツーの和室です。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7122k5d.JPG

3枚目の囲炉裏の脇をぬけて、2Fへと上がります。
下り優先なので、なかなか上がることが出来ませんでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7123k5d.JPG

2Fへ上がる途中の中2Fの様子。
何となく雰囲気がありますよね。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7124k5d.JPG

2Fはこんな風になっています。
屋根の傾きで狭くなっているとは言え、全体的にはかなり広いです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7126k5d.JPG

屋根の上のほうを眺めたところ。
萱葺き屋根をキレイに維持していくのは大変なんでしょうね〜。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7131k5d.JPG

2Fを見終わったら1Fへ下りて退館します。
まあ正直言って、感動する代物ではありませんでしたが、
白川郷に来たからには見ないわけにはいかないですよね。


白川郷その3に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

冬の飛騨路&白川郷〜白川郷その1

1/9(日)飛騨高山の宿『倭乃里』をチェックアウトして、
まずは世界遺産の五箇山『菅沼集落』『相倉集落』へ。
そして15時〜16時くらいに、
今回旅行の最大目的地『白川郷』に到着しました。

東海北陸自動車道が開通するまではこの辺の移動も結構大変だったそうですが、
今では五箇山IC〜白川郷ICは約15km、10分くらいで行けちゃいます。
しかも、道中のほとんどはトンネルなので積雪もさほど心配しなくて大丈夫です。
まあ、便利になったもんですね〜。
(もちろんチェーン規制はされておりました。)

白川郷に到着して最初に向かったのはやっぱり展望台。
集落全体を見渡す写真は何度も目にしたことがありますよね。
展望台に行くメインルートは積雪で通行止めでしたが、
別のルートを通って、最後まで車で行くことが出来ました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9758e.JPG

今回の旅行全体の中でボクが一番気に入っているエリーの写真。
白川郷に雪が降り注ぐ様をしっかりと撮影することが出来ました。
雪の感じがとても良く写っていると思います。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7099k5d.JPG

ボクが24mm広角でフツーに撮影したもの。
やっぱり1枚目のように雪が写ってた方がいいですね〜。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7100k5d.JPG

次は80mmまでアップにしたもの。
フツーに撮影しても空から落ちる雪はキレイに写りません。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7104k5d.JPG

装着レンズの最望遠105mmで撮影したもの。
3枚目とあまり代わり映えはしないのですが。。。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7102k5d.JPG

今度は縦構図で広角気味に。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7103k5d.JPG

結局同じような写真にしかならないので、
例のごとくホワイトバランスで遊んでみました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7105k5d.JPG

こちらはセピア調。
雪の合掌作り集落はセピアが決まると思ってますが、いかがでしょう?


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9754e.JPG

最後にエリーの撮影写真をもう1枚。
透き通って見える大きな白い玉はもちろん『雪』でございます。



白川郷その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

冬の飛騨路&白川郷〜五箇山その2

前回に続いて、冬の飛騨路&白川郷〜五箇山「その2」でございます。

前回は五箇山ICを下りてすぐの「菅沼集落」をアップしましたが、
今回は、そこから車で20〜30分ほどの「相倉集落」です。

道中ものすごい積雪だったらどうしようと心配でしたが、
集落の間際の道以外は、雪をとかすための水が常時流されていて安心でした。
ICからは少し離れてますが、
道中の風景もナカナカだったので楽しみながら行くことが出来ました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7059k5d.JPG

駐車場入口にある蕎麦屋で昼食を食べた後、
展望台があるとのことで上へと向かいます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7069k5d.JPG

展望台まではすぐなのかと想像していたのですが、
予想よりはだいぶ遠かったです。
こんな感じの道をひたすら登っていきます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7077k5d.JPG

上り坂で大変な上に、途中からかなり降雪がはげしくなってきました。
この写真でおわかりいただけるでしょうか?


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7084k5d.JPG

おそらく展望台近辺で下の方を撮影したところ。
降雪はどんどん強まるばかり。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7082k5d.JPG

少しアップにして、ホワイトバランス変えた1枚。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7085k5d.JPG

今度は縦構図にしてみたもの。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7091k5d.JPG

これはおそらく、展望台から帰ってくる際に撮影したもの。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7092k5d.JPG

どうしてもみんな同じような写真になってしまうので、
セピアにしたりして遊んでみました。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7093k5.JPG

だいぶ下の方まで下りてきて撮影した1枚。
展望台から下ってくる時が一番降雪はげしかったですね。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7097k5d.JPG

同じく下りてきてから撮影したモノ。



この後に訪れた白川郷と比べて、
集落全体の規模は小さいですが、観光客が少ないのは良かったですね。
3連休でしたのでソコソコの数の観光客はいましたが、
白川郷と比べると半分以下だったと思います。
世界遺産登録されているくらいですので観光地化されている部分は多いですが、
どことなくマイナー感があるのも良い感じに思いました。
まあ、でも一番印象的だったのは相倉集落での降雪の激しさでしたね。
一瞬で車の屋根に数cm積もってましたので、
さすがは日本有数の豪雪地帯だけあるなあ〜と実感できました。

そして、相倉集落を出発して白川郷へと向かったのでした。
posted by 玉ケン at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

冬の飛騨路&白川郷〜五箇山その1

冬の飛騨路&白川郷旅行2日目(1/9)は、
ボクらにとって色々とインパクトあった宿『倭乃里』をチェックアウトして、
今回旅行のメイン目的地である白川郷方面へと向かいました。

今回実際に訪れるまで知らなかったのですが、
世界遺産登録されているのは白川郷の集落だけではなくて、
さらに少し北に行ったところにある五箇山というところの集落もなんですね。
というか、正式には世界遺産登録されているのは、
「白川郷・五箇山の合掌作り集落」としてなんだそうです。
『倭乃里』の女将は「白川郷だけ行っときゃいいんじゃない」と言ってましたが、
せっかくココまで来たのですから、五箇山も見ておきたいですよね。

というわけで、チェックアウト後まずは五箇山の方に行くことにしました。
昼は五箇山、午後から白川郷へ・・・という計画でございます。
ちなみに白川郷は岐阜県の最北ですが、
五箇山はさらに北へと進み、県境を越えて富山県に入ったところで、
白川郷から高速で20分くらいです。
レンタカーのスタッドレスPASSOでブイブイ走っていきました。

五箇山の合掌作り集落は大きなのは2ヶ所あるようで、
高速出口からすぐのところが『菅沼集落』、
そこからさらに10kmほど奥まったところにあるのが『相倉集落』で、
この2ヶ所が世界遺産登録されています。
時間的にどうなるか読めなかったので、まずは近場の『菅沼集落』へ。
余裕があれば『相倉集落』へも行こうというプランで動きました。
結果的には両方訪れることが出来ましたので、
今回は『菅沼集落』、次回は『相倉集落』の様子をアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7030k5d.JPG

山の上にある駐車場に車を停め、エレベーターで集落の方へ下っていきます。
エレベーターをおりるとトンネルになっていてこんな案内が。
ボクらは向かって右の世界遺産『菅沼集落』を目指していきます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7031k5d.JPG

トンネルは意外と長くて、出口まで徒歩2〜3分くらい。
トンネルの中は、とってもくら〜い雰囲気で、かつ、とっても寒かったです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7032k5d.JPG

トンネルを出てすぐに目に飛び込んできた風景。
想像通り、これぞ雪の合掌作りって感じです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7039k5d.JPG

少し先へ進んだところで撮影した1枚。
ココ菅沼集落にいた間は、雪〜雨の中間ぐらいのミゾレみたいのが降っていて、
傘をさしながらの見学&撮影でした。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7040k5d.JPG

ホワイトバランスを変えて、ソフト効果を加えてみました。
少し芸術的になってるかな???


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9694e.JPG

3連休なので観光客たくさんかと思っていましたが、
わずかに家族連れがいる程度で、それほどでもなかったです。
子供は雪の中でも元気元気ですね。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7051k5d.JPG

菅沼集落の裏手にはこんな湖?(川?)が広がっています。
雪山に囲まれてとてもいい感じでした。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9696e.JPG

上の湖?(川?)をアップで、かつホワイトバランス変えて芸術チックに。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7052k5d.JPG

菅沼集落全体を上から眺めたところ。
本当は駐車場のそばに展望台があるのですが、
展望台までの道に雪が積もっていて行くことが出来ず。
これは道沿いから撮影したものです。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7057k5d.JPG

同じく菅沼集落を上から。
ソフトにして幻想的な感じにしてみました。



五箇山その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨高山その2

前回に続いて、冬の飛騨路&白川郷〜飛騨高山「その2」でございます。

元々は高山に到着するのは夕方になるだろうと思っていて、
市内観光は2日目にゆったりするつもりだったのですが、
思いのほか早く到着したので、初日の午後で市内観光を終えてしまいました。

というのも、、、
高山の市街地は思っていたよりは見るべきところが少なかったんですよね。
どこもかしこも古い町並で丸1日かけて見て回るのかと思ってたんですが、
実際は「飛騨牛のレストラン」「高山ラーメンの店」「酒屋」がメチャ多くて、
フツーの市街地っぽいところがほとんどって感じでした。
ちょっと期待しすぎだったのかもしれません。。。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6885k5d.JPG

「中橋」からすぐのところの「古い町並」。
ピクチャースタイル「ノスタルジア」がはまる風景ですね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6883k5d.JPG

これまたピクスタ「ノスタルジア」で。
暖簾の感じなんかはいい雰囲気醸し出してます。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9603e.JPG

上にも書きましたが、高山市街地には酒屋が多かったですね。
理由はちょっとわからないです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6893k5d.JPG

古い町並の店頭にあった怪しげな人形とケース。
外人も物珍しそうに見てました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6895k5d.JPG

人力車は町のあちこちにスタンバイしているようでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6896k5d.JPG

屋台風の店で食した「飛騨牛ロース肉の串焼き」。
お味は可もなく不可もなく・・・。
ただ800円の値段の価値はなかったかと。。。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6898k5d.JPG

中橋から少し歩いたところには「宮川朝市」の看板がありました。
当然朝はにぎわうんでしょうが、
ボクらはわざわざ朝来ることはしませんでしたので実際はわかりません。。。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9605e.JPG

1〜2時間ほど高山市街地観光した後は、早めに宿に向かうことにしました。
その道中の踏み切りで撮影した1枚。高山本線ってやつですね。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7020k5d.JPG

市街地からほんの少し離れると、ご覧の通りの雪景色。
やはり飛騨は雪国ですね〜。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7018k5d.JPG

この日に泊まる宿「倭乃里」近くまでやってきました。
橋の下を流れる川は、高山市街にも流れていた「宮川」です。
市街地で見るのとまるで別の川に見えるくらいですね。




というわけで、、、
高山市内観光は予定よりも大幅にショートカットして終わらせちゃいました。
夜になったら高山市街地のライトアップを見に行こうかと思ったのですが、
この日の宿「倭乃里」から市街地までは結構離れていてメンドーだったので、
結局それも行かずじまいでございました。

上にも書いたんですが、高山の町は意外とフツーだった印象でした。
ボクの中で妄想がふくらみすぎていたようです。



次回以降は、この日泊まった宿「倭乃里」の紹介、
そして翌日の白川郷の写真などをアップしていきます。

posted by 玉ケン at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨高山その1

1/8〜10の3連休に、冬の飛騨路&白川郷に行って来ました。

毎年冬になると行きたい場所の1つだった飛騨路&白川郷。
しかしながら、仕事の関係でなかなか3連休を取れず、
1泊2日ではきついだろうと思い、実現には至っていませんでした。
今回はうまいこと休みが取れたのでバッチリ堪能することが出来たのでございます。

今回の工程は、
1日目:東京〜東名・名神・東海北陸道〜飛騨高山
2日目:飛騨高山〜五箇村〜白川郷〜飛騨古川
3日目:飛騨古川〜郡上八幡〜東京
というもので、
スタッドレスタイヤのレンタカーでの行脚でございました。

まだ写真整理が続いている段階なのですが、
出来あがったモノから順次アップしていこうと思ってます。

まずは初日の訪問地「飛騨高山」の町並み等を2回にわけてアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9584e.JPG

東京を朝早くに出発して、飛騨高山に到着したのは午後1時すぎ。
思ったよりは順調に到着することが出来、まず最初に向かったのはラーメン屋。
高山ラーメンはご当地ラーメンで有名で、
ココ「甚五郎らーめん」はその中でも有名店のようです。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9586e.JPG

エリーがたのんだノーマルラーメン。
全体的に言って、予想通りの味という感じ。
決してまずいわけではないのですが、
ボクら2人は超極細麺が好みではありませんでした。。。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6866k5d.JPG

腹ごなしを終えたら、高山市街中心部に行って観光スタートです。
まず起点としたのは「高山陣屋」。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6867k5d.JPG

ひょっとして入場無料だったりしないかな、と期待したのですが、
そんなことはなくもちろん有料。
お金払ってまで見る???と思い、入場することはせず退散しました。。。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6864k5d.JPG

結局中に入ることはなかった高山陣屋。
脇の方から見えるところだけ撮影しときました。
写真右奥に見えるのは高山市街では有名な宿「平野屋花兆庵」ですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6869k5d.JPG

高山陣屋から古い町並み方向へ散策。
まず目に飛び込んでくるのはこの赤い橋、「中橋」という橋だそうです。
もっと雪化粧している姿を期待していたのですが、
高山市街の積雪はどこもこんなモンでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6871k5d.JPG

橋の下を流れる川は「宮川」という川で、
高山のシンボリックな川みたいです。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6872k5d.JPG

「中橋」を別アングルから。
ホワイトバランス変えてイメージ画像風にしてみました。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6879k5d.JPG

「中橋」から古い町並み方向へと散策。
たくさんの店が軒を連ねています。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9597e.JPG

観光地には欠かせない?人力車。
今回乗ってみようかという話になったのですが、やはり結局パス。
これってなかなか乗ることにならないんですよね〜。



飛騨高山その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。