2010年12月30日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−11(朝のいろいろ&感想)

ダラダラと続けてまいりました、
支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズも本日がラストでございます。

今回は、朝食後に撮影した朝の館内風景、およびボクの感想でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6451k5d.JPG

朝の正面玄関。
玄関にいたお兄さんが言っていた話ですが、
建物全体にヒノキばかり使われていて、たいそう贅沢なつくりなんだそうです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6450k5d.JPG

朝の1Fロビーその1。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9514e.JPG

朝の1Fロビーその2。
向かって左側のこちらの方がアンティークで風情がありますね。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6438k5d.JPG

ところ変わって、こちらは2Fのゲストサロン。
ゲストサロンといっても、人がいるのはほとんど見ませんでした。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9501e.JPG

ゲストサロン窓際のスペース。
外の紅葉が目に飛び込んできます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6449k5d.JPG

ゲストサロンのバルコニーから。
これは向かって少し左側の方で、木々の裏には支笏湖が広がってます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6437k5d.JPG

同じくゲストサロンのバルコニーからですが、
こちらは向かって少し右側の方。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9508e.JPG

朝食〜朝の館内撮影ときた後は、部屋に戻ってしばし二度寝・・・。
二度寝から起きて部屋風呂につかったらチェックアウトでございます。



11/3〜4の宿泊だったというのに、年末までダラダラ続けてまいりました、
支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ、
ボクの個人的な感想でございますが・・・・・

IMG_6452k5d.JPG


・旅館全体としては極めてオーソドックスという感じがした。
 斬新なデザインがあったりするわけではないが、高級感醸し出す部分もあり、
 そういった面でもごくオーソドックスって感じ。
・一方で展望露天風呂付客室のつくりはかなり面白かった。
 2部屋を改造してくっつけた不自然さは否めなかった。
・夕食は値段考えればこんなモンかな。。。大きく不満というわけではないですが・・・。
 朝食は十分満足できる質・量でした。
・ハード面では特筆すべきというところまでのモノは感じませんでしたが、
 ソフト的な人のサービス面は十分満足いくレベルでした。
 一生懸命もてなそうという姿勢がわかりやすく伝わってきたのが良かったです。
・今回は北海道牧場見学のついでの宿として選びましたが、
 ついでの宿にしてはちょっとお値段が高いですよね。
 ココに泊まることだけを目的とする・・・まではいかない印象でしたし、
 次に千歳方面牧場見学する際は別の安宿でもいいかな・・・って感じでした。
 (毎回の宿泊を高級宿には出来ない貧乏人ですので。。。)



支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ おしまい。。。

 
posted by 玉ケン at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−10(朝食)

年末で何かとバタバタしており、1週間ぶりの更新でございます。
チンタラ長々と続けておりますが、
支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その10」は、11/4の朝食の紹介です。

前回の記事では朝6:00すぎの部屋からの眺めなんかをアップしましたが、
写真撮影した後は当然再度睡眠。
8:00の朝食時間にあわせて再起床して食事場所へと向かったのでした。

※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6385k5d.JPG

夕食会場は写真左下の「苔庵」でしたが、
朝食はB1Fから階段を上って別棟?っぽい「草庵」という所で頂きます。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9505e.JPG

これはB1F「苔庵」手前の階段下です。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6441k5d.JPG

階段を上っていくと、窓から宿の正面を眺める格好になります。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6444k5d.JPG

朝食専用の食事処「草庵」はこんな感じ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6442k5d.JPG

窓際の席に案内されたので、テーブルに座っての眺めはご覧の通り。
すごーく良い天気でうれしいですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6447k5d.JPG

朝食メニューはハーフバイキング。
こちらの写真左側のお盆になっているのが配膳される方の品々。
右側はバイキングでとってきた品々です。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6445k5d.JPG

バイキングコーナーその1。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6446k5d.JPG

バイキングコーナーその2。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6448k5d.JPG

焼き魚は前日のうちに何種類かある中からチョイスしておきます。
昨晩の夕食でも食べましたが、ボクらは再び「ヒメマス」をチョイス。
だって、支笏湖にいるんですから「アジ」食ってもしゃあないですよね〜。


個人的には、夕食よりも朝食の方が満足度高かったです。
好物のヒメマスもありましたし、バイキングに並んでる料理も美味しかったです。



その11に続く。。。
posted by 玉ケン at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−9(夜明けの部屋からの眺め)

夕食を頂いた後は、部屋でゴロゴロしながら日本シリーズ観戦。
延長11回4−3で中日が勝った試合で、最後まで超面白く観戦しました。

日本シリーズが終わった直後にモーレツな睡魔に襲われ、
あっという間にzzz・・・。
11/3でも北海道の夜〜朝は大変寒く、
暖房&加湿器を全開状態にしての睡眠でした。

23:00すぎには就寝してしまいましたので、
さすがに朝は自然と目が覚めてしまいます。
朝6:00すぎに目を覚ましてふと外を見やると、
いい感じに夜が明けてきていたので、少し写真撮影しときました。

というわけで、、、
支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その9」は、
11/4朝の部屋からの眺めでございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6435k5d.JPG

部屋風呂からの眺め。
窓の結露がきびしい寒さを物語っています。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6430k5d.JPG

浴槽正面から入浴目線で。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6432k5d.JPG

大変寒かったですが、バルコニーに出てみました。
この写真がほぼ部屋の正面の眺めです。
木々の間に支笏湖の湖面が見えています。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6433k5d.JPG

3枚目を少しズームアップしたもの。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6431k5d.JPG

バルコニーから少し右手の方を眺めたところ。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6434k5d.JPG

さらに右の方に目を転じると、地区会館みたいのがありました。
その裏の山の木々もしっかり紅葉していてキレイでした。


これらの写真を撮っているあいだ、妻エリーはもちろん熟睡です。
ボクも少しだけ撮影した後は、しっかり2度寝しておきました。


その10に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−8(夕食)

支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その8」は、
ちょっと写真が多くなってしまいますが、夕食のご紹介でございます。

支笏湖第一寶亭留 翠山亭の夕食は、いくつかのプランが選択出来ます。
今の時期は「蟹のコース」「フツーの会席コース」が選べますし、
同じコースの中でも「8,000円」「10,000円」「12,000円」から選びます。

ボクらがチョイスしたのは「フツー会席の8,000円コース」です。
突然降ってわいたような北海道旅行ですので、
緊縮財政なんでございます(笑)

以下、11月の支笏湖第一寶亭留 翠山亭の夕食の様子を紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9472e.JPG

夕食を頂くのは、B1Fにある食事処「苔庵」。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9486e.JPG

暖簾をくぐって、中へと進みます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6397k5d.JPG

「苔庵」の全体はこんな感じ。
真ん中は使用されないただのスペースになっていて、
スペースを囲むように個室が配置されています。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6398k5d.JPG

ボクらが通されたのは、入って左奥の方の個室。
前菜的なモノはすでに配膳されていました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6399k5d.JPG

11月の8,000円コースのメニュー。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6400k5d.JPG

もともとセットされていた「食前酒」「突出し」「酒菜」の数々。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9476e.JPG

この日の「お造り」。
個人的には「サンマのたたき」が美味しかったです。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9477e.JPG

本来は最後にあるべき、お食事の「釜炊き白御飯」ですが、
しゃぶしゃぶに合わせて先に持ってきてもらっちゃいました。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9478e.JPG

しゃぶしゃぶはチョイス出来るのですが、
エリーは「海鮮しゃぶしゃぶ」を選んでいました。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9479e.JPG

ボクの方はフツーに「和牛しゃぶしゃぶ」。


11枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9480e.JPG

揚物の蟹真丈ほか。


12枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9481e.JPG

酢物の鴨サラダ。


13枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9482e.JPG

コースメニューとは別注でたのんでしまったヒメマスの塩焼き。
支笏湖は日本最大のヒメマス生産地なんですよね。
サイズはもう少し大きいとさらに良かったですが、
やっぱりヒメマスは美味しいですね〜。


14枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9483e.JPG

食後のフルーツ。



以上が11月の会席8,000円コースのメニューでございました。
全体的には「まあ、こんなもんかな」といったところ。
一番お安いコースですので、これ以上は期待すべきじゃないですよね。
質・量ともに「不満」というレベルではなかったですが、
かと言って「大満足」なわけでもない、そんな感じでした。



その9に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−7(パブリック−2F)

支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その7」は、
前回に続いて、建物内パブリック的なモノのご紹介でございます。

前回は「1F」の様子でしたが、今回は「2F」の様子です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6423k5d.JPG

2Fのエレベーターホール。
写真左奥がエレベーターです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6424k5d.JPG

エレベーターもありますが、B1F〜2Fの建物なので、
階段でも十分行き来出来ます。
2Fから垂れ下がっているシャンデリアは昭和の雰囲気?


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6425k5d.JPG

2Fの中央部分にはパブリックなゲストサロンがあります。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6429k5d.JPG

ゲストサロンを正面から写したところ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6426k5d.JPG

ゲストサロンの入口側にある掛け軸など。
細かく色々と装飾してます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6427k5d.JPG

ゲストサロン外のバルコニーです。
この時は夜でしたので、ほぼ何も見えませんでしたが、
正面には支笏湖が広がっています。



その8に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−6(パブリック−1F)

支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その6」は、
前回に続いて、建物内パブリック的なモノのご紹介でございます。

前回は「B1F」の様子でしたが、今回は「1F」の様子です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6414k5d.JPG

夜の正面玄関。
到着してしばらくしたら、辺りは真っ暗になっていました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6417k5d.JPG

こちらはフロント。
チェックインは各部屋で行うので、用があるのはチェックアウトの時だけです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6412k5d.JPG

向かって右側のラウンジスペース。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6418k5d.JPG

3枚目のラウンジにも立派な「翠山亭」の額縁が飾られていました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6411k5d.JPG

向かって左側のラウンジは、右側とは違ってレトロな雰囲気。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9493e.JPG

このようなランプなんかもレトロさを演出してます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6420k5d.JPG

左側ラウンジの窓際。
窓の外の紅葉がライトアップされていてキレイでした。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6421k5d.JPG

左側ラウンジにはさらにバーがあったりします。
これはバーの入口ですが、ここもレトロ感満載ですね。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6410k5d.JPG

ラウンジの脇を進むと、エステの入口があります。
エステ予算はないボクらですので、中の様子はわかりません。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6422k5d.JPG

1Fのエレベーターホール。
昔ながらの金ピカなイメージですね。



その7に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−5(パブリック−B1F)

お出かけのネタ切れのため、ゆったりと続けております、
支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズでございますが、、、
今日からは数回にわたって、パブリック的なものを紹介していきます。

支笏湖第一寶亭留 翠山亭はB1F・1F・2Fの全3フロアーの建物ですが、
今回はB1Fの様子をアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6402k5d.JPG

B1Fにあるものは、大きく言って3つ。
・庭園露天風呂付特別客室×4(宿で一番お高いカテゴリーの部屋)
・男女大浴場&露天風呂
・お食事処「苔庵」
でございます。
こうして地図で見ると、意外と小ぢんまりしてますね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6407k5d.JPG

B1Fのロビー。
食事処は全面禁煙なので、このロビーに灰皿設置されてました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6403k5d.JPG

ロビーから奥の大浴場へ。
手前が男風呂、奥が女風呂です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6404k5d.JPG

ちょうど食事時で誰もいなかったので、カメラ持って男風呂に潜入。
ここが脱衣場。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6405k5d.JPG

こちらが男風呂の室内大浴場。
それほど大きくはないサイズでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6406k5d.JPG

あわてて撮影したのでわかりづらいですが、これが露天風呂。
岩に隠れてほとんど見えないのですが、岩の向こうに露天風呂があるんです。


特別客室は入室出来ないので、当然写真は撮っていません。
食事処「苔庵」の様子は夕食の紹介のときにアップしようと思います。



その6に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−4(部屋−3)

支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その4」は、
前回・前々回に続いて、ボクらが泊まった部屋222号室のご紹介でございます。

前回・前々回では、玄関〜主室〜洗面&風呂と紹介してきて、
ココまでは比較的フツーなつくりなのですが、
面白いのはココから先のつくりなんでございます。

平たく言えば、、、
2つの部屋をわりとムリヤリ合体させた感じなんですね。
主室と寝室とが分かれているのはスイートタイプでは当然なんでしょうが、
元々の設計時点から分かれていたのではないので、
玄関からの動線がコの字を描くような不自然なものになっているのです。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、
以下がその様子でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6376k5d.JPG

玄関〜主室と来て、風呂の前でいったん突き当たり。
風呂の前から向かって左側に、こんな風に部屋が続いていきます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6377k5d.JPG

コの字の端っこ部分にはソファーコーナーがあります。
TVは主室のものと合わせて2台目。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6378k5d.JPG

ソファーコーナーから主室方向を眺めたところ。
画面右側がベッドルーム、画面左奥が風呂〜主室です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6381k5d.JPG

さらに奥へと進み、ベッドルームからソファーコーナーの方を眺めたところ。
この写真に写っている、ベッドの頭の方の壁が仕切りとなっていて、
部屋全体をコの字に分けているんですね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6382k5d.JPG

ベッドルームの奥には2ヶ所目の洗面が。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6383k5d.JPG

洗面の隣にはユニットバスの内風呂もあります。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6384k5d.JPG

洗面・風呂ときたら、当然トイレも2ヶ所目があります。
合体する前の状態から、水回り関係は変わってないんですね。



以上がボクらの泊まった「展望露天風呂付特別室〜222号室」でしたが、
2つの部屋を合体させた感がアリアリと残っているのは不自然でしたね〜。
どうせなら真ん中の壁もぶち抜いて、
改めて作り直せば良かったのに・・・と感じてしまいました。
2部屋分の広さなのでかなり広いはずなんですが、
コの字にグルリと回る動線のせいで、あまり広く感じないんですよね。
せっかく眺めの良い展望風呂があるのに、何か勿体無いなあと思いました。


その5に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−3(部屋−2)

支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その3」は、
前回に続いて、ボクらが泊まった部屋222号室のご紹介でございます。
今回はこの部屋のウリである「展望風呂」中心に紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6373k5d.JPG

主室と展望風呂のあいだの脇の方に洗面があります。
シングルシンクのフツーのタイプです。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9465e.JPG

置いてあるアメニティ類も、まあごくごくフツーという感じでしょう。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6374k5d.JPG

ハブラシなんかのセットは小袋に入れられて別になっていました。
ボクはハブラシしか使わなかったので、他に何が入っていたのかは不明です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6388k5d.JPG

こちらが222号室の展望風呂。
宿のHPでは「展望『露天』風呂」となっていますが、
浴槽は完全に屋内にあるので、「露天」とは言いづらいです。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6389k5d.JPG

風呂場から室内の方を眺めたところ。
画面左側が前回紹介した主室、画面奥の方が寝室です。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6391k5d.JPG

入浴目線で外の方を眺めるとこんな感じ。
北海道の11月は寒いので、窓をずっと開けっぱにするのはきついですが、
少しの間だけ開放すると外の景色がバッチリ拝めます。
露天ではないですが、「展望風呂」であるのというのは間違いないですね。



その4に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−2(部屋−1)

支笏湖第一寶亭留 翠山亭シリーズ「その2」は、
ボクらが泊まった部屋222号室のご紹介でございます。

支笏湖第一寶亭留 翠山亭の部屋カテゴリーはいくつかあって、
http://www.jyozankei-daiichi.co.jp/shikotsuko/oheya.html
最高クラスなのは「庭園露天風呂付特別室」でB1Fに4部屋あります。
ボクらが泊まった222号室は「展望露天風呂付特別室」で、
カテゴリー的には上から2番目ということになるみたいでした。
それはともかく、このお部屋のつくりは相当に面白いモノでしたよ〜。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6385k5d.JPG

翠山亭の館内図。
ボクらの泊まった222号室は、写真右上の角部屋。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6364k5d.JPG

222号室の入口。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6365k5d.JPG

入口から主室方向を眺めたところ。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6366k5d.JPG

廊下の右側には冷蔵庫&お茶セットほか。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6367k5d.JPG

冷蔵庫の中のモノは当然有料です。
しょっちゅう言ってることなのですが、、、
これが無料だとすごく嬉しく感じるんですけどね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6392k5d.JPG

冷蔵庫の向かい、つまり廊下の左側はトイレ。
十分な広さがあるトイレでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6370k5d.JPG

琉球畳が敷き詰められた主室の和室。
写真正面に見えるのが展望露天風呂。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6372k5d.JPG

7枚目とは反対のアングルで撮影したもの。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6371k5d.JPG

作務衣やバスローブなんかは主室の押入れにしまわれていました。


・・・ココまでは何の変哲もない部屋露天付きの部屋って感じなのですが、、、
今回紹介したココまでは222号室のちょうど半分なのです。
7枚目の写真左奥の方から洋室〜ベッドルームへとつながっており、
極めて面白いつくりになっているのです。
完全に2部屋を合体させて1部屋にした感じなのですが、
続きは次回以降に紹介していきます。


その3に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

支笏湖第一寶亭留 翠山亭−1(到着)

11/3・4の1泊2日北海道旅行ですが、
宿泊先に選んだのは「支笏湖第一寶亭留 翠山亭」。
http://www.jyozankei-daiichi.co.jp/shikotsuko/index.html
最初は「寶亭留(ホテル)」の部分の読み方がわからないくらいでしたが、
ちょっと調べてみたら、第一寶亭留グループって北海道の名門なんですね。

今回の旅行の一番の目的は、千歳近辺にある社台系の牧場見学でしたが、
千歳のビジネスホテルに泊まるんでは面白みがないなあ〜、と思い、
千歳からはほど近い支笏湖あたりで探していて見つけたのがこちらでした。

鶴雅グループの「水の謌」とどっちにしようか迷ったのですが、
このところホテルライクな宿に泊まることが多かったので、
少しでも和風っぽい「翠山亭」の方をセレクトしました。

というわけで、、、
今日からは数回にわたって「支笏湖第一寶亭留 翠山亭」シリーズですが、
初回の今回は、到着時の様子でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6350k5d.JPG

11/3の夕方まで社台ファームで愛馬の見学、
その後支笏湖方面まで車を走らせること30分くらいで「翠山亭」に到着。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9456e.JPG

1枚目のところで少しイメージ写真風に。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6357k5d.JPG

車を停めた瞬間に従業員の方2名がお出迎えしてくれましたが、
夕方の支笏湖散策をしたかったので、チェックインは後回し。
荷物だけを預けて、宿の脇から湖畔へと向かいます。
上の写真は湖畔側から見た、宿の裏側ということになります。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6359k5d.JPG

上のほうでも書きましたが、
宿泊を悩んだ「しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌」。
「翠山亭」とお隣同士というのは知りませんでした。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6360k5d.JPG

「翠山亭」の正面玄関。
入口の脇には少しだけ雪が残っていました。
11/3・4の滞在中には降雪は一度もありませんでしたが、
こうして雪が残っているのを見ると、北海道の冬の訪れの早さを感じますね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_9462e.JPG

玄関入ったところにある「翠山亭」の看板。
なかなか年季が入ってます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6362k5d.JPG

フロントでチェックイン手続きをすることはなく、
すぐに部屋へとご案内。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6363k5d.JPG

ボクらの部屋は2Fの角部屋222号室。
湖畔を散策していたときに「あの角部屋じゃね?」と話していたのが、
見事的中でした。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6361k5d.JPG

お茶とお菓子のウェルカムを受けながら、チェックイン&各種説明。
説明と言っても、特に変わったことはなかったです。



その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。