2010年08月05日

季一遊−8(朝食&感想)

季一遊シリーズも今日でラストでございます。
ラストは定型通りに「朝食&感想」でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4535k5d.JPG

夕食は1Fにある個室食事処で頂きましたが、
朝食は3Fの方で頂きます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4532k5d.JPG

朝食はビュッフェ形式。
どうせ大したモンはないんじゃ・・・と思ってましたが、
想像以上に品数豊富で嬉しい誤算。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4533k5d.JPG

和食系ばかりではなく、洋食系・中華系と色々揃ってました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4531k5d.JPG

ボクがチョイスしてきた品々。
ビュッフェって結局どこでも同じモノを取ってきちゃうんですよね。


朝食後は11:00のチェックアウトぎりぎりまでゆったりし、
チェックアウト後は西伊豆方面の堤防釣りへと向かったのでした。

下はオマケ?の、弓ヶ浜〜西伊豆の道中でエリーが撮影した1枚。
IMG_8720e.JPG

下田よりも西側の海岸べりの道はかなりの山道になってましたが、
その分だけ風景も素晴らしいものがありました。
東伊豆の見慣れた風景とは大違いで、かなりオススメです。


最後に、、、季一遊についてのボクの感想は、

more...をどうぞ。。。
more...
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

季一遊−7(大浴場)

季一遊シリーズ「その7」は大浴場とその周辺のご紹介です。

季一遊には部屋付露天がある部屋もあるのですが、
ボクらの部屋は一番安いタイプの部屋なので、当然ですが部屋露天はナシ。

お風呂は「大浴場」か「貸切露天」か、どちらかということになります。

実際の時系列的に言うと、、、チェックインして部屋の撮影をした直後、
夕食の前に「貸切露天」でまずはひとっ風呂入ったのですが、
撮影は忘れてしまいました。
ちなみに「貸切露天」は3つあって、札を裏返せばいつでも誰でも入れる方式です。
夕食タイムだったせいか、待つこともなくすんなり入ることが出来ました。

ということで、、、以下の画像は1日目の夕食後に撮影したものと、
2日目の朝に誰もいない女性用大浴場をエリーが撮影したものでございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4508k5d.JPG

大浴場および貸切露天はともに1Fにあります。
これはその入口の写真。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4544k5d.JPG

バスタオルは入口に大量にあるので、部屋から持っていく必要はありません。
というか、実際には部屋にバスタオルはないんですけどね。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4545k5d.JPG

これは2日目の朝に撮った、大浴場入口から外を眺めた様子。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4546k5d.JPG

無料のマッサージチェアが3台置いてあって「ラッキー!」と喜んだのですが、
やってみたら痛くてちょっとムリ・・・。
「コジマとヤマダでマッサージチェアのみ」をかなりこなしている我々夫婦なのですが、
ココのを体験して「古いやつは使えない」と結論。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8714e.JPG

女性大浴場の脱衣場。
2日目の朝ですが、だーれもいないのでエリーが撮影しちゃいました。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8715e.JPG

女性大浴場の内風呂および洗い場。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8712e.JPG

女性大浴場の露天の方。
エリーが撮影のために入っただけで、2人ともつかることはなかったのですが、
結構いい雰囲気だったので、しっかり入れば良かったかも・・・と少し後悔でした。



その8に続く。。。
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

季一遊−6(夜の館内)

夕食を頂いた後は、しばし夜の館内を散策&撮影です。
どこの旅館もそうですが、昼と夜とでは館内の印象もだいぶ違って、
夜は夜の良い趣きがありますよね。

というわけで、季一遊シリーズ「その6」は「夜の館内」のご紹介です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4515k5d.JPG

夜の正面玄関を外から撮影したもの。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4516k5d.JPG

玄関の雰囲気も夜だとまた一味違いますね。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4520k5d.JPG

2Fのラウンジは夜になるとこんな感じ。
ちなみに、昼も夜もココにゲストがいるのは全く見ませんでした。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4522k5d.JPG

2Fにはお土産コーナーがあります。
「ひもの」のノボリなんかは伊豆のフツーの旅館らしいですね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4523k5d.JPG

2Fの奥にはゲームコーナーもあります。
旅館のゲームコーナーを見たのは超久しぶり!


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8690e.JPG

エリーの写真なので詳しくはわからないのですが、多分2Fの通路あたり。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4506k5d.JPG

昼の館内紹介でも取り上げましたが、
1Fから吹き抜けを見上げたところ。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8708e.JPG

1Fにはラーメンコーナーがあります。
ちなみにラーメン一杯700円なり、でございました。(食べてませんが)


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4530k5d.JPG

3Fに上がって、自分達の部屋に戻る通路です。



その7に続く。。。
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

季一遊−5(夕食)

南伊豆の「季一遊」シリーズですが、「その5」はボクらが頂いた夕食のご紹介です。

メニューもあったのですが撮影し忘れたので、各料理の名前はテキトーでございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4526k5d.JPG

季一遊の食事は基本的に部屋食ではなく、ほとんどの場合は3Fにある食事処で頂きます。
これがその食事処「渚ダイニング」の入口。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4498k5d.JPG

宿のHPを見ていて、当然ボクらも3Fで夕食だと思っていたのですが、
どういうわけか、1Fの宴会場兼個室食事処の「花ごよみ」が夕食場所でした。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4500k5d.JPG

ボクらの通された部屋。
いくつか部屋があって、それぞれ名前が付いていましたが、ちょっと忘れちゃいました。
4(+0.5)人にしては十分すぎるほどの広さでした。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8693e.JPG

前菜と食前酒、それにいくつかの料理は、ボクらが到着する時点ですでにセットされていました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4502k5d.JPG

前菜と共にセットされていた料理の1つ「あわびの踊り焼き」。
蓋を閉めて焼いたので、蒸し焼きが正しいかも。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8695e.JPG

伊勢エビを中心に、お造り各種。
到着時の、
http://tamaken.seesaa.net/article/157435191.html
でチョイスした、カンパチ・ヒラメ・キンメダイ・マダイがしっかり乗っかっていました。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8696e.JPG

お造り同様にチョイスメニューの1つだった「伊勢エビのクラムチャウダー」。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8697e.JPG

7枚目の「伊勢エビのクラムチャウダー」との選択だった「サーロインステーキ」。
ちょっと硬めで、伊勢エビの方が正解だったかも・・・。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4504k5d.JPG

ピリ辛海鮮なべ。金目などが入ってました。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8701e.JPG

金目の煮付け。特殊な調理法で煮付けてるみたいなこと言ってましたが、
きわめてオーソドックスな味付けに感じました。


11枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8703e.JPG

本来はもう1品出てからの提供ですが、
要望により、金目の煮付けと一緒に出してもらった食事。
じゃこご飯とお味噌汁です。


12枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8704e.JPG

最後の一品は、イカスミと雲丹の何とかかんとか・・・。
これが一番オリジナリティはありました。


13枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8705e.JPG

食後のデザート。


季一遊の夕食は、奇をてらったようなものは全くなく、
伊豆の旅館の夕食といえばコレ!的なオーソドックスなものでした。
伊豆のオーソドックスで入っていてほしいモノ(アワビ・伊勢エビ・金目etc・・・)
はすべて入ってましたし、量的にも程よい感じだったと思います。
感動するレベルではなかったですが、
格安プランのボクら的には、十分満足いくレベルだったと感じました。



その6に続く。。。
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

季一遊−4(館内−2)

南伊豆の「季一遊」シリーズですが、「その4」も前回に続いて館内のご紹介です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4536k5d.JPG

これは1Fから吹き抜け部分を見上げたところ。
季一遊の建物的には、やはりこの吹き抜けがハイライトでしょうね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4556k5d.JPG

エレベータに乗って、ガラスから吹き抜け部分を眺めたところ。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8711e.JPG

エレベータを3Fで降りて、部屋に向かう途中の廊下にあった花。
ココ以外にも、花や装飾品は色々飾られていました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4558k5d.JPG

3Fの部屋に向かう廊下。
画面右側が吹き抜けです。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4559k5d.JPG

同じく3Fの廊下ですが、途中に座って休めるスペースがありました。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8717e.JPG

5枚目のスペースの窓から外を見るとこんな感じ。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4563k5d.JPG

3F廊下の窓からは、弓ヶ浜と反対側の風景が見えます。
運河か川かはわかりませんが、停泊している船なんかが目に入ります。



その5に続く。。。
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

季一遊−3(館内−1)

南伊豆の「季一遊」シリーズですが、「その3」は館内のご紹介です。

「季一遊」は超大型旅館ではありませんが、かといってお籠り系なわけでも当然なく、
ファミリーもいれば、カップルもいる、
いわば非常に標準的な中型旅館といった雰囲気でした。

以下の写真はすべて滞在2日目の朝〜昼に撮影したもので、
順番はメチャクチャですが、わかりやすい順に・・・ということで。。。
ちょっと写真が多いので、2回にわけて記事アップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4551k5d.JPG

季一遊のメインエントランス。
駐車場の奥にエントランスがあり、この階段を上ってフロントへ向かいます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4553k5d.JPG

1枚目の階段を上りきったところ。
写真左手が入口になります。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8710e.JPG

2枚目入口の自動ドアを入ってすぐのところにあった、お雛様みたいな飾り。
実際何なのかはまったくわかりません。。。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4550k5d.JPG

建物の中央部は全吹き抜けになっています。
これは2Fのフロアの風景。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4555k5d.JPG

2Fがフロント他のメインフロアーになっていて、
ボクらがチェックイン手続きしたラウンジも2Fにあります。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4538k5d.JPG

ところ変わって1F屋外にあるプール。
大浴場の奥にあるので、ちょっと行きにくいのと、
そもそも弓ヶ浜が目の前なので、利用している人は少ないようでした。



その4に続く。。。

ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

季一遊−2(部屋)

海の日に合計4(+0.5)名で泊まった、南伊豆の「季一遊」シリーズですが、
今回はお部屋のご紹介です。

ボクらが泊まった部屋は、宿で一番安いカテゴリーの部屋「一般客室」でございます。
http://www.siosaiclub.com/tokiichiyu/rooms/index.html

もし空いていたら、「部屋露天付」にアップグレードしてくれてないかな〜
なんて勝手に期待してましたが、
もちろん、そんなことはありませんでした(笑)


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4481k5d.JPG

ボクらの泊まった部屋「314号室」の玄関です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4483k5d.JPG

玄関入ってすぐの前室部分。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4484k5d.JPG

2枚目写真の向かって左側がトイレでございます。
言わずもがなですがウォシュレット。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4485k5d.JPG

同じく2枚目写真の向かって左側、トイレの隣が洗面関係。
ダブルシンクはありがたいですが、アメニティ類はごくフツー。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4486k5d.JPG

一応、部屋にはユニットバスがありますが、
バスタオルもデフォルト装備されておらず、
風呂としての使用はあまり想定されていないようでした。
ボクらの場合も、シュノーケリング用具の洗い場でしかありませんでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4487k5d.JPG

2枚目写真の左奥のところに冷蔵庫。
使ってないので中身は全然わかりません。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4489k5d.JPG

前室から主室に入ったところ。
主室は和室12.5畳だそうです。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4491k5d.JPG

こちらは広縁。2つのソファが違う種類なのが不思議でした。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4496k5d.JPG

広縁側から主室を眺めたところ。
2人で過ごす分には十分な広さです。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4490k5d.JPG

男性は浴衣のみですが、女性は浴衣に加えて作務衣もあります。
ミョーなところケチるなあ・・・と苦笑です。


11枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4495k5d.JPG

こちらはバルコニー。
違った季節ならココでのんびりも良いですが、暑くて長時間は到底ムリ。
洗ったモノの干し場と化してしまいました。


12枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4494k5d.JPG

バルコニーからは、目隠し代わり?の松林の向こうに「弓ヶ浜」の海が見えます。



その3に続く。。。
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

季一遊−1(到着)

海の日とその翌日の1泊2日で南伊豆に出かけてきました。
我々は夫婦2人での旅行が圧倒的に多いのですが、
今回は会社の仲間の「夫婦1組+赤ちゃん」と一緒の旅行でした。

いつもは旅館そのものが目的だったりするわけですが、
今回はそうではなく、南伊豆での「シュノーケリング+魚釣り」が目的の旅です。

行程としては、
1日目:朝に東京出発〜南伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリング〜宿へ
2日目:宿出発〜西伊豆で魚釣り〜夜には新宿で会食
というものでしたが、
時系列的にはバラバラに記事アップしていこうと思います。

まずは、ヒリゾ浜でのシュノーケリングを堪能した後の、
今回の宿泊先「季一遊」に到着したときの様子をご紹介です。
http://www.siosaiclub.com/tokiichiyu/

今回この旅館をチョイスしたのは、毎度の事ながら「格安プラン」があったことが大きいです。
南伊豆には「超」の字がつくような高級旅館はないので、
グループ旅行としては十分すぎるだろうという判断でもありました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4566k5d.JPG

「季一遊」は南伊豆の「弓ヶ浜」にあります。
「弓ヶ浜」は下田のやや西にある伊豆半島の最南端あたりにある海岸です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4565k5d.JPG

「弓ヶ浜」海水浴場の目の前に「季一遊」の入口があります。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4564k5d.JPG

「季一遊」は超大型ではないですが、それなりの規模の旅館です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4476k5d.JPG

到着して早々に、ラウンジでチェックイン手続き&ウェルカムドリンクです。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4477k5d.JPG

チェックイン時に、夕食でいただく刺身をチョイスします。
その場でチョイスするのかと思っていたので予想外でした。
ちなみに4人が4種類の魚をチョイス。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4478k5d.JPG

刺身と同様にグリルメニューもチョイス。
イセエビは刺身で出ると聞いたので、3人はステーキをチョイス。
職場の仲間だけがイセエビをチョイス。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4527k5d.JPG

料理チョイス後は、若いお姉ちゃんの案内で部屋のある3Fへ。
ボクら夫婦が314号、仲間夫婦が315号。
3Fの奥には、離れっぽい「季の倶楽部」なるものがあるようです。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4557k5d.JPG

3Fの廊下。右側は吹き抜けになってます。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4479k5d.JPG

部屋に入ってから改めてお茶&饅頭を頂きます。
シュノーケリングでハラペコのボクらは饅頭もしっかり食べちゃいました。



その2に続く。。。
ラベル:季一遊
posted by 玉ケン at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 季一遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。