2010年06月24日

サムイ旅行記32(感想)

長々と続けてまいりました「サムイ旅行記」ですが、本日がラストでございます。
最後は、色々な感想なんかを偉そうに述べてみようと思います。

1.サムイ島全般について
・何しろ暑い!他の南の島と比べて断然暑く感じたのは、湿度が高いからかも。
・ヨーロッパ系のゲストが多く、日本含めたアジア系のゲストは少ないです。
 そういう面では異国情緒はかなり感じることが出来ます。
・全体的なイメージは「バリ」に似ている感じがしました。
 今サムイもリゾート開発ラッシュで、少し田舎びたバリって感じの気がします。
 特にチャウエンの街は、バリのクタを思い出させる賑わいでした。
・海や風景の美しさはタヒチ、モルディブには及ばない印象でした。
 十分キレイではあるんですけどね・・・。

2.シックスセンシズ・サムイについて
IMG_3866k5d.JPG

・さすがは5つ星ホテルだけあって、水の補給やルームクリーニングなど、
 サービスはほとんど文句つけるところはありません。
・ボクが宇宙一キライなゴキブリが出ないか心配していたのですが、
 虫駆除は頻繁にやっていてゴキどころか蚊の類いも全然見ませんでした。
・リゾート全体が「エコ」「ナチュラル」がテーマですので、
 モダンでスタイリッシュなのが好みの方には合わないと思います。
・断崖絶壁に作られたリゾートですので、坂はハンパなく多いです。
 正直言って、お年寄りにはちょっときびしいかと思います。
・レストランの食事は目が飛び出るほどは高くなく、
 かつお味も十分美味しかったように思います。
・バトラーサービスは実質的にあんまり機能していませんでした。
 ウチの担当のバトラーはたのんだことを忘れたりでしたので、
 結局日本人リレーションの方が一番頼りになりました。
 よくわかりませんが、日本人リレーションの女性が1人常駐しているようです。
・ヴィラは想像していたよりは小さかったかな???
 もちろん2人で過ごすには十分な広さで、プライベートプールも重宝しました。
 何しろ暑くてすぐに汗だくになるので、すぐにドボンできるプールは最高です。

3.サムイでの各ツアーについて
・3日目のジャングルツアーは全体的に面白かったと思います。
 ただ日本人ガイドではないので、コミュニケーションはほとんど出来ませんでした。
・4日目のナンユアン島ツアーはほとんど価値を感じませんでした。
 ぎゅうづめの大型船で時間も管理されての道中ですし、
 ナンユアン島のサンゴはほとんどボロボロ状態でした。
 あれだけの観光客がサンゴの上に立ちまくったら当然そうなりますよね。
 一度体験するのは仕方なかったと思いますが、リピートはゼッタイないですし、
 これに行くくらいならホテルでまったり過ごしていた方が良かったと思いました。

4.その他
・ボクは帰りの飛行機でジンマシンに悩まされたのが最大に困りました。。。
 帰って皮膚科で見てもらったら、アレルギー性ではなくストレスが原因だそうです。
 実はモルディブの帰りにも少し出たことがあって、
 「アジアのせいかな」なんて思っていたのですが、
 そうでなくて「帰らなきゃならない」気持ちがストレスになるのかも(笑)
・ボクの中では「1回行けばいいかな」程度のサムイでしたが、
 エリーは全体的に非常に好印象だったようです。
 

おしまい。。。
posted by 玉ケン at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

サムイ旅行記31(サムイ〜日本へ帰国)

サムイ滞在5日目、つまりは最終日ですが、
夕方まで特別なこともせずに過ごし、その後は日本帰国の途につきました。

他の人のブログにも書いてありましたが、
シックスセンシズ・サムイでは、よほどのことがない限り、
飛行機に合わせた時間まで、無料で部屋をキープしてくれます。
ボクらが乗るサムイ発バンコク行の便は夕方6時くらいの時間でしたが、
シックスセンシズ・サムイにお迎えの車が来たのは確か4時くらい、
それまではまーったりと部屋で過ごしていました。

まあしかし、こんな時の時間がたつのは早いもの・・・。
あっという間にお迎えの車がやってきて、サムイ空港へと向かいました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4295k5d.JPG

サムイ空港のメインストリート。
去年改修したばかりらしく、きわめて新しい感じでした。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4293k5d.JPG

サムイ空港のチェックインカウンター前。
タイ航空とバンコク航空のカウンターが隣り合っていて、
当然ですが、それぞれでチェックインを行っています。
目の前にはやたらハードでテンション高い外国人家族がいました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4302k5d.JPG

チェックイン後に搭乗までの少しの時間で撮影した、離陸する飛行機。
バンコク航空がタイ各地の国内線を飛ばしているので、
結構な頻度で離着陸が見られます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4304k5d.JPG

いよいよ帰りの便に搭乗、まずはバンコクへと向かいます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4308k5d.JPG

バンコクの街を上空から。
東南アジア随一の都市だけあって、広い範囲に明かりがたくさんです。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4309k5d.JPG

バンコク−スワンナプーム空港に到着。
ここまではスムーズなのですが、成田行きまで3時間ほど待たなければなりません。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8616e.JPG

空港内部はこんな感じですが、
出国手続きも済ませてしまったので行ける場所は限られています。
エリーはおみやげを物色。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4310k5d.JPG

時間もあり余っているので、空港内のカフェでかるーい夕食。
エリーのたのんだメニューがこれ↑で別に食べれなくはないレベルでしたが、
ボクのやつはあまりに不味くて写真に収める気も起きないくらいでした。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4312k5d.JPG

何とかかんとか時間をつぶし、いよいよ搭乗口へ。
このころからボクの皮膚にはジンマシンがポツポツと。。。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4316k5d.JPG

バンコクを現地時間10時くらいに離陸し、約7時間で成田に到着しました。
機内ではボクのジンマシンはひどくなる一方で、ウデ・足のあちこちに発疹が。
夜中かゆくてたまらず、ボクは一睡もすることが出来ませんでした。



その32に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

サムイ旅行記30(シックスセンシズ・スパ)

サムイ滞在最後の夜ですが、
ホテルのメインレストラン「ダイニングオンザヒル」で夕食を食べた後、
部屋でシャワーを浴びてから「シックスセンシズ・スパ」へと向かいました。

当然事前に予約しておいたのですが、スパの予約はエリーの担当。
いったんは日にちを間違えて予約してしまい、変更するのが一苦労。
たどたどしい英語でなかなか難しい内容の伝達でしたが、
何とか言いたいことは伝わったようで、最終日の夜に予約変更することが出来ました。

シックスセンシズ・サムイのスパは有名みたいなので、
かなり楽しみにしてスパ・ルームへとおもむいたのでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4281k5d.JPG

スパの入口は、ロビーの脇にあります。
外部ゲストがスパだけ受けることも可能ですので、敷地の一番手前にあるわけです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4282k5d.JPG

丘の上から階段をトコトコ下って、スパ受付へ向かいます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4283k5d.JPG

3階分ほどの階段を下ってスパ受付に到着。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4285k5d.JPG

まずは受付でお茶を飲みながら、簡単なチェックシート記入します。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4292k5d.JPG

施術ルームへと向かう途中での1枚。
昼間の晴れている時はココで施術を受けることも出来るみたいでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4288k5d.JPG

ボクら2人が施術を受けた部屋。
どの部屋もオーシャンビューになっているそうですが、
夜は真っ暗で外はなーんも見えません。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4291k5d.JPG

約90分間の施術を受けて、うっとりしながら部屋へと戻ったのでした。


たしか値段は90分で1人1万円くらいだったと思います。
日本の高級旅館のエステよりは安いぐらいですが、
チャウエンの町エステよりは明らかに高いです。
施術の内容的には、町エステとの違いはさほどないように思いますが、
終わった後にすぐ部屋に直帰できるのは相当なメリットを感じました。
部屋に戻ってすぐにゴロゴロ、、、間もなく眠りに落ちてしまった2人でございました。


その31に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

サムイ旅行記29(ダイニングオンザヒルでの夕食)

サムイ滞在4日目は、早朝から夕方までナンユアン島ツアーで丸一日を過ごしました。

この日はサムイ滞在最後の夜でしたので、夜にはホテルでのスパも入れていました。
ナンユアン島からの帰りが予定よりも遅れたため、スパまでの時間が押してしまい、
夕食も若干あわて気味に食べるハメになってしまいました。

サムイ滞在最後の夜の夕食は、
シックスセンシズサムイのメインレストラン「ダイニングオンザヒル」での、
最初で最後のディナーです。

サムイ滞在初日の夕食は、もう1つのレストラン「ダイニングオンザロック」でしたが、
シックスセンシズサムイのメインレストランはあくまで「ヒル」の方です。
毎朝食と昼食は「ヒル」で食べてましたが、夕食はこの日が最初で最後だったのです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3966k5d.JPG

夜の「ダイニングオンザヒル」。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4278k5d.JPG

実際のレストラン内はこの写真よりも若干暗いです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4277k5d.JPG

「オンザヒル」の名の通り、丘の上に建っているようなつくりで、
海を見渡すことが出来ます。
ちょうど日暮れ直後だったので、夜空も微妙な色合いでした。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8604e.JPG

海側と反対側には池があります。
池の中央にはこんなオブジェみたいのがありました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4272k5d.JPG

チャーハンみたいの。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4273k5d.JPG

エビのサラダ。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4274k5d.JPG

毎日のようにどこかで食べてたタイカレー。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4275k5d.JPG

ビーフのグリル。個人的にはこれが一番美味かった。


ダイニングオンザヒルのメニューはどれも濃い目の味付けで美味かったです。
チャウエンの安レストランと比べればもちろん高いですが、
日本のホテルレストランよりは安いぐらいの価格設定だったと思います。



その30に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

サムイ旅行記28(シュノーケリングinナンユアン島−2)

前回に続いて、ナンユアン島でのシュノーケリング「その2」でございます。

今回は「群れている魚たち」の画像をアップしていこうと思います。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×900)が開きます。
写真はPowershot-G10・LUMIX-TZ7の2台、動画はLUMIX-TZ7で撮影しています。

1枚目(G10)
IMG_0917g.jpg

この黄色い魚は見た目も派手で、あちこちで目立っていました。


2枚目(G10)
IMG_0918g.jpg

距離感はこんな感じで、だいぶ人慣れしていて、追いかけてついてくるくらいです。


3枚目(G10)
IMG_0980g.jpg

同じく黄色い魚たちの群れ。


4枚目(G10)
IMG_0888g.jpg

別のところでみかけた2種類の魚の混泳の群れ。


5枚目(G10)
IMG_0891g.jpg

ブダイの群れはかなり数が多くて、気持ち悪いぐらいでした。


6枚目(TZ7)
P1000842t.jpg

これもブダイ系ですが、5枚目とは別種類の白いやつ。


7枚目(G10)
IMG_0974g.jpg

スズメダイの群れもわずかながら見かけることが出来ました。


8枚目(TZ7)
P1000860t.jpg

少し沖の方で見かけた群れ。
じーっと固まっていて、眠っているように見えるぐらいでした。



以下は動画でございます。










以上でナンユアン島ツアーの紹介を終わりますが、
ボクら夫婦2人の個人的意見としては、
正直のところ、わざわざ行かなくても良かった・・・と思いました。

最大のウリはシュノーケリングだと思うのですが、
他のシュノーケリングスポットを凌駕するポイントではまるでありませんでした。
何よりサンゴが壊滅状態で、白化した死骸だらけになっていました。
見てると訪問客が次々とサンゴの上に堂々とのっかていくので、
そりゃあこうなるよね、、、って感じでした。

また、人の多さはハンパなく、ひっそり癒されて・・・とは程遠いです。
船の席確保もままならないくらいですし、海の中も「湘南」状態です。

唯一、風景写真撮影的なものは楽しめると思いますが、
それだけのためにそれなりのお金払って、
なおかつ往復4〜5時間もかけて行く価値はなかったと感じました。
多分リピートする人は少ないんじゃないでしょうか?
これに行くなら、サムイでは他のことで楽しんだ方が良いと思いました。


その29に続く。。。

posted by 玉ケン at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

サムイ旅行記27(シュノーケリングinナンユアン島−1)

ナンユアン島ツアーに参加した大きな目的は、やっぱりシュノーケリングです。
このところシュノーケリングにはまっているボクら2人ですので、
せっかく南の島にやって来た折に、やらないわけにはいきません。

ただ、今回は旅行全体の目的がシュノーケリングというわけではないので、
ナンユアン島でのシュノーケリングは、それほど本格的でなくお手軽そう・・・
と事前から考えておりました。

モルディブや石垣島ほどすごくはないだろうと元々思ってましたので、
気合を入れすぎず、気楽な気持ちでシュノーケリングをしてきたのでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×900)が開きます。
写真はPowershot-G10・LUMIX-TZ7の2台、動画はLUMIX-TZ7で撮影しています。

1枚目(G10)
IMG_0871g.jpg

ナンユアン島のクマノミその1。


2枚目(G10)
IMG_0874g.jpg

ナンユアン島のクマノミその2。


3枚目(TZ7)
P1000846t.jpg

ナンユアン島のクマノミその3。


4枚目(TZ7)
P1000851t.jpg

ナンユアン島のクマノミその4。


5枚目(G10)
IMG_0930g.jpg

比較的キレイに撮影できた1枚。
水が濁っている場所が多かったですが、ココはかなり透き通っていました。


6枚目(G10)
IMG_0952g.jpg

大きく言うとベラの仲間らしいですが、すごく恐ろしい顔をしていますよね。


7枚目(G10)
IMG_0956g.jpg

岩の下は魚達の隠れ家でした。


8枚目(G10)
IMG_0972g.jpg



9枚目(G10)
IMG_0977g.jpg



10枚目(TZ7)
P1000837t.jpg

ツバメウオを発見したのですが逃げていってしまったので、
残念ながら後姿しか撮れませんでした。



以下は動画でございます。











その28に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

サムイ旅行記26(ナンユアン島へ−3)

サムイ滞在4日目のナンユアン島ツアーの「その3」でございます。

今日は、島の頂上まで登っていった時の様子を紹介したいと思います。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8599e.JPG

少しビーチを散策した後は、島の展望台へと向かいます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4243k5d.JPG

頂上へ向かう遊歩道から対岸を眺めたところ。
向こうに見えるのは多分「タオ島」です。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4247k5d.JPG

山の中腹あたりから下を見下ろしたところ。
頂上まではあと少し。。。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8592e.JPG

頂上に到着しました。
てっぺんから眺めるナンユアン島の全景。
こうして紹介するとあっという間ですが、実際はビーチから頂上まで30分弱。
モーレツな暑さの中の山登りですので、かなりきついものがあります。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4252k5d.JPG

来る人来る人、みな頂上部にある大きな岩に乗っかって写真撮影してました。
エリーの上の4枚目の写真も、この岩から撮影しました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4253k5d.JPG

帰りに撮影した、頂上付近の写真。
ずっとこんな山道を行くわけです。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4255k5d.JPG

当たり前ですが、帰りの下り道は行きと比べて100万倍くらいラクチンです。
森をぬけて、海が見えてきたところでパチリ。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4266k5d.JPG

帰り道にビーチの方を撮影した1枚。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4269k5d.JPG

往復約1時間くらいで、ビーチ〜頂上〜ビーチへと戻ってきました。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4232k5d.JPG

頂上から戻ってきた後すぐにカフェで水分補給。
そしてシュノーケリングの合間に昼食・・・という感じで過ごしたナンユアン島でした。
帰りの船が来るまでは、レストラン前のココでずーっと待たされました。
予定時刻よりも30分くらいの遅れだったと思いますが、
なにしろ大勢が同時に乗り込むので、行列していて大変でした。



その27に続く。。。

posted by 玉ケン at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

サムイ旅行記25(ナンユアン島へ−2)

サムイ滞在4日目のナンユアン島ツアーの「その2」でございます。

今日は、ナンユアン島のビーチの画像を紹介したいと思います。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4221k5d.JPG

ナンユアン島は小さな3つの島が砂州でつながって1つの島のようになっています。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8578e.JPG

砂州にはたくさんのパラソル&ビーチチェアが並んでいて、
空いているところを自由に選ぶことが出来ます。
・・・とはいっても無料ではありません。。。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8580e.JPG

何しろたくさんの人々ですので、チェアもあっという間にうまっていきます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4222k5d.JPG

適当なチェアーに陣地を定めたあとは、しばしビーチを散策。
人混みにはうんざりしはじめてましたが、青い空と白砂のビーチはやはり良いですね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4227k5d.JPG

ナンユアン島のビーチその2。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4240k5d.JPG

ナンユアン島のビーチその3。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8581e.JPG

ナンユアン島には入口にレストランがありますが、
それとは別に、ビーチにカフェみたいのがあります。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8576e.JPG

ボクらはしませんでしたが、ダイビングする人々も多かったです。
ちなみに看板に「JAPANESE GARDEN」とあったのですが、
どこなのかサッパリわかりませんでした。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8577e.JPG

ボクらの陣地の前の海。
海の色は最高に美しい・・・というレベルではありませんでした。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8601e.JPG

9枚目とほぼ同じ構図ですが、少し時間がたってから撮影したもの。
ご覧の通り、シュノーケリングする人々でごったがえしています。



その26に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

サムイ旅行記24(ナンユアン島へ−1)

サムイ滞在4日目は、サムイ本島の離島であるナンユアン島へ行ってきました。

個人手配で行ったわけではもちろんなく、
3日目のサファリツアーと同じ「ほうぼう屋」のツアーに日本で事前申込しときました。
http://www.houbou-ya.com/diving/snorkel/snorkelindex.html

サファリツアーの時と同様に、朝ホテルまでお迎えが来てくれるのですが、
時間は大変早く、朝7:00ぐらいにロビーにいてくれとのこと。
シックスセンシズ・サムイのレストランは7:00からの営業ですので、
朝食は6:15に部屋まで持ってきてもらいました。
イレギュラーなことですが、頼めば快く応じてもえるみたいです。

予定通り7:00すぎにお迎えの車に乗りましたが、
ナンユアン島へ行く高速船の港までは夫婦そろって爆睡・・・。
いつの間にか到着していたので、港がどこにあったのかは未だにわからないです(笑)


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4209k5d.JPG

場所不明?の港。
ボクらが到着したときには、すでにご覧の人だかり。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8560e.JPG

サムイの他所と同じようにヨーロピアンも多かったですが、
コリアンがそれ以上に多かったです。
ほうぼう屋のスタッフによれば、韓国の新婚ツアーみたいのが入っていたらしいです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4211k5d.JPG

港でツアー料金支払い等の手続き後、ご覧のような高速船に乗り込みます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4213k5d.JPG

ほうぼう屋のHPには「快適な高速船」とありましたが、
実際は快適とは程遠いです。。。
「揺れがない」ことだけでは確かですが、
あまりの人の多さで席確保も容易ではなく、エアコンが効きすぎでチョー寒いです。
ボクの隣に座っていた現地人の男の子は、Tシャツの中に丸まっていました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4214k5d.JPG

到底「快適」とは呼べない船の旅でしたが、約2時間かけてナンユアン島に到着です。
結局は爆睡のボクら2人なのであっという間でした・・・。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8566e.JPG

ナンユアン島の到着デッキ。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8603e.JPG

ボクらは大型高速船でやってきましたが、
港には地元の人のボートもたくさん並んでました。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4231k5d.JPG

シュノーケリングツアーに参加する場合はココから行くみたいです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4230k5d.JPG

ナンユアン島にはレストランが1つ。
島の入場料に食事代も入っている形で、昼時には自由にビュッフェ形式で食べれます。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4235k5d.JPG

レストランから島の中心の方をながめたところ。



その25に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

サムイ旅行記23(サムイ・シーフードレストラン)

サムイ滞在3日目は、
朝〜午後:ジャングルサファリツアー 
夕方:シックスセンシズ・サムイで夕景撮影
この2つだけで、あっという間に夜になっていました。

この日の夕食も、2日目と同様にホテルの外に出かけて食べてきました。
訪れたのは、チャウエンの街にある「サムイ・シーフードレストラン」。
ガイド本にもでかでかと掲載されているレストランです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4198k5d.JPG

想像していた以上に大きな店で、建物上部のネオンですぐにわかる店です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4203k5d.JPG

店内の画像その1。
奥の方までだいぶ広いみたいでした。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4204k5d.JPG

店内の画像その2。
この店に限りませんが、お客はヨーロピアンが多いです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4196k5d.JPG

店内の画像その3。
ジャングルをイメージして作られているそうです。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4199k5d.JPG

店頭に並べられたシーフードの数々。
ここから好きなものを選んで調理してもらいます。
この店に限らず、チャウエンの店はこの形式が多いみたいでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4205k5d.JPG

店頭シーフードからチョイスしたロブスター・エビ・カニ。
それとは別にカレーやチャーハンも。
チャーハンは美味しかったですが、他は正直のところ・・・・・。
シーフードは日本風が一番と再認識でございました。
ちなみに値段は全部で1万円くらいはかかったので、
それほど安いわけでもありませんでした。
往復のタクシー代を考えれば、ホテルの方が安かったかも。。。
まあでも、店頭シーフードを食べてみたかったので、いい経験になりました。



その24に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

サムイ旅行記22(夕景inシックスセンシズ・サムイ−3)

昨日に続いて、シックスセンシズ・サムイの夕景「その3」でございます。
今日は、プールサイドほか諸々の場所で撮影した画像集です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4184k5d.JPG



2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8553e.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4187k5d.JPG



4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8555e.JPG



5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8535e.JPG



6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8559e.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4192k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4194k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4195k5d.JPG



以上、3回にわたってしつこく同じような画像をアップし続けてまいりましたが、
それだけ美しい夕景だった・・・ということです。
シックスセンシズ・サムイは断崖絶壁の上にあるようなホテルですので、
夕焼け空と海とのコラボレーションは、どこから見ても絵になる感じでした。


その23に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

サムイ旅行記21(夕景inシックスセンシズ・サムイ−2)

昨日に続いて、シックスセンシズ・サムイの夕景「その2」でございます。
今日は、ホテルのテラス・レストランほか諸々の場所で撮影した画像集です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4168k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4163k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4179k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4177k5d.JPG



5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8544e.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4171k5d.JPG



7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8548e.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4172k5d.JPG



9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8552e.JPG




その22に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

サムイ旅行記20(夕景inシックスセンシズ・サムイ−1)

サムイ島滞在3日目の朝〜午後はジャングルサファリツアーで楽しみましたが、
ホテルに戻って一息ついてからは、ホテルの各所から夕焼け撮影です。

シックスセンシズ・サムイはサムイ島の北東部端っこの突き出ている所にあるので、
東側はサンライズ、西側はサンセット、の両方を楽しむことが出来ます。
せっかくならサンライズも見ておくべきなんでしょうが、
朝は忙しかったりでちょっとムリなので、その分サンセットを気合入れて撮影しました。

しつこいのですが、たくさん撮影したので、3回にわけて、
シックスセンシズ・サムイの夕景を紹介していきます。
今日は、ロビー付近で撮影した、夕暮れになり始めの画像集でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4151k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4154k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4152k5d.JPG



4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8533e.JPG



5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8530e.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4156k5d.JPG



7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8534e.JPG



8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8537e.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4160k5d.JPG



この日の天気は昼間から超快晴でしたので、サファリツアーに参加していたうちから、
「今日はいい夕焼けが見れそう」と思っていましたが、
期待通りにいい感じになってきました。
上にのせた9枚は「夕焼けになりかけ」の段階でしたので、
さらに美しくなるのでは・・・との期待を大きく持ったのでした。


その21に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

サムイ旅行記19(サファリツアーの色々)

半日コースで参加したジャングルサファリツアーも、
サファリパークでのショー見学が終わると半分は過ぎた感じです。
その後はサムイ島中央部の各ポイントをジープで回ります。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4113k5d.JPG

サファリパークを出て向かったのは「ナムアンの滝」。
サファリパークからすぐのところにある滝ですが、
ヨーロッパ系のおじさん達が滝壺で泳いではしゃいでました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4118k5d.JPG

ナムアンの滝の後は、サムイ島の頂上部にあるレストランまで、
ジープで一気にかけ上がっていきます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4121k5d.JPG

道中は同じ会社が主催している1日ツアーの人々も一緒に。
おじいちゃんもテンション高くて元気です(笑)


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4122k5d.JPG

ボクらのジープのドライバーも負けじとテンション激高で、
こんな風に叫びながら楽しそうに運転してました。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8519e.JPG

山頂のレストランに到着。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4137k5d.JPG

レストランの入口付近で飼われていたサル。
写真は1匹だけですが、小屋の中に数匹いました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4128k5d.JPG

レストランの外観はこんな感じ。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4132k5d.JPG

こちらはレストランの中。結構たくさんの人がツアー参加してたみたいです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4129k5d.JPG

レストランからの眺望その1。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4134k5d.JPG

レストランからの眺望その2。
この日はどピーカンだったので、眺めは最高でした。


11枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4148k5d.JPG

レストランで昼食の後は「マジックガーデン」とかいうところへ。
何がマジックなのかわかりませんでしたが、何やら石像がたくさんありました。


12枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4150k5d.JPG

同じくマジックガーデンの石像。
別に何てことはないので、行く必要性はあまり感じませんでした。


ジャングルサファリツアー半日コースはこれで終了で、
各ゲストのホテルまでジープでお送りです。
モーレツに感動!みたいなことは少なかったですが、
話の種にはなるくらいのイメージで、まあ参加する価値はあるように思いました。


その20に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

サムイ旅行記18(サル・ワニのショー)

サムイのサファリパークでの動物ショーは、
子象のショーの後、サルのショー〜ワニのショーと続いていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8491e.JPG

サルのショーは、日本で言う「猿回し」と似たようなモンですね。
サル使いとおサルがペアを組んで何やらやっていきます。
こちらは男性サル使いとオスのサルのペア。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8495e.JPG

もう一方のペアは女性サル使いとメスのサルのペア。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8498e.JPG

炎の輪くぐりをしているところ。
色々やってましたが、日本の猿回しの方が趣向が凝っていて面白いと思いました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4074k5d.JPG

次のワニのショーが行われるのはこんなところです。
最初に登場人物4名のご挨拶。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8512e.JPG

ショーが始まる前のワニ2匹。
日本のワニ園のワニと同じように、口を開けて固まってます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4084k5d.JPG

ワニが人間の言葉を聞くわけはないので、
ワニ使いが散々引っ張りまわしてショーを行っていきます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4095k5d.JPG

わざとワニを怒らせたりして、なかなか演出が上手です。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4099k5d.JPG

ワニの口の奥の方に手をつっこんでいくところ。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4105k5d.JPG

ワニショーのハイライトはやっぱりコレ。
頭をすっぽりワニの口の中へ・・・。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4108k5d.JPG

ショーが終わってからも、ワニたちは何事もなかったかのように固まってます。



子象のショーではテンションダウンしてしまったボクらでしたが、
ワニのショーは単純に面白かったと思います。
勝手な理屈ではあるのですが、ワニはあんまり可哀想に見えないんですよね。
サルのショーはほとんど見るべきところはなかったので、
見ないで他の動物を見てた方が良かったかも。。。

そんなこんなで、ワニショーが終了したところでサファリパークを出発し、
各観光ポイントへと向かうのでした。



その19に続く。。。

posted by 玉ケン at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

サムイ旅行記17(子象たちのショー)

サファリパークに到着してすぐにエレファントトレッキングをした後は、
各種のショーを順に見ていきます。

最初にはじまったのは「子象たちのショー」でした。
「象のショー」は日本ではなかなかお目にかかれないと思うので、
どんなモンなのか、少し注目しておりました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8480e.JPG

ショーの直前、会場の脇に集められた子象たち。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4028k5d.JPG

水をかけてもらうと気持ち良さそう〜。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4018k5d.JPG

ショーが始まる前から、子象たちは観客席の方に来てサービス?してくれます。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8485e.JPG

このおじいちゃんはテンション高く、一人で盛り上がってました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4029k5d.JPG

ショーのスタート。最初は子供達をのせてグルッと一周します。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4038k5d.JPG

派手なBGMを流しながら、子象たちは次々と変な格好をしていきます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4043k5d.JPG

お鼻でフラフープ。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4053k5d.JPG

PK戦をしてみたり。。。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4055k5d.JPG

綱引きをしてみたりします。もちろん象の圧勝。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4059k5d.JPG

寸止めでフミフミ。


ショーが始まる前は多少期待していたのですが、実際見るとビミョーな感じ。
子象たちは本当によく訓練されてました。
ただ、、、
偽善者ぶってるようなんですが、見ていると可哀想に思えてきちゃうんですよね。
特に6枚目みたいな変なカッコさせられてるあたりから、
ムリヤリやらされてる感を強く感じてしまったのでした。
あと、「鎌」みたいので指示されてるのもちょっと不憫な感じ。
まあ、完全にボクらの偽善者ぶった思いなんですけどね。。。
見ていてテンションが下がってしまったのは事実でございました。



その18に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:33| Comment(2) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

サムイ旅行記16(エレファントトレッキング)

サファリパークに到着して最初にしたのは「エレファントトレッキング」です。
「エレファントトレッキング」と言うと何か仰々しいですが、
要は象の背中に乗っけてもらうわけでございます。

それだけ?と言われれば、それだけなんでございますが、
ボクらにとってはツアーの中の目玉企画だったのでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3998k5d.JPG

象の背中は高いので、こんな所から乗り降りします。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3999k5d.JPG

ボクらが乗せてもらった象くん。
象使いが頭の上に乗り、ボクらは後ろの席に乗り込みます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4000k5d.JPG

2人を乗せると、さっそくトレッキングに出発です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4005k5d.JPG

象の背中に乗ってみると視界はこんな感じで、
思っていた以上に高いところからの視界と思いました。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8479e.JPG

最初は、象使いが頭の上、ボクら2人が背中の席でしたが、
象使いに促され、途中から少しの間ボクが頭の上に。
バランスを取るのが結構難しかったですが、
ダイレクトな象の感触はなんともいえない感触で面白かったです。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4008k5d.JPG

ボクらの後ろには、ツアーで一緒のインド人家族の父子。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4010k5d.JPG

時間にしてわずか15分程度ではありましたが、
思っていた以上に楽しむことが出来ました。
最後に象に感謝のバナナをあげて終了です。



その17に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

サムイ旅行記15(サファリツアーへ)

サムイ到着後2日間は、2日目の夜にチャウエンに少し出かけた以外、
ホテル内で過ごしておりましたが、
3日目は朝から「ジャングルサファリツアー」に参加しました。

ツアー会社は色々あるようですし、現地で申込むことも出来ますが、
ボクらは事前に「ほうぼう屋」という日本人営業の会社のツアーに申込んどきました。
今回申込んだツアーはこれの半日ツアー↓
http://www.houbou-ya.com/tour/riku/jungle/details.html
「半日」とありますが、朝8:00にホテルにお出迎え、15:00すぎに終了ですので、
ほぼ丸一日に近いですね。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3985k5d.JPG

シックスセンシズ・サムイのロビーまでお迎えの車がやってきます。
やってきたのはこんなジープで、後の席に乗り込みます。
お迎えはジャングルツアーに入る車とは別の車だとばかり思っていたので、
少しだけビックリ。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3989k5d.JPG

ボクら2人の前にインド人家族4人はすでに乗っていましたが、
さらにイギリス人カップル2人を迎えました。
この写真はイギリス人を迎えに行ったホテルのロビー、チャウエンの近くでした。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3992k5d.JPG

ボクら2人、インド人家族4人、イギリス人カップル2人の合計7名が今回の参加者。
最初に下ろされたのは名前も何もよくわからないところ。
ガイド(英語のみ通用)が言うには「写真撮るのに良い場所だから」とのこと。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3995k5d.JPG

3枚目とは反対方向を撮影。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8476e.JPG

次に到着したのはどこかのお寺。
多分有名なお寺なんでしょうが、これまたよくわかりませんでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3996k5d.JPG

お寺の中の仏像。みんな中に入って拝んでました。
なんかありがたいお坊さんらしいです。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4109k5d.JPG

お寺の後に到着したのはサファリパーク。
ここで象トレッキングやワニのショーを見ます。
言うなればツアーの中心地でございます。


その16に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

サムイ旅行記14(夜のプールヴィラ)

チャウエンの街散策&エステ、そして夕食&買出しを済ませた後は、
ホテルに戻って部屋でゆったり過ごします。

完全にゴロゴロモードに入る前に、夜の部屋の撮影をしなきゃです。
撮影までは、荷物を広げて部屋を汚さないように気をつけていましたので、
何とかこの日のうちに撮影しとかないといけなかったのです。

以下その画像ですが、
夜はライトアップされて、昼とは違ういい感じを醸し出していました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3967k5d.JPG

夜のプールヴィラNo.18の玄関。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3968k5d.JPG

間接照明の具合がいい感じです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3969k5d.JPG

ベッドルームの奥から撮影したところ。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3970k5d.JPG

ベッドの正面を眺めますが、外は真っ暗で海は見えませんね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3979k5d.JPG

上階から下階におりていきます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3976k5d.JPG

プライベートプールのライトアップもいい感じでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3974k5d.JPG

6枚目とは逆サイドから見たところ。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4280k5d.JPG

最終日の夜にはバスタブのまわりにキャンドルサービスがされていました。
なかなかにくい演出ですね。



その15に続く。。。

posted by 玉ケン at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

サムイ旅行記13(チャウエンの街−2)

サムイ最大の繁華街チャウエンでエステを堪能して表に出てみると、
外はすっかり夜になっていました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3960k5d.JPG

エステの隣にあるホテル「The Library」。
きわめてアーティスティックなユニークなホテルのようで、
サムイのガイド本では頻繁に紹介されています。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8457e.JPG

夜のチャウエンの様子。
サムイは昼間が何しろ暑いからなのか、夕方以降に動き出す人々・店が多いです。
チャウエンの店はほとんどが深夜12時くらいまではやってるみたいです。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8458e.JPG

そこかしこに貼られたムエタイのチラシ。
街宣車での宣伝もど派手にやっていました。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8463e.JPG

店頭にこういった品々が並べられてるのを見ると、アジアンを実感しますね。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8465e.JPG

夜のチャウエンをしばし散策した後は、タクシーで10分くらい離れたレストランへ。
エリーが事前にネットで見つけた、安くて美味いとクチコミがあった店です。
完全に地元の食堂って感じ。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8467e.JPG

クチコミには「日本語メニューがある」と書いてあったらしいですが、
実際はまったくなく、
カレーのつもりで頼んだら、こんなのが出てきちゃいました。
中身が何だったのか、いまだにわかりません。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3963k5d.JPG

メニューに「Prawn」の文字があったのはわかったので頼んでみましたが、
これまた想像とは全然違う感じ。
ビーフンみたいのが山盛りで、こんなに食べれないっつーの。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8468e.JPG

2日目の夕食は・・・・・満足出来るはずもなく、
元々グロッキーなボクは若干不機嫌モードで、レストラン前の「テスコロータス」へ。
テスコロータスはサムイ島にはいくつかあるスーパーで、
日本で言うとダイエーみたいなところ。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8469e.JPG

店内はバカみたいに広くて、食品・衣料品・雑貨なんでも揃ってました。
エリーが持参したサンダルがこわれてしまったのでココで買いましたが、
日本円で300円くらいと激安でした。



その14に続く。。。

posted by 玉ケン at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

サムイ旅行記12(チャウエンの街−1)

サムイ滞在2日目の朝〜午後は、ホテル内の散策&撮影に費やしましたが、
シックスセンシズ・サムイの敷地は坂だらけなので、かなりのハードさでした。

ホテル内散策だけでメチャ疲れてしまった(特にボク)ので、
昼食をホテル内で食べた後は部屋でゴロゴロとしばし休憩、
夕前になってようやく動き出しました。

向かった先は、サムイで一番栄えている街「チャウエン」でございます。
グロッキー状態のボクは正直あんまり行きたくなかったのですが、
アジアの雑踏が大好きなエリーは行く気マンマンで、行かないわけにいきません。

シックスセンシズ・サムイ〜チャウエンは車で20〜30分くらい、
大抵はタクシーを利用しますが、ちょうどホテルからのシャトルバスの時間だったので、
行きはこれを利用して行ってきました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8440e.JPG

チャウエンの街は想像以上のにぎわい。
人も車も店もたーくさんでございました。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8437e.JPG

アジアの町ではお約束的な「バイク」もこの通りたーくさん。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8438e.JPG

時間的にはもう夕方なのですが、まだまだ暑さはハンパじゃありません。
なので、店先のワンコもこの通り。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8441e.JPG

チャウエンのビーチはこんな感じ。
今まで訪れた中では、バリのクタビーチに近い感じでした。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8449e.JPG

チャウエン到着後ほどなく、日も暮れてきましたので、
目的の1つである「街エステ」へと向かいます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3959k5d.JPG

チャウエンの街にはたくさんのエステ・マッサージ店がありましたが、
ガイド本を見ながら、わりとキレイ目な店をチョイス。
ホテル「ザ・ライブラリー」の隣にあるエステです。
上の写真はエステ内の画像。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3954k5d.JPG

受付のお姉さんと、たどたどしい英語でメニューを決めていきます。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8448e.JPG

施術前に受付でお茶のサービス。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8451e.JPG

施術室は受付からだいぶ奥に入ったところにあって、こんな感じ。
当然2人一緒に受けることが可能でございました。
施術室の隣にはシャワールームがあって、施術前にざっとシャワーを浴びました。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8453e.JPG

施術室に置かれていたお花。
たしか60分のメニューだったと思いますが、
グロッキーなボクはそのほとんどがzzz・・・だったのは言うまでもありません。



その13に続く。。。


posted by 玉ケン at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

サムイ旅行記11(プールヴィラ−3)

シックスセンシズ・サムイでボクらが泊まった部屋、プールヴィラNo.18、
今日は下階におりて、プライベートプールの画像でございます。

サムイに行く前は「プライベートプールは飾りみたいなモンじゃないの?」
なんて思ってた部分がありましたが、
実際行ってみると、これは実用的?にも大変重宝します。
日陰でじっとしていても汗が吹き出てくるサムイの「激」暑さですので、
クールダウンするのにプールにドボン!は相当に気持ちよいのです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3826k5d.JPG

上階ベッドルームから正面の海の方を眺めたところ。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3827k5d.JPG

ベッドルームの窓からは、海とともに下階のプライベートプールも見えます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3830k5d.JPG

階段を下りて下階へ。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3833k5d.JPG

階段下から、ヴィラ・プールを眺めるとこんな感じ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3841k5d.JPG

4枚目とは逆サイドから。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3846k5d.JPG

奥の方には扇風機がついたくつろぎスペースがあります。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3848k5d.JPG

プールのサイズは5m×3m。
意外と広くて、大人でも十分泳げる感じです。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8381e.JPG

プールサイドのソファに寝ころがってウトウト・・・が気持ち良いですね〜。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3845k5d.JPG

ソファに寝ころがりながら、視線の先はやっぱり「海」でございます。


シックスセンシズのヴィラ全66棟のうち52棟にはプライベートプールがついてます。
プールなしの方がお安く泊まれるのですが、
個人的には少し高くてもプール付をオススメします。
何しろサムイの暑さはハンパないので、プールにドボン!ばっかりしてました。



その12に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

サムイ旅行記10(プールヴィラ−2)

昨日に続いてシックスセンシズ・サムイのプールヴィラNo.18の紹介ですが、
今日は水回り関係+αをアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3817k5d.JPG

ベッドルームから洗面スペースの方をながめたところ。
画像ではわかりづらいですが、洗面スペースは1段低いつくりになっています。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3808k5d.JPG

画面の左にはバスタブが、正面に洗面が、右にはトイレ・アウトシャワーがあります。
ついでに扉のすぐ裏のところにはデイソファが置かれています。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3810k5d.JPG

バスタブはこんな感じで、床を掘って作られたようになっていて面白いつくり。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3811k5d.JPG

洗面はダブルシンク。
化粧品はないですが、歯ブラシ・シャンプーなどの基本的なアメニティはあります。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3814k5d.JPG

奥の方にはトイレ。ごくフツーな感じで、ウォシュレットではないです。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3813k5d.JPG

扉の向こうにはアウトシャワーがあります。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3815k5d.JPG

アウトシャワーはこんな感じ。
外にシャワーがあること自体は便利なのですが、
プールに近い逆側にあった方がさらに良かったと思います。
プール上がりで濡れたまま少し歩かなければならないので、
床がビチャビチャになっちゃいます。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8386e.JPG

所変わって、ベッドルーム脇のデスク。
引き出しの中には色々入っていました。酒類はもちろん有料です。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8373e.JPG

デスクの上に置かれたフルーツ。
噂では、食べるたびに新しいのを置いていってくれるという話でしたが、
ボクらは1つも食べなかったので真偽のほどはわかりません。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8350e.JPG

玄関の脇には各種案内書があります。
シックスセンシズは「エコ」を大々的に標榜してますので、
案内書の表紙もエコっぽいのを使ってます。



その11に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

サムイ旅行記9(プールヴィラ−1)

今日からは、シックスセンシズ・サムイでボクらが泊まった部屋、
「プールヴィラNo.18」の様子を紹介していきます。

シックスセンシズ・サムイには、部屋カテゴリーが4つあります。
http://www.sixsenses.com/Six-Senses-Hideaway-Samui/Accommodations-and-Rates.php
お値段高い方から、
・プレジデンシャルヴィラ−1室
・プールヴィラスウィート−10室
・プールヴィラ−41室
・ハイダウェイヴィラ−14室
となっていますが、
4カテゴリーで全66室のうち、ハイダウェイヴィラ以外にはすべてプールがついてます。
ボクらが泊まったのは、一番標準的な「プールヴィラ」の「No.18」でした。

IMG_3785k5d.JPG


地図で言うと、左側は西側なので夕日が、右側は東側なので朝日が見れます。
一応「眺望の良い部屋を」というリクエストをSTW経由で出してはいましたが、
どっち側のどの部屋でも海はバッチリ見えるみたいです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3786k5d.JPG

敷地内真ん中にある、こんな道をすすんで部屋へと向かいます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3787k5d.JPG

1枚目にある中央の道から脇道に入り、少し下ってNo.18へ。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3789k5d.JPG

プールヴィラNo.18の入口。
入口に付いている目玉マークを逆にすると「就寝中」の表示になります。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3791k5d.JPG

入口を入るとこんな感じ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3795k5d.JPG

ヴィラの玄関を開けるとこんな感じ。
正面がプール・テラスへ続く階段、向かって左がベッドルーム、
向かって右が洗面等水回り関係です。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3819k5d.JPG

玄関のところからベッドルームの方を見たところ。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3821k5d.JPG

玄関から少し入って、ベッドルームを見たところ。
ベッドの左側と後側は木々が生い茂っています。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8348e.JPG

ベッドには毎日こんなのが置かれていました。
日によって違うのが置かれてましたが、初日は象の置き物でした。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3823k5d.JPG

ベッドルーム左奥からベッドの正面の方をながめたところ。
ベッドの正面は大きく窓がとられていて、当然「海」が見えます。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8382e.JPG

ベッドはお約束?の天蓋付き。
完全手動タイプなので、メンドーで1回もおろしませんでしたが、
バトラーに頼めばメイキングしてくれるみたいです。



その10に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

サムイ旅行記8(シックスセンシズ・サムイのビーチ)

今日はシックスセンシズ・サムイのビーチを紹介しようと思います。

IMG_3785k5d.JPG


シックスセンシズ・サムイのビーチは、上の地図で言うと右下にあって、
「Beach and Water Sports Centre」と書いてある辺りになります。

地図外の、ビーチよりさらに下の方には別のリゾートがあるので、
このビーチがシックスセンシズのプライベートビーチなのかどうかは、
いまだにわからないです。
多分プライベートではないんだと思うのですが、
人は少なく、実質的にはプライベートみたいなモンでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3907k5d.JPG

ダイニングオンザヒルのあたりからだと、この近道を行くのが一番早いようです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3909k5d.JPG

ヴィラの間をぬけ、こんな道を下りながら、ビーチへと向かいます。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8417e.JPG

ココまで来ればビーチはもうすぐ、画面でも奥の方にちらっと見えてきています。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3912k5d.JPG

ようやくビーチに到着です。ダイニングオンザヒルからは歩いて5分くらいでしょうか。
ビーチの入口の1段高い場所に、こんな小屋が建てられています。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3913k5d.JPG

小屋から見たビーチの全景。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3916k5d.JPG

さらに下りていくと、スポーツセンターがあります。
ここでシュノーケルセットなどのアクティビティグッズを貸して貰えます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3917k5d.JPG

向こう側に見える緑色の屋根をした建物は、多分別のリゾートですね。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3918k5d.JPG

ビーチ沿いにも緑色の屋根の建物がいくつかありましたが、
何なのかはちょっとよくわからないです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3919k5d.JPG

7枚目とは逆方向を撮影したところ。
こちら側は間違いなくシックスセンシズの敷地です。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3922k5d.JPG

ビーチから見たシックスセンシズのヴィラ。
こうして見ると、本当に崖沿いに建っているのがよくわかりますね。



シックスセンシズのビーチは「あまりキレイでない」とどこかに書いてありましたが、
ボクら的には十分美しかったです。
モルディブやタヒチと比べると、確かににそこまでではなかったですが、
十分「南の島」していたと思います。

最終日の午前中に再度ビーチを訪れ、試しにシュノーケルしてみましたが、
ホテルの人が言っていた通り、魚はほとんどいませんでした。
これはちょっと残念ですね。。。


その9に続く。。。

posted by 玉ケン at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

サムイ旅行記7(シックスセンシズ・サムイの風景−3)

昨日・一昨日に続いて、シックスセンシズ・サムイの各所の風景の紹介ですが、
今日は、昼間の各レストラン等の紹介でございます。
すでに、その3・4でも少し紹介してますので、重複する部分もありますが。。。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3901k5d.JPG

アクティビティセンターのあるテラスから階段を上ると、
「ドリンクスオンザヒル」〜「ダイニングオンザヒル」があります。
「ドリンクスオンザヒル」はつまり、昼はカフェ、夜はバー、といったところです。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8416e.JPG

「ドリンクスオンザヒル」の中の様子。
特に何も注文しなくてもココでくつろぐことはOKみたいです。
インターネット接続されてるPCもココにあります。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3849k5d.JPG

昼間の「ダイニングオンザヒル」。
すでに紹介済みですが、シックスセンシズ・サムイのメインレストランです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3940k5d.JPG

これまた紹介済ですが、レストラン「ダイニングオンザロック」。
http://tamaken.seesaa.net/article/150355714.html
で紹介したのは夜の夕食時でしたが、
昼間はこんな感じで、もちろんまわりの風景がバッチリ見えます。
ただ、残念ながらレストラン自体は夕食のみの営業です。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3938k5d.JPG

同じく「ダイニングオンザロック」の1枚。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3926k5d.JPG

「ダイニングオンザロック」向かって右側にはホテルのビーチも見えます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3927k5d.JPG

ホテルのビーチを上から眺めるとこんな感じ。
最高の美しさ・・・まではいかないかもですが、十分に美しいです。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8426e.JPG

おまけで、「ダイニングオンザヒル」近くで見つけたトカゲ君。
モルディブでも似たようなトカゲがたくさんいましたが、
ココでもたくさん見かけることが出来ました。



その8に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

サムイ旅行記6(シックスセンシズ・サムイの風景−2)

昨日に続いて、シックスセンシズ・ハイダウェイ・サムイの各所の風景の紹介ですが、
今日は、ロビー〜パブリックプール近辺の画像を紹介しようと思います。

シックスセンシズ・サムイでは、各ヴィラのほとんどにプライベートプールがあるので、
パブリックプールはいつも空いている、と聞いていたのですが、
ボクらの滞在中はいつでも結構な人がいたような気がします。
あまりにも暑かったからでしょうかね?

※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3879k5d.JPG

レセプションの脇から階段を上って、各施設の方へと向かいます。
シックスセンシズ・サムイは何しろ階段と坂が多いので、
お年寄りにはちとつらいかもしれません。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8410e.JPG

レセプションの近くにある「SIXSENSES GALLERY」。
日本風に平たく言えば「お土産屋」ってとこでしょうか。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3884k5d.JPG

これがパブリックプール。
インフィニティプールと言うらしいですが、海とつながっているように見える設計です。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8412e.JPG

プールサイドから対岸の島を臨んで。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3888k5d.JPG

3枚目とは反対側から撮影したところ。
ちなみに、ボクらは滞在中1回だけパブリックプールを利用しました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3893k5d.JPG

プールサイドにもデイベッドが置かれていますが、
プールから1段上にあがったところにも、こんな風にたくさん置かれています。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3895k5d.JPG

プールから1段あがったココは日陰になっているので、
プールサイドよりはだいぶ過ごしやすいです。
画面上に見えるのはレストラン「ダイニングオンザヒル」の建物です。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3900k5d.JPG

6・7枚目のところから、さらに1段あがるとテラスみたいな場所があります。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8414e.JPG

このテラスにもデイソファみたいのが置かれていましたが、
ココで寝ころがっている人は見かけませんでした。
画面奥の建物はアクティビティセンター。
各種エクスカーションなどはココ申し込むみたいです。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3899k5d.JPG

アクティビティセンターはこんな感じ。
ボクらはまったく利用しませんでしたが・・・。



その7に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

サムイ旅行記5(シックスセンシズ・サムイの風景−1)

サムイ滞在2日目の朝食後は、ホテル内を散策しながら色々撮影して回りました。

ホテルの自己紹介的な案内に、
「われわれは決してビッグサイズのリゾートではありませんが・・・」とありましたが、
実際には決してスモールサイズなわけでもなく、十分な広さがあります。

今日から数回にわたって、
シックスセンシズ・ハイダウェイ・サムイの各所の風景を紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3785k5d.JPG

ホテルの敷地図。これは部屋に備え付けてあったものですが、
持ち運び出来る紙の地図もあります。
最初のうちは地図がないと、どこがどこだかさっぱりわからないくらいです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3852k5d.JPG

まずはレセプション(地図の「The Lobby」)あたりから撮影していこうとしましたが、
警備員の人が「あっちに良い撮影ポイントがあるよ」的なことを教えてくれました。
向かったのはホテルの敷地の外で、
地図では一番左下の「The Gallery」の字が書いてあるあたり。
坂を下っていくと、海が見えてきます。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8401e.JPG

ゴツゴツした岩にエメラルド色の海、というのが独特な感じがします。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8397e.JPG

よーく見ると、女の人たちが数人、海の中に立っています。
なんかの漁をしているんでしょうが、何を捕っているのかはわかりませんでした。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8398e.JPG

この場所からだと、シックスセンシズの向かいの島がよーく見えます。
これは向かいの島の桟橋を撮影したもの。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8403e.JPG

当たり前のように、たくさんの花がそこかしこに咲き乱れています。
少し歩いただけで汗が吹き出てくる暑さですので、花々には良い気候ですよね。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8404e.JPG

坂を上って、レセプションに戻ってきました。
レセプション前はアスファルトではなく、天然の木材を使用しているので、
車だとゴツゴツします。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3983k5d.JPG

レセプションの中から、正面の方を撮影したところ。
やっぱりいい景色ですなあ〜。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3872k5d.JPG

レセプションのバルコニーから、向かって右の方を撮影したところ。
各ヴィラの屋根や、プールサイドが見えます。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3877k5d.JPG

9枚目とは逆に、向かって左の方を撮影したところ。
この写真に写っている屋根は、スパなどのヴィラの屋根だと思います。



その6に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

サムイ旅行記4(シックスセンシズ・サムイの朝食)

シックスセンシズ・ハイダウェイ・サムイの朝食は、
基本的に「ダイニングオンザヒル」というレストランでのビュッフェです。
朝7:00〜10:00までが朝食ビュッフェタイムで、部屋番号を伝えるだけでOKです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3784k5d.JPG

「ダイニングオンザヒル」はこんなレストランです。
画像の奥には海が広がっています。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3778k5d.JPG

レストランの中から、中央にある池を見たところ。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3782k5d.JPG

中はこんな感じで、画面向かって左側の席からは海を眺めることが出来ます。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8370e.JPG

ビュッフェは毎朝ほぼ同じ料理が同じ配置で並べられていました。
手前に見えるのはワッフルコーナーで、注文してから焼いてくれます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3777k5d.JPG

グリルコーナーでは目玉焼きやオムレツなどを焼いてくれます。
一応、毎日スペシャルなものを出しているみたいで、この日はエビのグリルでした。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8371e.JPG

ビュッフェ料理は数々ありましたが、結局ボクのメインは毎日目玉焼き。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8372e.JPG

アジアン料理好きなエリーは毎日色々なものを選んで楽しんでいました。
ちなみに毎日「カレー」をメインにはしていましたが。。。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3982k5d.JPG

さすがに南の島ですので、果物の種類は豊富です。
どうしてもビタミン不足になりがちな旅先ですので、毎日欠かさず食べていました。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_4206k5d.JPG

5/3は早朝7:00前からツアーに出かけるので、朝食はどうしたらよいかと尋ねたところ、
朝6:00すぎという早い時間から無料でルームサービスにしてくれました。

ちなみに、こういった事情が何もなくても、
別メニューのルームサービス(多分有料)は24時間やっていますし、
早朝から出かけるゲストには、朝食のバスケットを渡してくれることもあるようでした。



その5に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

サムイ旅行記3(ダイニングオンザロックでの夕食)

サムイ旅行の初日は、ホテル到着が夕方すぎでしたので、
荷解きをした後わりとすぐに夕食を食べに行きました。

ボクらのツアーは朝食付・夕食なしでしたので、
夕食は毎回どこかしらで食べることになります。

シックスセンシズ・ハイダウェイ・サムイにはレストランが2つあります。
http://www.sixsenses.com/Six-Senses-Hideaway-Samui/Dining-and-Refreshments.php
1つは「ダイニングオンザヒル」というところで、朝から夜までやっています。
朝食ビュッフェはこちらのレストランです。
もう1つは「ダイニングオンザロック」というところで、夜だけの営業。
ホテルの公式HPの表紙になっているレストランです。
http://www.sixsenses.com/Six-Senses-Hideaway-Samui/index.php

2日目以降の朝食は毎日「オンザヒル」の方になりますので、
初日の夕食は「オンザロック」の方で頂くことにしました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3931k5d.JPG

これは2日目の昼に撮影したものですが、「オンザロック」の名の通り、
海岸の岩の上に突き出ているようにレストランがあります。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3932k5d.JPG

三方が海で囲まれていて、なかなか良い眺めでございます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3768k5d.JPG

夜はほとんど真っ暗状態で、こんな感じになります。
手持ち撮影なのでブレブレですが、実際は写真よりもさらに暗いです。
ボクらの席は、この写真で見えている一番海側の席でした。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3761k5d.JPG

席に座って撮影してみた1枚。
ISO200・F5.6で「25秒」の長時間露光ですので、暗さがおわかり頂けるでしょうか。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3750k5d.JPG

同じく、席から長時間露光撮影したもの。
見えているのは太陽ではなくて「月」でございます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3764k5d.JPG

海側ではなく、反対を撮影したところ。
しつこいですが、実際はこんなに明るくないです。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3767k5d.JPG

海沿いのオープンテラスの席が主体ですが、
そうではないフツーの屋根付きの席もあります。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3757k5d.JPG

ボクがたのんだのはコースで一番高いやつ。
高い高いと聞いていましたが、一番高いコースでも1万円はしません。
サムイの町のレストランと比べれば「高い」ということだと思います。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8357e.JPG

エリーの方は二番目にお高いコースで、たしか7000円くらい。
品数はボクの方が多かったですが、ボリュームはエリーのやつの方が多かったです。
どちらのコースも、純粋なフレンチともアジアンとも言えない、
かなりオリジナリティの高いコース料理でした。
大満足レベルではありませんでしたが、十分美味しかったとボクは思います。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3772k5d.JPG

コース料理でしたので、食事にかかった時間は2時間弱。
食べ終わった頃は、もうすっかり夜中(日本時間は12時すぎ)になっていました。



その4に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

サムイ旅行記2(サムイ島〜シックスセンシズ到着)

バンコク−スワンナプーム空港から、国内線で約1時間、サムイ空港に到着です。
成田を出たのがAM10:00すぎ、サムイ空港到着が現地時間PM5:00すぎ、
タイとは時差2時間ですので、合計9時間くらいのフライトでございました。
9時間は長旅なのですが、夫婦ともに機内では寝てばかりでしたので、
ほとんど苦痛を感じずに過ごすことが出来ました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3724k5d.JPG

着陸後は、いかにもっぽい小型バスにのって到着口へと向かいます。
前回も書きましたが、ヨーロピアンばかりでした。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3730k5d.JPG

サムイ空港は小さな空港なので、飛行機から到着口はあっという間です。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3733k5d.JPG

到着口から滑走路の方を見たところ。滑走路は多分1本だけです。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8331e.JPG

到着口の中はこんな感じ。
日本語がないと「外国に来た〜!」という実感がわいてきますね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3740k5d.JPG

荷物を受け取ったら出口へと向かいます。
入国審査はバンコクで済ませているので、メンドーな手続きは必要ありません。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3743k5d.JPG

到着口から歩いて2ー3分離れたところにお迎え場所があります。
「○○様」みたいな紙を手にした現地の案内者でごったがえしていました。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8337e.JPG

お迎え場所で撮影したもの。
ココから現地案内会社の車にのって「シックスセンシズ・ハイダウェイ」に向かいます。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3871k5d.JPG

空港から車に乗ること約20分、いよいよホテルに到着です。
これは別の日に撮影したものですが、シックスセンシズのレセプションです。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8342e.JPG

まずは冷たいおしぼりでお出迎え。
おしぼりはチェックイン時以外でもレセプションに帰ってくるたびに出してくれます。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8341e.JPG

ボクは滞在中はきづかなかったのですが、レセプション中央の床にこんなモノが。
ハリネズミか何かわかりませんが、エリーは目ざとく気づいて撮影してました。



その3に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:54| Comment(1) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

サムイ旅行記1(出発〜サムイへ)

GWの4/30〜5/5に4泊6日の日程で、タイのサムイ島に行ってきました。

今のバンコクは相当にやばそうな状態ですが、
GWの時点でも今ほどではないですが緊張状態にはありました。
何故わざわざ危険な情報が出ているタイに行ったかといいますと、
基本的には、他の候補地がすでにいっぱいで取れなかったからでした。

当初はGWの旅行は「国内」にしようと考えていて、予約まで取っていたのですが、
4/20すぎに「やっぱり海外に行きたいよね」と夫婦の意見が一致。
大至急で候補地を考え、いくつかの旅行会社にあたってみました。
候補地は今回もアジアの中でして・・・
・ランカウイ(フォーシーズン)
・バリのウブド(アマンダリかフォーシーズン)
・フィリピン(アマンプロ)
といったところを問い合わせたのですが結局全滅。
旅行会社に提示されたのが、
・ベトナムビーチ
・タイのプーケット
・タイのサムイ
だったのです。

その後あわてて残っている候補地を検討です。
今回ボクのたっての希望は、当初候補を見ればわかる通り「超一流ホテル」。
つまりはフォーシーズンかアマンに泊まってみたかったのですが、
結局色々検討した結果、
サムイの「シックスセンシズハイダウェイ」に決定。
フォーシーズン・アマンよりはランク下と思いますが、
シックスセンシズも十分なブランドですし、
この公式HPで見るカッコ良さが最後の決め手でございました。
http://www.sixsenses.com/Six-Senses-Hideaway-Samui/index.php

エリーは出発当日までバンコク情勢を心配していましたが、
旅行会社に問い合わせてみても
「バンコクの一部は危険だけど、空港は市街と離れているし、
サムイは離島で大丈夫でしょう」とのこと。
ちなみにボクはかなり楽観視しながらの出発となりました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3699k5d.JPG

毎回そうしてるのですが、今回も空港ターミナル前で車を渡す方式です。
少し割高ですが、空港渡しの方が圧倒的にラクなんですよね。
ちなみに今回は第1ターミナル。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3702k5d.JPG

搭乗便は「タイ航空 10:00発バンコク行き TG643便」。
バンコク情勢の悪化で、万一出発しなかったら・・・と少しだけ思いましたが、
まったくの杞憂に終わりました。
タイ航空の便ですが、ANAとコードシェアしている便です。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3704k5d.JPG

ボクらの搭乗する飛行機。(窓の写りこみがひどいですが。。。)


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3706k5d.JPG

成田10:00発〜バンコク夕方着の便ですので、昼食はしっかり出ます。
予想された通り、当然メニューはタイカレー。
(写真撮るの忘れて少し食べちゃった後なので、若干汚いですが。。。)


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3709k5d.JPG

約6時間のフライト予定でしたが、約1時間遅れてバンコクに到着。
行きの機内はほとんど寝てたので、体感時間はあっという間でした。
到着した瞬間の感想は「暑い!!!」


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8323e.JPG

バンコクのスワンナプーム空港は、噂で聞いていた通りに新しくてカッコ良いです。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8324e.JPG

「PASSPORT CONTROL」で入国審査。
1人ずつ写真を記録したりしていてのろいです。結構待たされました。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3717k5d.JPG

入国審査後すぐにサムイ行きの便に乗り継ぎます。
バンコク着が遅れたので、少々あわただしい乗り継ぎです。
成田〜バンコクは当然日本人だらけでしたが、
バンコク〜サムイは日本人はほとんど見かけませんでした。
写真はサムイ行きの機内の様子。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3718k5d.JPG

バンコク〜サムイは所要時間約1時間だけなのですが、
こんな軽食が出たりします。
何気にうれしいサービスではありますね。



その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サムイ〜シックスセンシズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。