2009年10月14日

割烹旅館 桃山6(朝食&感想)

本日分含めて全6回にわたってお届け?してきた「割烹旅館 桃山」シリーズは、
今日でラストでございます。

最後は「朝食」の様子と感想です。

IMG_1136k5d.JPG



朝食の画像および感想をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
ラベル:割烹旅館 桃山
posted by 玉ケン at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹旅館 桃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

割烹旅館 桃山5(夕食)

割烹旅館 桃山はチェックイン時間が16:00と遅いので、
到着してから少し庭園を散歩すると、まもなく夕食の時間になります。
夕食は部屋出しで頂きます。
個人的には部屋出しの方が、テレビ見ながら食べれるので良いです。

「割烹旅館」と銘打ってるわけですから、当然、夕食は期待するわけですが、
何しろボリュームがハンパなくて、期待通りでございました。
もちろん味も良かったですよ。

IMG_1105k5d.JPG


IMG_1116k5d.JPG



各メニューの写真は多いので、ご覧頂ける場合は「more・・・」からどうぞ!


more...
ラベル:割烹旅館 桃山
posted by 玉ケン at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 割烹旅館 桃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

割烹旅館 桃山4(庭園)

割烹旅館 桃山には、建物の面積の数倍広い立派な庭園があります。
というか、桃山の歴史としては、庭園が先にあって、旅館は後から出来たらしいです。

明治時代に観光農園としての「桃仙園」という庭園が出来たのが始まりで、
その後、昭和50年に割烹料亭だけの「桃山」が、
そしてわりと最近になって、旅館「桃山」がスタートというのが歴史です。
今も「割烹旅館」と「桃仙園」は2つの会社でやってるようでした。

なので、庭園はかなり広いですし、相当に歴史ある感じでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_1059k5d.JPG



2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_7002e.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
庭園の通路から、ボクらの泊まった「明神の間」を写したところ。
・・・部屋風呂の中も見えちゃうみたい???
IMG_1060k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_1095k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
本館から少し登ったところに「エステルーム」がありましたが、
現在使われているのかどうか。。。どう見ても廃墟にしか見えませんが。。。
IMG_1071k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
ウケたのはこの洞窟。
説明書きがあって「温泉をさがして掘り続けたが出なかった」とのこと。
今となっては、単なるカエル君の住みかのホラ穴です(笑)
IMG_1069k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_1072k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_1076k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_1080k5d.JPG



10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_7011e.JPG



あいにくの曇り空だったので「美しい!」と感動するほどではなかったですが、
頑張って手入れしてる感じで、晴れてたらキレイだろうなあ〜と思いました。


その5に続く。。。
ラベル:割烹旅館 桃山
posted by 玉ケン at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹旅館 桃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

割烹旅館 桃山3(館内)

「割烹旅館 桃山」は、まず案内された部屋の様子もなかなかインパクトありましたが、
部屋の外もかなりのインパクトがありました。

建物の中も色々ありましたし、建物の外の庭園はかなりのモンでした。

今日は建物内部の館内の様子を少々紹介してみます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
建物の中階(B1Fと2Fの間)には「池」「滝」がこしらえてあります。
池には大きな鯉を数匹泳がせていて、本格的?です。
IMG_1053k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
B1Fの一般客室があるフロア。川・橋を作ってみたり、工夫してますね〜。
IMG_1055k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
館内のどっかに展示されてたもの。展示品・調度品のたぐいはアチコチにあります。
IMG_1091k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
館内のどっかの廊下の様子。
IMG_1092k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
これまた場所は忘れちゃいました。。。
IMG_1096k5d.JPG



6枚目(X2+EF24-105IS)
館内の一服休憩所。窓からはボクらの泊まった部屋「明神の間」の池が見えます。
IMG_6996e.JPG



館内各所もこのようにナカナカ面白い感じでしたが、
建物の外の庭園はさらにインパクトある感じでした。
その様子は次回に・・・。


その4に続く。。。
ラベル:割烹旅館 桃山
posted by 玉ケン at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹旅館 桃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

割烹旅館 桃山2(部屋)

「割烹旅館 桃山」シリーズその2は、ボクらの泊まった部屋の紹介です。

「桃山」には宿泊できる部屋は10室しかありませんが、
そのうち2室が「特別室」ということになっていて、ボクらが泊まったのは、
「特別室」の1つ「明神の間」です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
部屋の玄関の扉はこの格子戸だけです。もちろん鍵はかけられます。
IMG_6992e.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
部屋玄関入ってすぐのところから撮影したもの。
部屋へは1段上がっていく造りになっています。
IMG_1024k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
主室は15畳の和室。
15畳の脇に、かなり広い床の間・広縁があるので、20畳くらいの広さに見えます。
IMG_1026k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
ほぼ正方形の形をした15畳の一辺がすべて床の間になっています。
IMG_1028k5d.JPG



5枚目(X2+EF24-105IS)
たしか部屋にあった調度品。(ひょっとすると室外だったかも?)
IMG_7025e.JPG



6枚目(X2+EF24-105IS)
広縁も十分な広さがあります。
IMG_6990e.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
広縁からは池と庭園がドーンと望めます。
IMG_1043k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
広縁の右奥入ると洗面スペース。まあフツーですね。
IMG_1037k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
洗面の向かいがトイレ。これもまあフツーかな。
IMG_1038k5d.JPG



10枚目(5D+EF24-105IS)
洗面スペースの奥が部屋風呂。露天ではありませんが、池・庭園が望めます。
ちなみに温泉ではないとのことでした。
IMG_1040k5d.JPG



「特別室」をうたうだけあって、十分な広さと、池・庭園は見事でした。
ただ???だったのは、
部屋に置かれている調度品的なモノが「受け」ねらいなのか、
可愛い系のモノばかりで、不調和な感じがしました。
変に「受け」をねらわなくても、この部屋なら正統派勝負で良いのに・・・
と思っちゃいました。


その3に続く。。。


ラベル:割烹旅館 桃山
posted by 玉ケン at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹旅館 桃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

割烹旅館 桃山1(到着)

少しではありましたが、松本市内観光を楽しんだ後は、
今回の旅行の2泊目の宿「割烹旅館 桃山」へと向かいます。

1泊目の宿「貴祥庵」が今風のデザイナーズ旅館でしたので、
2泊目は和風のいかにも旅館っぽい宿を選んだのでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
「桃山」も「貴祥庵」と同じく、松本市中心部からわりとすぐの所にありますが、
ちょっとした山の上にあって、結構な坂を上っていきます。
これは「桃山」の庭園から眼下を眺めたところ。
IMG_1065k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
「桃山」の正面玄関。イメージ通りの「いかにも旅館」って感じ。
IMG_1058k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
庭園から「桃山」の建物全体を写したところ。
建物自体はまあまあな大きさですが、「割烹旅館」と銘打っているだけあって、
割烹料亭としての部屋と、旅館としての部屋が両方あり、
旅館としての部屋は全部で10室だけしかありません。
IMG_1068k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
玄関入ったところ。ちょっと無意味なくらいたくさんのスリッパが並べられてました。
IMG_1085k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
玄関がある階を1Fとすると、宿泊出来る部屋があるのはB1・2Fです。
玄関入って右側にある階段を下りていきます。
ちなみに1Fにある部屋は割烹用の部屋だけだったみたいです。
IMG_1086k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
ボクらの泊まったのはB2Fにある特別室2室のうちの1室。
一応専用フロアってことになってるみたい。
IMG_1052k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
6枚目の看板〜部屋へと向かう廊下。
IMG_1100k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
「桃山」には「特別室」が2室ありますが、ボクらが泊まったのは、
向かって右側にある「明神の間」。
IMG_1023k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
部屋へ案内されてから、ウェルカムドリンクの抹茶のおもてなし。
IMG_1020k5d.JPG



部屋へと案内されたココまでの段階でも、
「うーん、ナカナカ渋そうかも・・・」と期待は膨らむのでした。


その2に続く。。。
ラベル:割烹旅館 桃山
posted by 玉ケン at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹旅館 桃山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。