2009年01月18日

犬吠崎へ その10(外川港での夕暮れ)

しつこく続けてまいりました犬吠崎シリーズもラストでございます。

犬吠崎灯台付近の後は、帰りがけに朝も行った「外川港」で夕暮れ撮影しました。

そして東金道路〜アクアラインルートで帰宅したわけですが、
犬吠崎はなかなか良いところでした。
日帰りでも行けない距離ではないですし、
・日の出と夕暮れ
・海の夜景
・水族館
と、ボクら2人にとっては、被写体が豊富にある場所でした。
時期をずらして行くと、自然のイルカウォッチングも出来るらしいので、
いつかまた行きたいなあ・・・と思いました。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_8169k5.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_5049et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。


more...
posted by 玉ケン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬吠崎へ その9(午後の犬吠崎近辺)

1/12の昼時は少し雨が降っていたりで不安定な天気でしたが、
午後になると徐々に天候も回復してきました。

ちょうど天気が悪い間は「犬吠崎マリンパーク」で楽しんで、
その後、犬吠崎より少し北にある「ポートタワー」と「魚市場」に行きました。
ポートタワーは・・・フツーの展望台でした。。。

魚市場でお土産購入した後は、犬吠崎に戻って撮影を楽しみました。
この頃にはすっかり天気も良くなっていたのが何よりでした。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_8134k5.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_5018et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

犬吠崎へ その8(マリンパーク−2)

マリンパークに到着してすぐにタイミング良く、イルカショーを見た後は、
室内に戻ってお魚たちの撮影です。

展示水槽の数自体はそれほど少ないわけではないのでしょうが、
超特大水槽みたいのがないので、小ぢんまりした印象になるのかもしれません。

イルカやアザラシのプールもでしたが、
室内の水槽ももう少し手入れが行き届いてほしいなあ・・・と感じました。
まあ、どこも人手不足なんでしょうね。。。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_8008k5.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_4986et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬吠崎へ その7(マリンパーク−1)

1/12の朝に早朝日の出撮影をした後は、
いったん宿に戻って朝食→お昼寝でございました。
通常プランは10:00チェックアウトなのですが、
今回のボクらのは12:00チェックアウトなので、ゆったりお昼寝出来て良かったです。

11時すぎに目を覚まして外を見ると、朝とはうってかわって、
空全体は今にも降り出しそうなドンヨリ雲でした。
なので予定を変更して、まず最初に「犬吠崎マリンパーク」に行くことにしました。

「マリンパーク」はその名の通り水族館なわけですが、
今まで行った、どの水族館よりも小ぢんまりしていて、のどかな雰囲気でした。

まずは外の水槽にいる生き物たちをアップしようと思います。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_7935k5.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_4934et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

犬吠崎へ その6(外川の港と駅)

「ぎょうけい館」の目の前の海岸で日の出撮影をした後は、
車ですぐのところにある、外川の漁港と駅へと向かいました。

港に着いた時にはすっかり日は昇ってしまっていましたが、
朝の漁港の雰囲気はありました。

外川の駅は「銚子電鉄」の終着駅です。
電車の車体もメチャクチャ渋かったですが、駅もまた渋かったです。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_7819k5.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_4878eT.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

犬吠崎へ その5(日の出)

1/11の夕方に犬吠崎「ぎょうけい館」に到着、
夕食→夜景撮影→入浴で満足しながら、わりとすぐに眠ってしまいました。

そして翌朝は5:45に起床して早朝日の出撮影でございます。
犬吠崎は「本州最東端で日の出が一番早い」がウリですので、
ボクら夫婦も最も楽しみにしていた目玉でした。

・・・が、起きてみると水平線には雲がかかっていて、
だるま太陽を拝むことは出来ませんでした。
ただ、雲の切れ間から時々太陽が姿をあらわすので、
朝焼け撮影は十分に堪能することが出来ました。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_7778k5.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_4844et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬吠崎へ その4(飯岡刑部岬の展望台)

宿泊先である「ぎょうけい館」の目の前での夜景撮影後は、
車で20分ほどのところにある「飯岡刑部岬の展望台」へと向かいました。

「飯岡刑部岬」は、とあるサイトによれば「千葉県一の夜景スポット」らしいです。
(ホントかどうかは知りません。。。)

というわけで、、、
以下がその写真でございます。
またまたエリーは付き添いで、すべてボクの5D+EF24-105ISで撮影です。
すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。



1枚目:ISO200 F6.3 32秒 RAW 5D+EF24-105ISの40mm
IMG_7725k5.JPG

まずは、波打ち際とマリーナの画像です。
展望台から見ると左ななめ前って感じです。


2枚目:ISO200 F11.0 32秒 RAW 5D+EF24-105ISの47mm
IMG_7727k5.JPG

今度は少し町側にカメラを向けてみました。
1・2枚目ともに、奥に写ってるのは九十九里浜の海岸線だそうです。


3枚目:ISO200 F11.0 32秒 RAW 5D+EF24-105ISの65mm
IMG_7726k5.JPG

最後はマリーナの中を少し寄って撮影したところ。


展望台の柵は結構高くて、ボクの激安三脚では届かないくらいでしたが、
展望台にありがちな望遠鏡みたいのがあって、その上にカメラをのせて撮影しました。

確かにキレイではあったのですが、、、
正直言って期待ほどではなかったかな???でした。。。


その5に続きます。。。
posted by 玉ケン at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

犬吠崎へ その3(犬吠崎の夜景)

夕食を食べて満足した後は、まずは「ぎょうけい館」の目の前で
夜景撮影にトライしました。

宿の目の前ほんとにスグのところがもう海になっています。
なので、海に下りるのはカンタンなのですが、
撮影となると、三脚固定には少し苦労しました。

この日は雲もほとんどなく、夜空の星もキレイに見えて良かったです。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_7742k5.JPG


もちろん手持ち撮影など出来る暗さではなく、
三脚は1台しかないので、エリーは付き添いです。


上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬吠崎へ その2(夕食inぎょうけい館)

夕方5時少し前まで漁港で夕暮れ撮影を楽しんだ後は、
宿泊する「ぎょうけい館」へと向かいました。

「ぎょうけい館」は、部屋にあった案内によれば、すごい歴史ある宿らしく、
今まで何回か予約入れようとしても空室ナシばかりだったのですが、
今回は1/9に宿のHPから直接予約で、1室だけ空きがあってラッキーでした。

設備自体は新しくはないものの、部屋の隅々まで清潔にされていて、
なかなか好印象でした。

夕食は別注で「アワビ踊り焼き」をたのんだこともあり、
これまた満足でございました。
ただ、量的には別注たのまなくても十分って感じです。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_7722k5.JPG


※エリーは「食べる専門」なので撮影はナシです。


上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。


more...
posted by 玉ケン at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬吠崎へ その1(初日の夕暮れ)

お久しぶりの更新でございます。
12/21に前回記事アップして以来、忙しいのと写欲減退とで、
3週間以上放置しっぱなしでございましたが、
久しぶりに撮影旅行に行きましたので、ブログ再開といきたいと思います。
へなちょこ写真に、再びお付き合い下さいませ。。。


今回の行く先は、本州最東端と言われる「犬吠崎」への1泊2日旅行でございます。
帰ってきたばかりで、写真整理・RAW現像もまだまだなのですが、
とりあえず時系列順に、初日の夕暮れの画像をアップしようと思います。

相変わらずグータラ夫婦のボクらですので、出発が1/11の13:00ごろになってしまい、
銚子に到着したらすぐ夕焼け空でした。
どうせなら夕暮れ撮影しようということになり、
場所も名前もわからない漁港で夕暮れ撮影いたしました。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_7688k5.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_4791e.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

南総里見まつり その2

前回に続いて「南総里見まつり」の「その2」でございます。

前回の中でも書きましたが、
エリーは思い出の館山のまつりでテンション↑↑↑なのに対し、
ボクは腹痛で↓↓↓でトホホ・・・でございました。

そんな中でもボクも少しは撮影しましたので、
今回は2人分のもろもろの画像を紹介いたします。



−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_2292k4.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_3934eT.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 11:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

南総里見まつり その1

こないだの日曜日10/19に「南総里見まつり」に行ってきました。
<南総里見まつりのページ>:
http://www2.city.tateyama.chiba.jp/Guide/?tpcid=44&stoid=10680

南房総の館山市での祭りなわけですが、そもそも館山では各地区ごとに祭りがあって、
今回の「南総里見まつり」は館山各地区合同での祭りだそうです。

ブログでは何回かふれていますが、エリーの母親の実家が館山の「船形」という所で、
エリーも幼少のころは毎年訪れていた思い出の地でございます。
そんなわけもあって、夏には船形地区の夏祭りに行きました。
(その時の記事)
http://tamaken.seesaa.net/article/104119358.html
夏祭りに行った際に、秋には館山全体で「南総里見まつり」があることを知ったのです。

2回に分けてその様子をアップしたいと思いますが、
今回はエリー思い入れの「船形」の「屋台・山車」を紹介したいと思います。


−−−−−エリーの1枚−−−−−

根岸屋台.JPG


お恥ずかしながら、ボクは途中で腹が痛くなって撮影どころでなくなり、
今回はエリーの画像のみでございます。。。


上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

大原はだか祭り その2

前回に続いて「大原はだか祭り」でございます。
今回はメインイベント?的な「汐ふみ」の画像もアップします。

「汐ふみ」は、神輿をかついだ裸の男たちが海の中に入っていく、、、
というものです。
ボクは「波にうちつけられる神輿と男たち」をイメージしていたのですが、
残念ながら高波押し寄せるところになど入っていくわけもなく、
事前イメージよりはおだやかな感じでした。
ただ、神輿十数台と観客・カメラマンで、人出の迫力は相当でした。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_5754k5-1.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_2968e.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

大原はだか祭り その1

先日出かけた「鎌倉鶴岡八幡宮例大祭」が消化不良?でしたので、
面白そうなお祭りをネットで検索し、
9/23に「大原はだか祭り」に行ってきました。

外房大原は、ボクが中高生のころに部活の春合宿で毎年訪れていた場所で、
ボクにとっては十数年ぶりの訪問になります。
当時、部活の練習で使っていた陸上競技場はあいにく改修中でしたが、
何となく懐かしい思いを感じることができました。

「大原はだか祭り」は、何といっても十数台の神輿が海の中に入っていく、
「汐ふみ」が有名らしいのですが、
それは次回にアップすることにして、「汐ふみ前まで」を「その1」としてアップします。
「汐ふみ」以外も、十数台の神輿が集まる光景は迫力あふれるものでした。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_5651k5.JPG



−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_2897e.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

船形のもろもろ画像

昨日は房総船形の夏祭りの画像をアップいたしましたが、
今日は祭り以外のもろもろの画像をアップしたいと思います。

あくまでメインは夏祭りですので、ちょこっとブラブラした、
船形港ほかの画像です。

やっぱり「港の夕景」は、大好きな被写体なんでございます。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_3311k5.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_1339et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。


more...
posted by 玉ケン at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

船形の夏祭り

7/21海の日に、房総白浜の海女まつりに行ったばかりですが、
7/26の土曜日に、これまた房総の館山近くの「船形」に行ってきました。

船形はエリーの母親の出身地で、
エリー自身も子供のころは毎年夏の1ヶ月間ほど滞在していた、
思い出の場所なんでございます。

去年の3月にも訪れていますが、海の日に白浜に行ったのをきっかけに、
「船形の夏祭りもそろそろかも???」と思い立ち、今回また訪問・・・となりました。

エリー曰く「船形の祭りの太鼓の音は他と違う!」そうですが、
ボクにはさっぱり違いはわかりません。。。
言われてみると、山車の引っ張り方とか、全体的な雰囲気が、
漁師町らしく荒々しい感じはしました。
ただ、何しろエリーにとっては、思い出の地・思い出の夏祭りのようでございます。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_0885k4.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_1481et.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 21:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

海の日のお出かけ その2

前記事に続いて、海の日のお出かけ その2でございます。

その2では、お出かけのメイン目的の「海女まつり」の夜の様子を紹介します。

海女まつりのメインイベントは、100人以上の海女さんたちが、
松明を手に持ちながら、観衆の面前で夜の海を泳ぐというやつです。
このイベントには芸能人の高樹沙耶も参加していたようです。

そのほかにも打ち上げ花火があったりと、盛りだくさんの内容でした。

−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_3156k5.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_1257e.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海の日のお出かけ その1

仕事の方もようやく少し落ち着いてきましたので、
7/21の海の日に、約1ヶ月ぶりのお出かけ&撮影に行くことができました。

この時期いつもこのパターンなのですが、
お祭りをやっている場所に出かけて、「お祭り+風景」というパターンでございます。
今回は「外房白浜海女まつり」が一応の目的でございました。

その1は、昼間〜夕方に撮影したものです。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_0740k4.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_1198e.JPG



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。


more...
posted by 玉ケン at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

養老渓谷 その2

昨日に続いて、養老渓谷の「その2」でございます。
大抵は「その1」「その2」は明確な区分けが何かしらあるようにしてるのですが、
今回はまったく何の理由もなく適当に「1」「2」を分けてるだけでございます。

ですので、昨日と同じような画像ばかりですが。。。

何しろ養老渓谷は派手な目玉的なスポットがあるわけでもなく、
「しぶい!!!」というのがボクら夫婦の感想でした。
どうやら基本的には「紅葉」を見に行くところだったみたいでした。


−−−−−ボクの1枚−−−−−

SDIM0284.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_0019r.JPG




上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。



more...
posted by 玉ケン at 05:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

養老渓谷 その1

金曜日に注文して土曜日には到着した、5D+EF24-105ISのデビューということで、
千葉の秘境?「養老渓谷」に出かけてきました。

当初ボクは「DP1&5D+EF24-105」で・・・と考えていたのですが、
エリーの「私も24-105使ってみたい!」との鶴の一声?で、
組み合わせ変更でのぞむことになりました。

5Dは今まで色々なところでいじってきて「とろいなあ」と感じたりしてたのですが、
今回のような対象だと、さほど問題を感じることはありませんでした。
リサイズ版だとよくわからないと思うのですが、
画質はやっぱり良いなあと思いました。

−−−−−ボクの1枚−−−−−

IMG_0042r.JPG


−−−−−エリーの1枚−−−−−

IMG_0051rt.JPG


エリーのEF24-105の第一印象は、衝撃的というほどのモノではなかったようです。
EF24-85も安い割りに十分良いからというのもありますが、
途中で測距点がずれていたのに気付かず撮影し続け、
「ピンボケ量産」だったというのが大きかったみたいでした(笑)
ただ、サイズや重さも思ったほど悪くはないそうで、
このままエリーのモノになってしまいそうな雰囲気です。
「そしたらボクの5D用標準ズームはどうなるの???」という現状でございます。



上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。


more...
posted by 玉ケン at 07:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。