2008年08月31日

タヒチ旅行記「20.タヒチ出発〜日本へ」

タヒチ最終日の出発前に、思いがけずダンスショーを見ることもでき、
満足な気持ちで帰りの空港へと向かいます。

タヒチ−パペーテ空港を夜中の1:00くらいに出発する便ですが、
空港には11:00くらいに到着です。

夜中で閑散としているのかと思いきや、空港内は多くの人であふれかえっていました。
同じく夜中初のロスアンゼルス行きもあったので、アメリカ人がたくさんです。
飲食店は閉まっていましたが、土産店や両替、写真のようなところも開いてました。
IMG_2383e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO800、F4.0、1/30、24mm)



ボクらは土産店で少し買い物、その後チェックインして出発ロビーに向かいます。
出発ロビーには、パペーテ到着時やタヒチ島ツアーなどで見かけた顔がチホラ。
ボクらもですが、みんなさすがにお疲れモードです。
IMG_2384e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO800、F4.0、1/30、24mm)



12時間の長旅に備えて、ロビーでチェーンスモークした後は、
いよいよ飛行機搭乗です。
IMG_2395e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO800、F4.0、1/12、24mm)


行きも帰りも「12時間禁煙」は意外と大丈夫だったのですが、
帰りの飛行機では夫婦そろって腹こわして大変でした。
パペーテのルロットで食べすぎでした。。。

そんなこんなで成田へは朝8:00くらいに到着しました。
ボクよりエリーの方が腹下し&吐き気で大変でしたが、何とか帰ってこれました。
このこともあって、「旅行が終わった」寂しさよりも、
「帰ってこれた安堵感」の方が強いという、日本帰国でした。


長々とタヒチ旅行記を続けてまいりましたが、
旅行自体そしてこの長々とした旅行記も、
自己満足ですが、後で見返す良い思い出記録に出来たかな?と思ってます。
かなり衝動的に決まったタヒチ旅行でしたが、
「ココは必ずまた来よう!」と思えるくらい良いトコロでした。
特に良いと思ったところは、、、

1位:ホテルボラボラ旧プレミアム水上バンガロー
・・・シュノーケリングポイントに仰々しく出かける必要なく、思いついたときにいつでも、またテラスからすぐにシュノーケリングできるというのが最高でした。

2位:ボラボラ島のビーチ&ラグーン
・・・海のキレイさだけなら沖縄あたりも負けてないと思うのですが、まわりの風景・人工物との調和という点ではやはり格別だったと思いました。

3位:ホテルボラボラのサービス
・・・どこで見てるのか?と思うくらい、少し外出すると部屋のセッティングしてくれていたり、各種レターが届くタイミングも絶妙だったり、デイユースで最後までゆったり出来たり。。。さすがに「一流」だなあと思わされました。


逆にこれはなくても・・・と思ったのは、
・ホテルのランチ/ディナー
・タヒチ島での滞在1日半
・何もかも物価高すぎ!
よく言われてることですが、タヒチは離島こそって感じなんだと思います。


何はともあれ、これまでに行った旅行のなかでも抜群の満足感で、
今度はもっと長い期間で行きたいなあと思ったタヒチ旅行でした。


タヒチ旅行記 完 by玉ケン
posted by 玉ケン at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「19.ダンスショーinラディソン」

パペーテのルロット(屋台)で夕飯を食べてホテルに戻ると、
いよいよタヒチ旅行も終わりです。
帰りの長旅を思いながら荷物の片付けをしていたら・・・
どこからか大きな音楽が聞こえてきました。

この日は土曜日ですので、タヒチアンダンスショーが行われていたのです。
もう旅行はすべて終わりと思っていたので、レンズも片付けてしまっていましたが、
とりあえずすぐに用意できるものだけ持って、ショーを見に行きました。

レストランの前のスペースでショーは行われていましたが、
ボクらが行ったときには男性ダンサーが踊っていました。
IMG_5143k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO3200、F4.0、1/30、135mm)



男性ダンサーの踊りは力強くて速くて迫力があります。
IMG_5156k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO3200、F4.0、1/60、138mm)



次は金色の衣装をまとった女性ダンサーが出てきて、男性ダンサーと共に踊ります。
IMG_2363e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO1600、F4.0、1/8、70mm)



男性ダンサーの迫力に対して、女性ダンサーはやっぱり艶やかですね〜。
IMG_2365e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO1600、F4.0、1/16、102mm)



いつのまにか男性はいなくなって、女性ダンサーだけで締めるところ。
IMG_5249k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO3200、F4.0、1/80、106mm)



金色ダンサーたちに代わって、こんどはソロの女性ダンサーが踊ります。
IMG_5271k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO1000、F4.0、1/16、106mm)



それまでの激しい踊りとは対照的にゆったりと流れるように踊ります。
IMG_5271k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO3200、F4.0、1/50、111mm)



ココでいったん休憩みたいになったので、プールサイドの方に行ってパチリ。
IMG_5273k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO1000、F4.0、1/16、70mm)



小休止のあとは、男性・女性ともに衣装替えしてリスタートしています。
IMG_5348k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO3200、F8.0、1/10、135mm)



おそらくショーの中で一番盛り上がっているくらいのとき。
IMG_5333k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO800、F5.0、1/10、200mm)



これにてショーは終了です!最後の締め。
IMG_5354k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO3200、F9.0、1/16、200mm)



思いがけずにダンスショーを見れてラッキーな感じでした。
ダンスショーはホテルボラボラよりも良かった印象でした。


ダンスショーが終わると、本当にいよいよ帰りの送迎バスを待つばかりです。
荷物の片付けも済んで、あとは長旅が待っています。
posted by 玉ケン at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「18.パペーテの町」

8月16日は夕方までタヒチ島半日ツアーに参加した後、
パペーテの町で車から降ろしてもらいました。
町を散策して少し買い物するのと、ルロット(屋台)で夕ご飯食べるのが目的です。

町並みを眺めると、やはりココは外国なんだなあと異国情緒を感じることが出来ます。
.

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/4、24mm)



出来ればお土産を買いたかったのですが、この日は土曜日で、
パペーテの店はほとんどが午前中しかやらないそうです。
実際開いている店はほとんどありませんでした。
IMG_5093k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO800、F4.0、1/50、70mm)



店はほとんどがやっていませんでしたが、
町の中心の教会では(おそらく)結婚式?が行われていました。
IMG_2304e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/30、24mm)



パペーテ港まで歩いてくると、3日前にボラボラ島で見た、
「ポールゴーギャン号」が停泊していました。
http://tamaken.seesaa.net/article/105021104.html
のときに、ホテルボラボラへのボートで見たやつです。何か不思議ですね。
IMG_5085k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO400、F4.0、1/160、85mm)



パペーテ港は日本で言うと、ちょっと大きめな漁師町の港くらいの規模でしょうか?
大型船は5艘くらいだったと思います。
IMG_2311e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/25、24mm)



港のところは広場になっていて、わりと多くの人々がいました。
これは遊んでいた子供が「ポテッ!」とこけたの図。
IMG_5120k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F4.0、1/125、200mm)



18:00を過ぎると、広場には「ルロット」という屋台が多く立ち並びます。
今日はココで夕食でしたが、ホテルレストランよりも安い上に美味しかったです。
濃い目の味付けで庶民の味って感じ。たくさん食べちゃいました。
・・・このせいで後でつらい思いをすることになりますが。。。
要するにホテルの高級な薄味がボクらには合わないんですね。
IMG_5123k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO1600、F4.0、1/100、70mm)



ご飯を食べたらタクシーでホテルラディソンへ戻ります。
パペーテはタヒチで唯一の「町」だけあって、夜19:00すぎでも交通量は多いです。
運転マナーはすごく良くて、道路横断するときは必ず歩行者を待ってくれます。
以前に行ったホーチミンとはえらい違いです。
タクシーも定額制になっていて心配はいりませんでした。
IMG_5126k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F18.0、2秒、70mm)



パペーテの町並みは、フランス領だけあって、町並みもオシャレ?な感じです。
それなりに異国情緒を楽しめましたが、
ほとんどの店が閉店していたこともあって、活気を感じることは出来ませんでした。
活気という点では、ホーチミンの方が迫力ありましたね〜。

ホテルへ帰ると、あとは帰り支度をして帰国の途につくばかりです。
寂しい思いがつのってくる2人なのでした。。。
posted by 玉ケン at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

タヒチ旅行記「17.タヒチ島半日ツアー」

延々と続けておりますタヒチ旅行記も終盤にさしかかってまいりました。
今回は、最終日の「タヒチ島半日ツアー」です。

当初はツアー参加ではなくレンタカーで見て回るつもりで、
そのために国際免許まで持っていったのですが、
結局どたん場でボクがおじけづいてしまい、ツアーに参加することになりました。

参加したのはSPTの半日ツアーで、橋本さんという日本人の方のガイド付です。
参加者は、ラディソンからはボクら以外にもう1組、
そしてシェラトンから1組の計3組6名のこじんまりでした。

タヒチ島は「ヌイ(大きい)」と「イチ(小さい)」の2つに分かれている感じなのですが、
ボクらは「ヌイ」を反時計まわりにグルッと回ります。
http://www.south-pacific-tours.com/tahiti/info/map01_l.htm
ボクらの泊まったラディソンは地図右上の「ビーナス岬」近くで、
ココをスタートして1周していきます。

最初に訪れたのは、メリディアンを過ぎた「アラフラフのマラエ」です。
「マラエ」というのは、ポリネシア古代宗教の祭祀殿跡だそうですが、
キリスト布教のときにつぶされまくって、今あるのはほとんどが復元だそうです。
.

(X2+EF24-105IS、ISO200、F8.0、1/100、105mm)



復元ではありますが、当時の雰囲気はかなり再現されているそうで、
今もお祭りは行われたりするそうです。
g916-0004.JPG

(G9、ISO80、F4.0、1/100)



次に訪れたのは「マラアの洞窟」です。
わりと最近までは洞窟の中に入ることができたそうですが、
落石危険という理由で遠くから眺めることしか出来なくなっていました。
IMG_4975k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/12、12mm)



次は、名前を忘れてしまった「何とかの庭園」みたいなところです。
南国らしい植物がたくさんありました。
g916-0005.JPG

(G9、ISO80、F5.6、1/40)



ボクら、というかエリーにとってはツアーで一番の楽しみの
「ゴーギャン博物館」に到着です。
IMG_5002k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/200、12mm)



学生時代「美術」の成績赤点ギリギリ、絵はサッパリのボクはベンチでお休みですが、
エリーはそれなりに楽しんでたみたいです。
ただ、展示されている絵はすべてレプリカです。
IMG_2258e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/16、24mm)



ゴーギャン博物館を出ると、ツアーも半分以上というところですが、
次は「ファアウルマイの滝」です。
IMG_2269e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/125、24mm)



滝に入っていく道で撮影したタヒチの人々。
IMG_2274e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/200、105mm)



人々はみんな明るくにこやかで、手を振ったり、微笑みかけてくれます。
IMG_2268e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/320、24mm)



滝のあとは「アラホホの潮吹き穴」に立ち寄り、
ビーナス岬近くの何とかの丘で夕陽見学してツアー終了です。
IMG_5054k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F11.0、1/100、150mm)



多分日本でも変わらないのでしょうが、気のせいかタヒチで見る夕陽は格別です。
IMG_2300e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO100、F8.0、1/100、45mm)



タヒチ島ツアーは「ま、こんなもんかな」というところ・・・。
滝とか洞窟とかは日本でも十分ですね。
ボクらは8・9枚目のように、タヒチ現地の人々の生活ぶりにもっと触れたかった・・・
というのが正直なところですが、
それにはツアーでなくてレンタカー回りでないとムリだったかもしれません。
あ、ただ、ガイドの橋本さんはハンパなく良い人でした!


そしてツアーが終わると、ボクらの今回の旅行も最終盤です。
パペーテの市街に少し立ち寄った後は帰り支度です。。。
posted by 玉ケン at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

タヒチ旅行記「16.タヒチ最終日〜ラディソンの青空」

8月14日にボラボラ島〜タヒチ島〜ホテルラディソンプラザと移動してきて、
移動疲れもあって眠りこけていたボクら2人ですが、
8月15日お昼前に目覚めると、素晴らしい青空が広がっていました。

部屋のベランダから撮ったホテル全景の様子。
IMG_4926k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/200、12mm)


タヒチ最終日となる今日は、午後からタヒチ島半日ツアーに参加します。
目覚めたのがお昼前でしたので、適当に着替えて、わりと急いで
ホテルレストランに朝昼兼用のランチを食べに行かねばなりません。
ただ、あまりにも見事な晴れでしたので、カメラ片手にレストランへ向かいました。

ボクらの泊まった棟のすぐ下で撮影しましたが、照りつける太陽が南国らしいです。
IMG_4940k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F13.0、1/320、12mm)



ホテルのプールでは、日本人も含めてゲストが楽しそうに泳いでいました。
IMG_4948k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F13.0、1/200、12mm)



プールサイドでは昨日と同様にゲストがくつろいでいるようです。
IMG_2210e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F8.0、1/1000、105mm)



ビーチ側からホテル全体を写した様子。
プールに映るヤシの木の影もハッキリ・クッキリです。
IMG_4951k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F13.0、1/125、12mm)



あまり時間はなかったのですが、ビーチにも降りてみました。
IMG_4955k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F13.0、1/320、13mm)



この日は土曜日でしたので、たくさんの人がいるのかな?と思ってましたが、
昨日の夕方よりも人出が少ないくらいだった気がします。
IMG_2201e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F8.0、1/1600、105mm)



ビーチから戻る際に撮った、ボクらの泊まった棟とは反対側の様子。
ラディソンでは、ボクらの側よりもコッチの方がハイグレードでした。
IMG_4958k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F13.0、1/200、12mm)



昼時のレストランの様子です。
どういうわけか、ラディソンでは日本人はほとんど見かけませんでした。
ちなみにランチは昨日のディナーよりは良かったです。
IMG_2215e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F8.0、1/250、24mm)



腹ごしらえを済ませたら、休む間もほとんどなく「タヒチ島ツアー」に出発です。
posted by 玉ケン at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「15.ラディソンプラザタヒチ」

8月15日の16:00くらいにボラボラ島を離れ、
エアタヒチのプロペラ機でタヒチ島へ戻りました。
タヒチ島に着いたのは17:00くらいでしたので、すぐにホテルへと向かいます。

タヒチ島での滞在ホテルは「ラディソンプラザタヒチ」というホテルです。
タヒチ島には他にもいくつかメジャーホテルあるのですが、
ラディソンは空港から一番遠いところにあります。
IMG_4856k5.JPG
(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/80、12mm)



ホテルボラボラとはうってかわってモダンな雰囲気です。
フロントもこんな感じで現代的?ですね。
IMG_4905k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO320、F5.6、1/6、24mm)



チェックインを済ませたら、さっさと部屋に入ります。
室内もホテルボラボラとは好対照です。
IMG_4850k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO200、F4.0、1/6、24mm)



部屋で荷物を置いて外に出てみると、もう夕暮れ時になっていました。
IMG_4859k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/100、12mm)



ホテルのメインプール脇では、ゲストたちがゆったり談笑しています。
心なしか年配の方が多いようです。
IMG_2164e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F5.0、1/4000、105mm)



プールの脇からビーチに降りる階段があります。
ホテルの目の前はブラックサンドのビーチになっています。
正直言って「日本と変わらない」という印象でしたが、夕日はどこで見てもキレイです。
IMG_4878k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/400、24mm)



波打ち際が輝いています。。。
IMG_2178e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F5.0、1/4000、67mm)



ビーチはホテルのプライベートではありませんので、
地元の子供たちがサーフィンのようなモノで遊んでいました。
IMG_2185e2.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/4000、80mm)



ビーチから戻っても、プール脇でのゲストの談笑は相変わらず続いていました。
ゆったり時間が流れている感じですね〜。
IMG_2190e2.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/4000、73mm)



ビーチでの散策を終えると、あっという間に日は暮れて、
ボクらもディナーの時間となりました。
レストランはこんな感じ。
IMG_4902k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO320、F5.6、1/3、24mm)



ハッキリ言って、ラディソン内レストランのディナーは、ホテルボラボラ以上に、
ボクらには合わなかったようです。。。
日本語メニューで「フォアグラのロースト」と書いてあるのを頼んだら、
「テリーヌ」が出てくるのは反則ですよね〜。
でもライトアップされたレストラン&プールはキレイでした。
IMG_4922k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO1600、F4.0、1/6、24mm)



この日はこれ以上やることもなく、部屋に戻ってさっさと眠ってしまうのでした。
posted by 玉ケン at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

タヒチ旅行記「14.サヨナラ!ボラボラ島」

ボラボラ島出発の8/15も午前中はシュノーケリングをギリギリまで楽しみましたが、
昼くらいにはチェックアウトしなければなりません。
このキレイな海ともお別れです。。。
IMG_4702k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F8.0、1/500、105mm)



シュノーケリング後に、テラスで海を眺めていたところ・・・
ウミガメくん発見です!
画像は相当拡大して、ようやくわかるかどうかのレベルですが。。。
最後のお見送りに来てくれたみたいです(笑)
IMG_4694k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F8.0、1/400、105mm)



ホテルボラボラは「チェックイン14:00 チェックアウト12:00」です。
まずはロビーで精算を済ませます。
IMG_4729k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F5.6、1/6、24mm)



ロビーからマティラ側におりるスロープを撮影。
IMG_4733k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F5.6、1/250、24mm)



ただ、ボクらの乗る飛行機は16:00くらいにボラボラ出発ですので、
昼に126号室を出たあとは、数時間困ってしまいます。
「どうしようかな〜」と思ってましたが、ホテルボラボラでは、
デイユースという形でバンガローを貸してくれました。

水上バンガローからデイユースのバンガローに荷物を運んでくれている様子。
IMG_4705k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F8.0、1/320、24mm)



デイユースのバンガロー入口。
IMG_4706k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F8.0、1/60、24mm)



こっちのバンガローには天蓋はありませんが、部屋自体はやっぱりカッコ良いですね。
IMG_4718k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F4.0、1/8、24mm)



デイユースさせてくれたおかげでゆったり出発できましたが、
いよいよホテル出発の時間です。
来たときとは逆に、ボートでボラボラ空港へ向かいます。
最後にはドックでお見送りです。
IMG_4781k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F11.0、1/160、127mm)



ボクらの滞在した126号室には次のゲストがもう入っていて、
ちょうどボクらにバイバイしてくれました。
IMG_4787k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F11.0、1/125、200mm)


サヨナラ!ホテルボラボラ!そしてボラボラ島!
いつかまた!
IMG_4792k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F11.0、1/250、70mm)


そしてボクら2人はエアタヒチでタヒチ島へと戻ったのでした。
posted by 玉ケン at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

タヒチ旅行記「13.シュノーケリング2」

8月14日に人生初のシュノーケリングをやってみて「メチャ楽しい」とわかったボクらは、
ボラボラ出発の15日も朝8:00くらいに起きて、再びシュノーケリングを楽しみました。

朝起きて、朝飯食って、部屋で水着を着たらすぐにテラスからザブーン!
はラクチンで最高に幸せです!

2回目となる今回は、前日よりもリラックスして出来たので、
写真も思う存分撮ることができました。
(すべてG9+防水ケースで撮影)

撮ったのはこんな感じ。。。

g9-0071.JPG


g9-0081.JPG


g9-0092.JPG


g9-0089.JPG


g9-0093.JPG



正直のところシュノーケリング&水中撮影がこんなに楽しいとは思っていませんでした。
もともと魚好きのボクらなので当たり前といえば当たり前だったのですが、
何事も実体験してみないと・・・ですね。

こんな楽しいシュノーケリングを、
いつでも好きなときに、テラスから気軽に出来るのは最高に良いです。


上記画像含めた、その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

タヒチ旅行記「12.ディナー&バンガロー室内」

8月14日の夕暮れを堪能した後は、ホテルレストランでディナーです。
ホテルボラボラのレストランは口コミで良い評判多く、少し楽しみです。
(レストラン内はすべてG9で撮影)

レストランの様子
g914-0001.JPG



ボクのたのんだロブスターのグリル
g914-0002.JPG


エリーのたのんだギンダラの何とかかんとか・・・
むずかしい名前ついてましたが、こりゃあ銀ダラの煮付けですな。
g914-0003.JPG

他にも数品たのみましたが、、、
ボクらの口にはあんまり合わなかったみたいで、
まあ、まずくはないけど。。。くらいでした。


腹もふくれたところで、今日1日も終わりです。
ココでボクらの泊まった水上バンガロー126号室の室内を紹介します。
(すべて5D、レンズは12-24or24-105ISで撮影)

夜の室内はこんな感じ。照明を全部つけてもかなり暗いです。
IMG_4195k5.JPG



バスルームの中から部屋を撮影。
IMG_4638k5.JPG



これだけは8月13日撮影したやつですが、
到着したときはベッドにパレオでデコレートしてくれてました。
ベッドはキングサイズで、ボクら2人には大きすぎるくらいです。
IMG_3710k5.JPG



あこがれ?の天蓋付きベッド。
外して広げてみようかと思いましたが、面倒くさそうなのでやめました。
これって本来は「蚊帳」ですよね?
IMG_4631k5.JPG



バスルームです。浴槽はいわゆる「猫足」タイプです。
IMG_4633k5.JPG


部屋は、決してバカ広いわけではなく、またピカピカのNEWというわけでもないですが、
装飾品なんかも凝っていて、良い感じでした。


明日はもうボラボラ出発なわけですが、
「朝早く起きてシュノーケリングしよう!」と誓って眠りについたのでした。
posted by 玉ケン at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「11.8月14日夕暮れのホテルボラボラ」

8月14日は昼過ぎからシュノーケリングでしたが、
あまりの楽しさに時間がたつのも忘れるほどでした。

気がつくとすでに日が傾いてきていて、
ざっとシャワーを浴びてからホテル内サンセット撮影に出かけました。

もう夕暮れ時になりつつありますが、ビーチでは何人かのゲストがゆったりしています。
IMG_4502k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F8.0、1/100、189mm)



ビーチを白人の女の子2人が楽しそうに歩いています。
IMG_1995e3.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO100、F9.0、1/250、97mm)



バンガロー桟橋から対岸のビーチをパチリ!
IMG_4521k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F8.0、1/250、180mm)



メインビーチの方まで来ると、見事な夕焼け空になっていました。
IMG_4540k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/250、24mm)



こんなに見事に光芒が出ている夕陽はそうそうお目にかかれませんね!
IMG_4542k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/160、12mm)



夕焼けが赤く染まる理屈を昔習ったことがありますが
空がこんな風にクッキリ2色になるのはどうしてなんでしょうね〜。
ホントに素晴らしい夕陽です!
IMG_2064e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F8.0、1/1600、105mm)



メインビーチでのサンセットを存分に楽しんで、部屋へと戻ってきました。
部屋のテラスからお隣の124号室を撮ったものです。
IMG_4601k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO200、F8.0、1/3、24mm)



今日の夕焼けも終わろうとしています。
いつ・どこにいても、美しい夕焼けは一瞬で終わってしまいます。
IMG_4604k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO200、F8.0、1秒、12mm)



すっかり日も暮れて、お月様がハッキリ出てきました。
今日はこれからホテル内レストランでディナーです!
IMG_2091e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F8.0、1/60、40mm)



posted by 玉ケン at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「10.初シュノーケリング」

午前中にホテルボラボラ〜マティラ岬〜ホテルとのんびりお散歩してきましたが、
午後はいよいよ初シュノーケリングに挑戦です。

水上バンガローには海へ降りていく階段がついていて、
すぐにシュノーケリングすることが出来ます。
IMG_4230k5.JPG



バンガローのテラスの上から眺めるだけでも、これだけの魚が見えています。
潜って見たら、どれくらいいるんでしょう、楽しみですね〜。
IMG_4221k5.JPG


ビーチ側の浅瀬で少しだけ練習した後、
この日のために買った、G9+防水ケースを手首にしっかり巻きつけて、
ボクらのバンガロー前に飛びこんでみました。

水中からバンガローを見ると、こんな感じ。
g9-0021.JPG



バンガローのすぐ下には、こんなにたくさんの魚が群れていました。
g9-0024.JPG



フランスパンを手に持つと、すぐに寄ってきてパクパク食べます。
g9-0002.JPG



ちと多いですが、
ぜひ、その他画像もmore...からごらんくださいませ。

more...
posted by 玉ケン at 07:02| Comment(2) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

タヒチ旅行記「9.マティラ岬へお散歩」

ホテルボラボラの敷地を出て、ボラボラ本島南端部にある「マティラ岬」へ向かいます。
ホテルから岬まではフツーに歩いていくと30分程度でしょうか。

ただ我々2人は周りの風景観察+撮影しながらノンビリ進んでいきます。
この写真のあたりは、まだホテルボラボラの敷地内だと思いますが、
ビーチに境界線が引いてあるわけでもなく、よくわかりません。。。
IMG_4349k5t.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F11.0、1/320、24mm)



そこかしこにハイビスカスの花が咲いています。
タヒチでは「ティアレ」という白い花が花の代表格らしいですが、
右耳の上に花をかざるのは「お相手募集中」の意味で、
既婚者がやってるとおかしなことらしいです。
IMG_1902et.JPG

(X2+TOKINA10-17FISHEYE、ISO200、F8.0、1/800、17mm)


マティラビーチの小屋みたいなところで撮影したやつです。
バックの空と海がキレイで女性のシルエットも引き立ちます。
IMG_1921et.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F8.0、1/800、65mm)


マティラ岬のほぼ端っこまでやってきました。
ココには「インターコンチネンタル・モアナ」があります。
オテマヌ山をバックの水上バンガローですが、まわりにもたくさんバンガローがあり、
ホテルボラボラよりもはるかに多い数でした。
ちなみにココが片道ゴール地点で、ココからホテルまで引き返していきます。
(この道中でエリーがFISHEYEのレンズキャップをなくしました。海に少し入ったりしてはしゃいでいて落としたようです。よりにもよって、特殊形状のキャップを・・・
トホホです。。。)
IMG_4399k5t.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F11.0、1/320、24mm)



帰り道で撮影したマティラビーチです。わりと多くの人でにぎわってました。
日本でビーチなんかとても撮影できませんが、ボラボラではOKですね。
IMG_4425k5t.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F8.0、1/500、200mm)



そしてホテルボラボラに帰還しました。
たしかコレはアクティビティデスクの近くで撮影したやつです。
マティラ岬の海もキレイでしたが、
こっちの方がキレイに見えるのは完全に「あばたもエクボ」ですね!
IMG_1969et.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F4.0、1/3200、24mm)



ちと多いですが、ボラボラ島の「楽園」ぶりが少しは伝わる画像をのせてますので、
ぜひ、その他画像もmore...からごらんくださいませ。


more...
posted by 玉ケン at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「8.8月14日AMのホテルボラボラ」

生まれてはじめての長時間フライトも経験して、さすがにお疲れモードだったようで、
夜のホテルを少しブラブラして部屋に戻ってから、
明日晴れることを祈りながらすぐに眠ってしまいました。

朝おそらく8:30ごろ自然と目を覚ましてテラスに出てみると、
ピーカンの青空が広がっています!
IMG_1830et.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F8.0、1/250、24mm)



さっそくエリーを起こして、テラスのソファで目覚めのゴロゴロ&朝食です。
朝食は日本から持参した「カップヌードル(ノーマル&シーフード)」です。
カップヌードル持参はマナー違反な気もして最後まで迷いましたが、
背に腹はかえられません。
(ホテルボラボラでアメリカンブレックファーストたのむと、1人5000円くらいです!)
それはともかくテラスで味わうカップヌードルの味は格別です(笑)

腹ごしらえもすんで、今日の午前中は「ホテルボラボラ〜マティラ岬」までお散歩です。
126号室を出てすぐの桟橋の下を撮影しましたが、
昨日の夕方感じた以上に水がキレイです。
IMG_1839et.JPG

(X2+TOKINA10-17FISHEYE、ISO200、F4.5、1/1250、17mm)



ドックのそばまで来て、オテマヌ山と旧プレミアムバンガローを写します。
お隣さんの128号室の外人カップルもテラスでのんびりしているようです。
オテマヌ山の姿とバンガローのこの構図がやっぱり良いですね〜。
IMG_4300k5t.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F11.0、1/80、85mm)



ドックから写した水上バンガロー110号室あたりです。
ボラみたいな魚が群れているのが見えます。
魚の数はボクらが泊まった旧プレミアム側なんでしょうが、
海の色、特にエメラルド色ではマティラ側のこっちの方が良いです。
IMG_4295k5t.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F11.0、1/250、24mm)



メインビーチではすでに何人かのゲストがくつろいでいました。
こんな海を目の前でノンビリ・・・は最高の贅沢かも???
IMG_4328k5t.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO100、F11.0、1/400、50mm)



ファレポテを魚眼レンズで。。。
左端でふんばっているのはボクでございます(笑)
IMG_1878et.JPG

(X2+TOKINA10-17FISHEYE、ISO200、F8.0、1/1000、10mm)



ちと多いですが、ボラボラ島の「楽園」ぶりが少しは伝わる画像をのせてますので、
ぜひ、その他画像もmore...からごらんくださいませ。

more...
posted by 玉ケン at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

タヒチ旅行記「7.8月13日夜のホテルボラボラ」

ディナー&ダンスショーも終わって、あとは寝るだけ・・・なのですが、
大変美しい星空と、ホテルボラボラのライトアップ(といっても微光ですが)
を撮影しようと、もう少しだけ頑張ってみました。
Canonデジイチで高感度最強の5DやISレンズをもってしても、
実際はほとんど真っ暗に近い状態での手持ち撮影はさすがにハードでした。

まずは部屋に戻って上段のテラスからドック方面を長秒露光したもの。
星空とライトアップされた海面が大変美しいです。
IMG_4171k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO400、F4.0、13秒、24mm)



同じく部屋のテラスからですが、1段下がった海面近くの方から。
IMG_4175k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO1600、F4.0、30秒、28mm)



エリーが何とか頑張って撮りましたが、さすがにブレは隠せないので、
ソフト加工してみました(笑)
IMG_1794e.JPG

(X2+EF50-1.4、ISO1600、F1.4、1/2、50mm)



桟橋の途中からドック側を手持ち撮影。
IMG_4069k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO3200、F4.0、1.3秒、24mm)



またまたお約束の旧プレミアムバンガローを桟橋反対側から手持ち撮影。
IMG_4071k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO3200、F4.0、1/2、24mm)



月夜がキレイなので、ヤシの木と一緒に撮ってみました。
IMG_4080k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO3200、F4.0、1.3秒、24mm)



夜のホテルボラボラのドックには、マンタがやってくるというのが有名だそうで、
ボクら以外にも見物客が数人ドックに来ていました。
IMG_1812e.JPG

(X2+EF50-1.4、ISO1600、F1.4、1/80、50mm)



いました、いました!マンタくんです。
何度も目の前で体をひるがえして、まるで踊っているようです。
自然のマンタがこうやってやって来るなんて、ホントすごいところだなあと感心です。
IMG_4157k5.JPG

(5D+EF24-105IS、ISO1600、F4.0、1/30、24mm)



期待していたとおりにキレイな夜景とマンタとを見れて満足して眠ることが出来ます。
日本を出て相当な長旅でしたが、明日が良い天気になることを祈りながら、
ようやくzzz。。。です。
posted by 玉ケン at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「6.ポリネシアンダンスショー」

ホテルボラボラ到着してすぐに夕焼け撮影をして満足でしたが、
その後はディナー&ダンスショーへと向かいました。

ディナーはビュッフェ形式で、ロブスターなどが食べ放題でした。
外人のゲストがたくさん集まっているのを見ると「海外に来たんだなあ」と実感します。
IMG_3790k5.JPG

(5D+EF85-1.8、ISO1600、F2.0、1/50、85mm)



ダンスショーの踊り子さんたちですが、ちと太めの人が多いかな???
IMG_3885k5.JPG

(5D+EF85-1.8、ISO1600、F1.8、1/30、85mm)



ショーの締めをかざる「ファイヤーダンス」はカッコよかったです!
IMG_4049k5.JPG

(5D+EF85-1.8、ISO1600、F22.0、1/10、85mm)

(以上ボク撮影)


日本人の兄妹の2人も真剣に見入っています。
IMG_1713eh.JPG

(X2+EF50-1.4、ISO1600、F1.4、1/50、50mm)



飾られたフラワーをバックに踊ります。
IMG_1731eh.JPG

(X2+EF50-1.4、ISO1600、F4.0、1/25、50mm)



ファイヤーダンスのメインダンサーのお兄さんです。
IMG_1772eh.JPG

(X2+EF50-1.4、ISO800、F1.4、1/500、50mm)

(以上エリー撮影)


その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「5.8月13日夕暮れのホテルボラボラ」

ホテルボラボラのドックでお出迎えを受けた後は、
日本人スタッフのマミさんが早速部屋へと案内してくれます。
水上バンガローなのは間違いないのですが、
予約時に「旧プレミアム水上」希望とのリクエストをしてみたのですが、
どうなったのか少しドキドキです。

ホテルボラボラの水上バンガローは、大きく言うと2ヶ所に分かれていて、
マティラ側は海の色がキレイ、ヴァイタペ側の旧プレミアムは魚が多い、
というメリットがあるそうなのです。
ボクらは「お魚を手近にたくさん見たい」思いが強かったので、
ヴァイタペ側の旧プレミアムをリクエストしていたのですが、
希望通りに見事「126号」を手配してもらえました。ありがとうございます!
(ホテルボラボラのMapです)
http://home.att.ne.jp/red/bora/hoteboramap.jpg

126号室に入ってから、マミさんに色々と説明を受けたのですが、
ちょうどそのとき部屋のテラスの目の前でウミガメちゃんが悠々と泳いでいました。
説明を受けながらだったので残念ながら写真は撮れませんでしたが、
のっけから「こりゃあすげえじゃん!」と大喜びでした。

説明が終わってイップクしたら、早速夕焼け撮影にGO!です。
朝はお天気イマイチだったそうですが、ボクらの到着に合わせてくれたかのように、
見事なサンセットを撮影することができました。

水上への桟橋の少し横から、ドック〜120番あたりをねらって撮影。
IMG_3717k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO400、F11.0、1/400、24mm)



メインビーチのポファイビーチで撮影。1組だけゲストがいました。
IMG_3733k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO400、F11.0、1/60、12mm)



126号室に戻ってテラスから撮影。
IMG_3746k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO200、F5.6、1/15、13mm)

(以上ボク撮影)


桟橋渡ってポバイビーチから撮影。
IMG_1620e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F4.5、1/1250、50mm)


多分メインビーチから撮影。
夕陽の光芒がすさまじいところに、絵になるカヌーが通りがかってくれました。
IMG_1632e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F4.5、1/2000、105mm)


部屋に戻る間際に部屋の前から対岸のポバイビーチ側を撮影。
お月さんがキレイに浮かんでいました。
IMG_1651e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.5、1/15、24mm)

(以上エリー撮影)


その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 07:55| Comment(2) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

タヒチ旅行記「4.ホテルボラボラへ」

ボラボラ空港到着後は、空港内にある各ホテルのカウンターで名前を告げると、
係員が荷物を持って送迎用ボートへと案内してくれます。
空港はボラボラ本島にはなく、北側のモツ(小島)にあるので、
空港のドックには各ホテルの送迎用ボートが待機しています。
IMG_3640k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/100、12mm)



ボートでの道中に出会った「ポールゴーギャン号」です。
ゆったりとタヒチ本島・ボラボラ島・ポリネシア各島をまわるそうです。
IMG_3689k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F8.0、1/400、12mm)



ボートから見た「オテマヌ山」です。若干夕陽を浴びています。
IMG_3690k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F8.0、1/160、24mm)



ホテルボラボラのドックが見えてきました。
ドックには数名のホテルの方々がお迎えに来てくれています。
ドックに降り立ってすぐに、何とかマネージャーの何とかさんと、
日本人スタッフのマミさんから、ウェルカムドリンクのシャンパンを頂きます。
水上バンガローほかの姿も、またまたHP写真で見たとおりで感激です!
IMG_3696k5.JPG
(5D+SIGMA12-24、ISO100、F8.0、1/200、24mm)



ホテルボラボラのドック玄関です。
ドック側ではないロビー側が正面玄関なのでしょうが、
おそらくほとんどのゲストにとってはココが玄関ですね。
IMG_3697k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F8.0、1/160、24mm)


ようやくたどりついた安心感と各HPで見たまんまのホテルボラボラとに
超興奮状態でございました。


その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「3.ボラボラ空港へ」

パペーテ−ファアア国際空港到着時点で、すでにワクワク状態ではありますが、
実際はファアアからボラボラへは、国内便で乗り継いで行くことになります。
ファアアの到着ロビーを出てすぐに、SPTという現地代理店から色々と説明を受け、
その後に国内線のチェックインへと続きます。
ボクらの乗る便は「エアタヒチ航空VT411便」で、
途中ライアテア島を経由してボラボラ島へと向かいます。
IMG_3622k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F5.6、1/4、24mm)



本当は14:30くらいに出発予定でしたが、結局1時間おくれの15:30出発になりました。
12時前にファアア空港に着いてから、3時間以上待たされちゃいましたが、
タヒチでは結構よくあることのようなので仕方ありません。。。
乗る飛行機は左奥に見える小さめのプロペラ機でございます。
IMG_3625k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO400、F11.0、1/1250、24mm)



離陸して30分くらいで「ライアテア島」到着、わりとすぐに再出発、
そこからは10分くらいで、ようやく「ボラボラ島」のお姿拝見することが出来ました。
いやあ、各HPで見たまんまの美しさです!
IMG_1574e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F4.0、1/3200、24mm)



これはボラボラ島のシンボルともいうべき「オテマヌ山」です。
IMG_1578e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F4.0、1/2500、24mm)



そしてボラボラ空港へ到着!
成田出発してから約18時間かけてたどりついたわけですが、
そんなことを感じさせないくらい、みんな足取り軽いですね〜。
IMG_3636k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F5.6、1/500、70mm)


さて、ボラボラ島ではどんな世界が我々を待っているのでしょう?


その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。


more...
posted by 玉ケン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「2.パペーテ到着」

関空から約12時間の長時間フライトを経て、ようやくタヒチに到着です。
ちなみに「タヒチ」というのは正確にはタヒチ島のみの名前で、
その他の島々も含めて「フランス領ポリネシア」の「〜島」というのが正しいそうです。

それはさておき、ボクにとっては大きなプレッシャーだった「12時間禁煙」も、
意外と何とかなって、ポリネシアの島々が見えてきました。
下の写真は、おそらくですが、ハート型で有名な「ツパイ島」です。
IMG_1522e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F4.0、1/4000、28mm)



次のは、タヒチ島からすぐのところにある「モーレア島」です。
ここも高級ホテルが立ち並ぶ有名リゾート地で、環礁とラグーンがとてもキレイです。
色々なHPで見たまんまの色をしていて、すでに少し興奮状態です。
IMG_1527e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO200、F6.3、1/1000、24mm)



タヒチ島のファアア国際空港に降り立ちました。
天気は少し心配でしたが、抜けるような青空で一安心です。
どこかのHPにも書いてありましたが、「ファアア」って気合が抜ける名前ですね〜。
IMG_3600k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/200、12mm)



ファアア国際空港の到着口です。
12時間の長旅後の行列で、みんなお疲れ気味ではあります。
IMG_3610k5.JPG
(5D+SIGMA12-24、ISO100、F11.0、1/100、12mm)



女性からティアレの花をもらって到着口に入ると、タヒチアンミュージックでのお出迎えです。
いよいよタヒチに来たのだなあ〜と胸が高鳴ります!
IMG_3613k5.JPG

(5D+SIGMA12-24、ISO100、F5.6、1/20、19mm)



posted by 玉ケン at 16:00| Comment(3) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヒチ旅行記「1.成田〜関空」

8/13に出発したタヒチ旅行から無事戻ってまいりました。
飛行機で約12時間という、とても遠い場所でしたが、
それだけの苦労をしてでも行く価値がある!大変素晴らしいところでございました。

撮ってきた写真は、夫婦あわせて52GB以上という大量なもので、
まだまだ整理→RAW現像も片付いていませんが、
しばらくの間このブログは「タヒチ旅行記」を続けてまいります。
写真アップその他の方法も少しだけ従来から変更していきます。

まずは、「1.成田〜関空」の画像ほかです。

我々2人の乗る便はエアタヒチヌイのTN87便で、
8/13の15:55に成田発後、関空を経由し、
同じ日付の8/13の11:30くらいにタヒチ−パペーテ着というフライトスケジュールです。
生まれてはじめて日付変更線をまたぐので、時間がよくわからなくなってしまいますが、
日本とタヒチは時差19時間、たぶんハワイあたりとほぼ同じです
結局のところ、関空〜パペーテの飛行時間は約12時間となります。
なにしろボクにとっては12時間の禁煙が地獄のようで大プレッシャーです。。。
IMG_3576k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F4.0、1/32、200mm)



成田搭乗口で撮った、ボクらの乗るエアタヒチヌイのエアバス「ランギロア号」です。
エアタヒチヌイの飛行機には「○○○号」というように、タヒチの島の名前がついています。
IMG_3584k5.JPG

(5D+EF70-200-4IS、ISO100、F10.0、1/125、70mm)



成田〜関空フライトの途中で撮った写真です。
いつ見ても、飛行機からの雲上の世界はキレイです。
IMG_1498e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/4000、28mm)



はじめて見た関空です。成田・羽田よりも新しくてカッコ良い感じですね〜。
IMG_1500e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/1600、32mm)



成田からの搭乗客もいったん全員降ろされてしまいます。
そして30分後くらい?に再搭乗して、いよいよタヒチ−パペーテへと出発です。
IMG_1502e.JPG

(X2+EF24-105IS、ISO400、F4.0、1/250、24mm)




その他の画像をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。

more...
posted by 玉ケン at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

明日からタヒチへ行ってきます!

明日8/13から6日間の旅程でタヒチへ行ってきます!

きわめて分不相応な感は出発前日の今日になってもぬぐえませんが、
行くと決まったからには楽しまなきゃ!です。

そもそもなぜタヒチになったのか?を少しお話させてもらおうと思います。

6月くらいに「今年の夏休みどこいくべか〜」からはじまって、
エリーの「来年は行けなそうだから今年は海外行っちゃおう!」となり、
当初は「ニューカレドニアがいいんじゃない?」ということで、
予約段階まで一気に進んでおりました。
当初段階でもタヒチも候補だったのですが、「高すぎ!」でニューカレドニアにおさまっていたのです。

ところが予約してから調べてみると、
8月のカレドニアは泳ぐには寒い!ということが判明、
いくらなんでも南の島ビーチリゾートで泳げないんじゃあ・・・と、
急きょキャンセルして新たな目的地探しとなりました。

「やっぱりハワイでいいんじゃない?」「ハワイならグアム・サイパンでも・・・」
「モルジブやフィジーも良さそう。。。」「いやまるっきり方向転換でカナダとか???」
と夫婦間で紛糾しましたが、
「やっぱり水上バンガローに泊まってみたい!」の初志貫徹で、
「もう高くてもいいからタヒチ!」と相成りました。

タヒチと決まってからは、日程は全6日間、ボラボラ島に2泊、タヒチ島に2泊、
というのはすんなり決まりました。
そして、あわててネットでさがしまくったところ、どこもいっぱいで入れません。。。
ただ1つ空いていたのが、
ボラボラ島:「ボラボララグーンリゾート」
http://www.boraboralagoon.com/web/obor/obor_a1a_splash.jsp
タヒチ島:「ラディソンタヒチ」
http://www.radisson.com/aruefrp
というプランで、即決で予約を入れて「何とか間に合った」と安心してました。

ところがその数日後、旅行会社から「現地手配会社のミスで予約取れなくなった」との連絡、
「このままではすまないので、別ホテルを何とかする」とのこと、
そして、この時点で決まりかけていたのが、
ボラボラ島:「ボラボラ・ヌイ・リゾート&スパ」
http://www.boraboranui.com/
タヒチ島:「シェラトンホテル・タヒチ」
http://www.sheratontahiti.com/
で、担当者いわく「これならまず大丈夫と思う」とのことでした。

しかしながら、結局翌日には「やっぱり予約入りませんでした。。。」との連絡、
ボクら2人とも「もうタヒチは無理だね」とあきらめていたのですが、担当者さんは「絶対に何とかします!このままでは申し訳ない!」とのこと。
「まあ無理だろう」と思っていたら、
「予約取れました!」との連絡!
「現地の手配会社を通さず、ホテルに直接交渉したら予約できました」
とのことらしいです。
担当者さんは本当によく頑張ってくれました。

で、結局ボクらが明日から行くのは、
ボラボラ島:「ホテルボラボラ・アマンリゾート」
http://www.amanresorts.com/hotelborabora/home.aspx
タヒチ島:「ラディソン・タヒチ」(前出)
でございます。

紆余曲折を経て、結局は当初の当初段階で「こんな高いの無理だね〜」と言っていた、
アマングループのホテルボラボラに泊まれることになっちゃったのです。

はっきり言って、分不相応この上なしです。
ホテルボラボラという名前までは知りませんでしたが、
アマンといえば、以前にバリに行ったときも「アマンダリ」「アマヌサ」とか、
「こりゃあ一生縁がない」と思っていたくらいです。
まさかそんなところに自分たちが行くことになるとはビックリです。

ボラボラ島のホテルはほとんどがSLグレードで
http://www.jtb.co.jp/med/hotel/oce.html#tahiti
まあ、どれも素晴らしそうなわけですが、
そんな中でもホテルボラボラは老舗中の老舗で、
http://home.att.ne.jp/red/bora/hotelinfo/rating2005-sougou.html
を見ても、やはりホテルボラボラ・・・みたいなところらしいです。

ホントに明日からこんなところに行くんかしら?と、まだ実感わかないのですが、
最高級の南の島リゾートを楽しんでまいります!

三好和義さんの「楽園」とまでは当然いきませんが、
ボク:5D+SIGMA12-24、EF24-105IS、EF70-200-4IS、EF85-1.8
エリー:X2+TOKINA10-17、EF24-105IS、EFS55-250IS、EF50-1.4
水中撮影:G9+防水ケース
というラインアップで、写真もバンバン撮ってきたいと思います!

それでは約1週間さようなら〜です!

posted by 玉ケン at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ〜ボラボラ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。