2011年11月13日

月の渚−8(朝食&感想)

「月の渚」シリーズは今回がラストでございます。
ラストの今回は、朝食の様子とボクの超個人的感想でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8541k5d.JPG

朝食も夕食と同じ個室食事処で頂きます。
ちなみに部屋も同じでございました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8542k5d.JPG

朝食の献立。
夕食と比べれば常識的なボリュームっぽいですね。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0343e.JPG

ご飯と小鉢各種。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0344e.JPG

何だったか忘れちゃいましたが、何かのジュースです。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0346e.JPG

豆腐は鍋に入っているのをその場で作るタイプ。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0347e.JPG

あさりの味噌汁ほか。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0348e.JPG

焼魚はかますの干物でした。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0349e.JPG

食後のデザート。


献立を見て感じた通り、
朝食はごくごくフツーな料理&ボリュームでした。



以下はボクおよびエリーの超個人的感想でございます・・・


まず良い部分なのですが、、、

写真には残せないサービス面には良いところがありました。
女将さん&従業員の方々は一生懸命もてなそうとする姿勢が伝わります。
また、帰りにはお土産で鉢植えをもらいました。
訪問から半年たった今でも、その鉢植えは元気に育っています。

夕食のボリュームは相当なモンですので、
ボク含め、大食漢の人には良いことでしょう。

ただ、、、

その食事も「質」の部分では若干不満が残る内容でしたし、
何と言っても「部屋風呂」がきびしいものがありました。
風呂以外でも部屋の各所には???な部分がありましたし、
全体的に「高級感」を感じることは難しかったですね。

伊良湖自体もさほど魅力ある観光地ではなかったので、
このお値段ではちょっとなあ〜〜〜
というのが正直なところでした。。。



「月の渚」シリーズおしまい。。。

ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

月の渚−7(夕食)

「月の渚」シリーズ−7は、ボクらの頂いた夕食のご紹介です。

何しろ半年前の訪問ですので、
季節外れのメニューが並んでいるかもしれませんが、お許し下さいませ。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8539k5d.JPG

こちらはレストラン「白砂」で、
http://tamaken.seesaa.net/article/233903117.html
でも書きましたが、レストランとして使用されてるのは見ませんでした。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8538k5d.JPG

1枚目のレストラン「白砂」の奥に個室食事処があります。
宿泊者はみんなこっちで食事を頂いていました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8537k5d.JPG

この日の献立。
5月のメニューであることをご了承下さいませ。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0325e.JPG

先付と前菜。
フツーに美味しゅう頂きました。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0327e.JPG

お吸物は新じゃが芋のスープ。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0329e.JPG

お造りの伊勢海老と地魚の盛り合わせ。
手前に見えているのはカワハギの肝で、肝醤油を作って頂きます。
この写真だとわかりづらいですが、
大皿を1周するように、アイナメやカワハギなどなど、
た〜くさんのお造りでボリューム満点でした。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0332e.JPG

蓋物の豚の角煮入り茶碗蒸し。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0333e.JPG

焼き物のサワラと大あさり・・・
なんですが、ご覧の通り、撮影前に食べちゃいました(笑)


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0334e.JPG

揚物のゴマ豆腐の揚げ出し。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0336e.JPG

温物のビーフシチュー。


11枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0337e.JPG

煮物はメバルの煮つけでした。


12枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0339e.JPG

食事の筍ご飯と伊勢海老汁。


13枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0341e.JPG

最後のデザートはブランマンジェほか。



何しろハンパないボリュームで、エリーは半分強ぐらいしか食べれないほどでした。
品数がメチャクチャ多い上に、お造りなんかはすごい量でもあります。
ものすご〜く頑張ってくれてるなあ〜というのが伝わる夕食でしたが、
コレ!!!という品がなかったので、
何しろボリュームだけが印象に残ることになってしまいました。



月の渚−8に続く。。。
ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

月の渚−6(伊良湖岬散策)

「月の渚」シリーズ−6は、伊良湖岬を散策した際の写真集です。

前回の記事の通り、「月の渚」は全6室のスモール旅館ですので、
館内散策は一瞬で終わってしまい、
夕食までヒマだったので、伊良湖岬灯台まで散策したのでございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0310e.JPG

「月の渚」の敷地を出てすぐのところに、
「願いのかなう鍵」なるシロモノがあります。
http://www.taharakankou.gr.jp/rekisi_kanko/sizenmankitu/nature15.html
カップルご用達のシロモノのようですが、
我々夫婦にはもはや無関係のシロモノですね。。。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8511k5d.JPG

「月の渚」のスグ隣にある伊良湖岬の駐車場。
そこには、ご覧のような店が並んでいます。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0311e.JPG

いくつかある店の中から1店をチョイス。
水槽には色々な種類の貝が入っています。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0314e.JPG

その場で焼いて頂く焼きハマグリ。
こういう露店っぽいところで食べると美味しいんですよね〜。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8513k5d.JPG

伊良湖岬駐車場の端っこあたりから来た方向を眺めてみました。
まあ、「月の渚」から見える眺めと同じですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8515k5d.JPG

灯台の方へ向かって、5枚目よりも少し高台に上ったところ。
「恋路ケ浜」というネーミングは少々気恥ずかしくなります・・・。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8514k5d.JPG

「月の渚」の目の前は広く砂浜になっていますが、
灯台側に行くと、わりと荒磯っぽくなっていきます。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8528k5d.JPG

伊良湖岬の端っこに立つ灯台。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0318e.JPG

8枚目はボクが撮影してボクがRAW現像したもの。
こちらはエリーが撮影してエリーがRAW現像したもの。
しつこく2枚のせてみました。



月の渚−7に続く。。。

ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

月の渚−5(館内)

「月の渚」シリーズ−5は、館内のもろもろのご紹介です。

ただ、、、
「館内」とはいっても、「月の渚」は全6室の小規模旅館ですので、
パブリック的な場所はほとんどないんですよね。
なので、若干ムリヤリな記事アップです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8540k5d.JPG

こちらが「月の渚」の館内図。
これを見ると、大体どのくらいの規模かおわかり頂けると思います。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8509k5d.JPG

1枚目の館内図でいうと左端の方から見た建物外観。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8504k5d.JPG

宿入口にある「月の渚」の看板。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8543k5d.JPG

http://tamaken.seesaa.net/article/232215767.html
の記事でもアップした、玄関入ってすぐのフロント。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8495k5d.JPG

1枚目館内図の真ん中にあるレストラン「白砂」です。
ただ、食事は個室処で頂くので、全く使用されていませんでした。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0308e.JPG

同じくレストラン「白砂」でエリーが撮影した1枚。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8496k5d.JPG

レストラン「白砂」の正面からはオープンテラスに出ることが出来ます。
正面に見えるのは「恋路ケ浜」です。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8499k5d.JPG

7枚目のオープンテラスから建物を眺めたところ。
最上階の向かって左側がボクらの部屋「名残の月」です。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8510k5d.JPG

1枚目館内図の左端にある「あずまや」と「売店」です。
海水浴シーズンなんかは賑わうのかもしれません。



月の渚−6に続く。。。

posted by 玉ケン at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

月の渚−4(部屋−3)

「月の渚」シリーズ−4は、
前回・前々回に続いて、ボクらの泊まった部屋「名残の月」のご紹介です。
今回は部屋風呂を中心に紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8479k5d.JPG

決して大きくはない洗面から、先に進んだところが部屋風呂です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8484k5d.JPG

洗面も洗面スペースも小さかったですし、
主室もあまり広さを感じないつくりだったのですが、
部屋風呂の浴槽は間違いなくバツグンの広さです。
温泉ではなく単なるお湯なのが大変残念!


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8487k5d.JPG

風呂場に入って、向かって左側の窓です。
伊良湖岬の浜辺がよく見えます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8490k5d.JPG

3枚目の窓から身を乗り出して見ると、こんな感じ。
・・・と、ここまではまあよいのですが。。。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8482k5d.JPG

風呂場入って正面の窓はこちら。
ハイ、外には伊良湖岬の駐車場がデーンと広がっちゃってるのです。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8489k5d.JPG

5枚目の窓からバルコニーの外に出て下界を見ると・・・
バッチリ観光スポットの駐車場って感じなんです。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8492k5d.JPG

当然ながら、正面の窓はこのようにブラインド閉めっぱなし状態。
外の駐車場には夜遅くまで結構な人がいるので、
ほとんど開けることは出来ません。。。
これでは「露天」と呼ぶことは出来ないですよね〜〜〜。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8485k5d.JPG

ちなみに洗い場はグルリ回った奥の方にあります。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8475k5d.JPG

主室脇の窓から部屋風呂をのぞけたり、出入りしたり出来るのですが、、、
これってムリにつけたような感じで、必要性を感じませんでした。


というわけで、3回にわたって部屋の紹介を続けてきましたが、、、
どうしても注文が多くなってしまったのは、
TheEarth、志摩観光ベイスイートの後に
宿泊したせいもあるかもしれません。。。
・・・いや、そんなことはないかな???
どっちにしろ「ビミョー」という感想のお部屋でございました。




月の渚−5に続く。。。
ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

月の渚−3(部屋−2)

「月の渚」シリーズ−3は、
前回に続いて、ボクらの泊まった部屋「名残の月」のご紹介です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8466k5d.JPG

こちらが18畳の主室。
最上階の4Fなので、天井は高くつくられています。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8471k5d.JPG

ベッド脇から撮影した1枚。
スペース的に仕方ないのかもしれませんが、
TVはカプセルホテル級のミニサイズでした。。。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8472k5d.JPG

ベッド足元の方にはご覧のようなテーブルセット。
これがあるせいで、18畳の広さも台無しになってしまっている気が・・・。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8473k5d.JPG

1枚目写真奥の窓際から部屋方向を眺めたところ。
どうしても広い感じはしなかったですね〜。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8470k5d.JPG

壁際のサイドボード。
奥にはお絵かきセットなんかも置かれていました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8476k5d.JPG

主室のど真ん中あたりに、
洗面スペース〜部屋風呂へと続く入口があります。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8477k5d.JPG

6枚目の格子戸をあけたところ。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8480k5d.JPG

7枚目を先に進むと洗面スペース。
ご覧の通り、お世辞にも大きいとは言えないシングルシンク。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0302e.JPG

アメニティ類はこんな感じ。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8478k5d.JPG

冷蔵庫はどういうわけか洗面スペース内にあります。
数は多くありませんが、冷蔵庫内のもの全て無料は嬉しいですね。



月の渚−4(部屋−3)に続く。。。
ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

月の渚−2(部屋−1)

「月の渚」シリーズ−2は、
ボクらの泊まった部屋のご紹介でございます。

月の渚は大規模旅館ではもちろんなく、わずか6室の旅館です。
http://www.tsukino-nagisa.com/contents/room/
すべての部屋に月にちなんだ名前がつけられています。

ボクらが当初予約したのは2Fか3Fのどっかの部屋だったのですが、
宿からTELがあり、オーバーブッキングしてしまったとのこと。
最上階の「名残の月」を同料金で提供するので許してほしいとのことなので、
何の不満もなく変更してもらいました。

というわけで、、、
今日からはボクらの泊まった部屋「名残の月」を紹介してまいります。
http://www.tsukino-nagisa.com/contents/room/nagori/


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8455k5d.JPG

月の渚は2・3・4Fの各フロアに2室ずつで合計6室。
ボクらの泊まった「名残の月」は最上階の4Fにありますが、
同じ4Fにある、もう1つの部屋は「おぼろ月」という部屋でした。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8454k5d.JPG

エレベーター下りて左側がボクらの部屋「名残の月」の入口。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8457k5d.JPG

2枚目の戸を開けると、ご覧のような玄関に。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8459k5d.JPG

玄関から室内に入ったところ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8460k5d.JPG

玄関入ってすぐ左手のところがトイレ。
寝室からはちと遠いのが難点。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8461k5d.JPG

玄関入ってすぐ正面のところには4.5畳の和室。
主室(18畳)との広さの差が大きすぎて、
完全にオマケ部屋になってしまいますね。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8463k5d.JPG

上の4.5畳和室のバルコニー。
丘の上に建つホテルが見えます。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8468k5d.JPG

主室にはこんな加湿器がありましたが、、、
ココに限らないのですが、
部屋の広さと加湿器の能力が合っていない旅館が多いですよね。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8469k5d.JPG

部屋の鍵も半月を形どっていたりして頑張っている感が伝わります。




月の渚−3(部屋−2)に続く。。。

ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

月の渚−1(到着)

伊勢・志摩旅行の1泊目は「御宿TheEarth」、
2泊目は「志摩観光ホテル−ベイスイート」と宿泊してきて、
鳥羽港〜渥美半島まではフェリー、そして東京へ帰る途中で宿泊したのが、
渥美半島端っこの伊良湖というところにある宿「月の渚」です。
http://www.tsukino-nagisa.com/

前回、知多半島の「海のしょうげつ」に泊まったときもそうしたのですが、
名古屋よりも遠い場所から一気に帰ってくるのはつらいので、
途中の場所で一泊しながら帰ろう・・・というわけなのです。

今回「月の渚」をチョイスしたのは、
一休でのクチコミ評価が異様に高かったのが最大の理由でした。
そのわりに訪問した人のブログなんかはほとんど見つけられず、
どんな宿なのかミステリーなままの訪問でした。

今日からしばらくは「月の渚」を続けてまいりますが、
今回は到着時の様子をアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8501k5d.JPG

鳥羽港から伊勢湾フェリーで到着した渥美半島の伊良湖港。
その伊良湖港から本当にすぐのところに「月の渚」はあります。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8508k5d.JPG

建物は面白いデザインをしていて、
どーんと大きく「月の渚」の看板が掲げられています。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8503k5d.JPG

やたらと広い駐車場の脇の方に、
宿泊者専用の入口があります。
あとでわかったことですが、料理だけのお客もいるようです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8505k5d.JPG

3枚目の宿泊者専用入口をぬけて、
ご覧のような通路で宿玄関へと向かいます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8506k5d.JPG

こちらが宿の玄関。
食事処の玄関は別の場所にあったみたいです。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0323e.JPG

玄関入ってすぐのところに、こじんまりしたフロント。
チェックアウト時だけ利用します。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8493k5d.JPG

チェックインはこちらの場所で行います。
ロビーと言えるほどの広さではありません。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8453k5d.JPG

ウェルカムの抹茶と羊羹。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8494k5d.JPG

本棚には旅館関係の本がたくさん置いてありました。
女将さんは自分でも色々な旅館を泊まり歩くらしくて、
「TheEarth」に泊まってきたと言うと、
「あそこはいいらしいですねえ〜」とか、
「伊豆のアルカナイズは良かった」とか言ってました。




月の渚−2に続く。。。

ラベル:月の渚
posted by 玉ケン at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 月の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。