2011年10月23日

志摩〜渥美へ

志摩観光ホテル−クラシックのレストラン『ラメールクラシック』での
ランチを堪能した後は、基本的には東京への帰路につきます。

ただし、前回の知多半島「海のしょうげつ」に泊まった時と同様に、
志摩から東京へ直帰するのではなく、途中の宿で一泊しながら帰るプランです。

実際の動きとしては、
志摩観光ホテルチェックアウト〜志摩展望台〜鳥羽港〜渥美半島伊良湖
といった感じです。

今回は、その道中で撮影した写真をアップしてまいります。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8434k5d.JPG

志摩観光ホテルをチェックアウトして向かったのは展望台。
ホテルからはわりとすぐのところにあって、
展望台ギリギリまで車で行くことが出来ました。
これは展望台からの全景。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0292e.JPG

画面左上の方に志摩観光ホテルが見えますが、わかるでしょうか?


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8437k5d.JPG

展望台をサクッと終わらせた後は、フェリーに乗るため鳥羽港へ。
前日に訪れた鳥羽水族館の隣がフェリー乗り場です。
港に着いたら「出港までわずか」とのことで慌てて船に乗り込み、
出港してすぐの写真でございます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8438k5d.JPG

同じく出港してすぐの写真。
鳥羽水族館なんかが見えます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8440k5d.JPG

ミキモト真珠島の脇をぬけて外洋へ出ていきます。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8442k5d.JPG

外洋に出ると一気にスピードアップ。
鳥羽港よ、さようなら〜〜〜。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8446k5d.JPG

鳥羽港〜渥美半島伊良湖を結ぶ伊勢湾フェリーの船内。
フェリーに乗るのは伊良部島に渡った時以来かな?


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8449k5d.JPG

ボクらとは逆に、伊良湖〜鳥羽へ向かうフェリー。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8450k5d.JPG

船内では7枚目に写っている雑魚寝スペースでzzz。
ほどなく伊良湖港が見えてきました。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8451k5d.JPG

予想はしていましたが、
伊良湖港はお世辞にも「栄えている」とは言い難いですね〜。
本日はココ伊良湖にある宿に一泊の予定なのですが、
観光するような場所はあまりなさそうですね。。。


この後は、伊良湖にある宿「月の渚」に早々とチェックインしたのでございます。


posted by 玉ケン at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

鳥羽水族館−3

3回に分けてアップしてきた鳥羽水族館シリーズですが、
今回がラストでございます。

ラストの今回は、鳥羽水族館の目玉?の「ジュゴン」などの写真です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8180k5d.JPG

アザラシがどういうわけかず〜っと直立していました。
よく見ると、天井から落ちてくる水滴に当たるために直立していたのでした。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0179e.JPG

鳥羽水族館の目玉展示動物「ジュゴン」でございます。
この姿勢が一番滑稽で可愛く見えます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8182k5d.JPG

ジュゴンを展示しているのは日本ではココだけ・・・
みたいなことが書いてあったような記憶があります。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8183k5d.JPG

誰もが思っていることでしょうが、
どうしてジュゴンが「人魚」と思われたんでしょうね〜。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8188k5d.JPG

ジュゴン水槽にはどういうわけかアオウミガメも一緒でした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8194k5d.JPG

屋外で展示されているペンギンはご覧の通り暑さでグロッキー。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8195k5d.JPG

ペンギンの隣にはでっかいセイウチ。
接近してきたところをアップで撮影してみました。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8203k5d.JPG

目的はわかりませんが、奥〜手前を行ったり来たりを繰り返していました。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8205k5d.JPG

セイウチも面白かったのですが、もっと可愛かったのはこの女の子。
セイウチが接近するたびに満面の笑みで大騒ぎ。
何十回も繰り返される接近のたびに、毎回大騒ぎでした。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0182e.JPG

セイウチをラストに鳥羽水族館を退館。
少し腹へったので、水族館の隣のフェリー乗り場の蕎麦屋で昼ごはん。
写真は「伊勢えびそば」ですが、単純に伊勢えびのボイルをのせただけのモノ。
伊勢えびで出汁をとったりしているのかと思って注文したので期待ハズレでした。



鳥羽水族館は歴史が古いだけあって、なかなか広くて、展示種類も多かったです。
ただ、訪れたのがGWまっさかりでしたので、どこもかしこも人・人・人。。。
久しぶりの水族館で楽しかったのですが、人混みには少々参ってしまいました。

そして水族館を退館した後は、近辺をゆったり散歩しながら駐車場に戻り、
この日の宿『志摩観光ホテルベイスイート』へと向かったのでした。
タグ:鳥羽水族館
posted by 玉ケン at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

鳥羽水族館−1

前回に続いて、鳥羽水族館シリーズ−2でございます。

前回は入口入ってすぐのサンゴ礁大水槽の写真をアップしましたが、
今回は順路通りに進んでいって、屋上まで含めた色々をアップしてまいります。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8130k5d.JPG

サメとエイが混泳していた水槽にて。
ちょうどタイミングよく、マダラトビエイが翼?を広げた瞬間を撮影出来ました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8141k5d.JPG

屋上にいたゴマフアザラシの赤ちゃん。
生まれて1ヶ月ぐらいとのことでしたが、もう体は立派になってました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8143k5d.JPG

アシカたちはほとんどがご覧の通りzzzzz。
こうして見ると別の物体に見えます。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0166e.JPG

屋上から建物に入るところに展示されていたワニ。
このようにずっと2匹が重なってましたよ〜。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8149k5d.JPG

屋上から建物内部に戻ってきました。
ボクの専門?の渓流魚水槽のアマゴ。
鳥羽でアマゴってのはあまりイメージわかないんですが、
紀伊半島の山の中の川にはたくさん生息してるんですよね。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0168e.JPG

どこで撮ったのかわかりませんが、エリーが撮影していたイグアナ君。
ボクは全く見てもおりませんでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8154k5d.JPG

クリオネはピントが合いづらいのでMF撮影です。
後に写っているのは人の手なんですが、
何となく不思議な感じになってくれました。


以下イルカのシリーズもの3枚。

8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8178k5d.JPG


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8166k5d.JPG


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8173k5d.JPG


イルカの動きはとても速いので、イメージ通りに撮影するには一苦労です。



鳥羽水族館−3に続く。。。
タグ:鳥羽水族館
posted by 玉ケン at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

鳥羽水族館−1

御宿ジ・アース The Earthを後にしたボクらが向かったのは、
「鳥羽水族館」でございます。
http://www.aquarium.co.jp/

今回の伊勢・志摩旅行は、訪れる観光名所を全く決めておらず、
ゆったりと宿行脚するのが目的の旅でございました。
そうはいっても、宿をチェックアウトしてから次のチェックインまでは
当然時間が余ってしまいますので、それなら水族館へ・・・となりました。

多分この地区で一番有名なのは「鳥羽水族館」だと思うのですが、
「志摩マリンランド」など他にも水族館があり、
どれにしようか少しだけ迷ったのですが、
やはり一番有名どころに行っておくことにしました。

というわけで、、、
今回から3回にわけて、鳥羽水族館の写真をアップしてまいります。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8094k5d.JPG

鳥羽水族館の駐車場はGWとあって超渋滞状態。
鳥羽港の方の駐車場に停めて15分程度歩いて水族館へ向かいました。
写真は、水族館の手前にある「ミキモト真珠島」と遊覧船。
鳥羽駅から「真珠島」「水族館」が立ち並ぶこの辺りは、
いかにも観光地的な賑わいを見せていました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8099k5d.JPG

鳥羽水族館の正面入口。
あえて写していないのですが、すごい人でしたよ〜。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0146e.JPG

入場してすぐの大水槽。
覚悟はしていましたが、水槽前はすごい人だかりです。


以下、入口近くの大水槽で写した写真の数々・・・。

4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8101k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8104k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8105k5d.JPG



7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0149e.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8121k5d.JPG



9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0152e.JPG



10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8120k5d.JPG



事情により今年はモルディブ等に行ってシュノーケリングは出来ないボクら。
サンゴ礁を模した水槽を眺めて、シュノーケリング擬似体験って感じでした。



鳥羽水族館−2に続く。。。
タグ:鳥羽水族館
posted by 玉ケン at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

鳥羽展望台

色々な意味でビックリだった松坂牛の「和田金」をあとにして、
この日の宿がある鳥羽方面へと向かいます。

ミキモト真珠島・鳥羽水族館を片目に見ながら、
パールロードなる風光明媚な道を爽快にドライブ。
あまりにも鳥羽の海がキレイなので、
宿に行く道を通りすごして、さらに先の「鳥羽展望台」へ。

今回はその「鳥羽展望台」の様子でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7905k5d.JPG

ミキモト真珠島・鳥羽水族館のある鳥羽中心部からは30分くらいでしょうか。
パールロードを気分良くドライブして展望台に到着です。
ドライブインもあって、駐車場はかなり広いです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7907k5d.JPG

鳥羽一郎&山川豊の出身地ということで、
『兄弟酒』という歌の歌碑が建てられていました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7915k5d.JPG

展望台には欠かせない?有料の望遠鏡の前でさわぐ子供たち。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7916k5d.JPG

展望台から向かって右側の風景。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7904k5d.JPG

同じく展望台から向かって左側の風景。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0065e.JPG

5枚目のボクの写真だと右の方にわずかに写っているだけでしたが、
エリーのカメラだと、この日泊まる宿をハッキリ写すことが出来ました。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0071e.JPG

ドライブインの中で食べたカキ。
岩ガキじゃないフツーのカキなので大したことないだろうと思っていたら、
これが予想をはるかに上回る美味しさ!!!
志摩の方の的矢湾での『的矢カキ』がブランドとして有名なんでしょうが、
鳥羽の方では『浦村カキ』というブランドみたいです。
鳥羽も伊勢も同じような湾ばかりですから、
『浦村カキ』も美味しいのは当たり前ですよね。


カキを食べて満足しながら、この日の宿『earth』へと向かったのでした。

あ、ちなみに風景的にはこの展望台からよりも、
パールロードの途中の風景の方が個人的には好みだったです。
展望台からの風景は雄大なんですけど、
湾が入り組んで独特の風景になっている方が面白いと感じました。
そうはいっても、この近辺に行ったのであれば、
展望台はもちろん欠かせないスポットだとは思いますし、
カキも安くて美味しいので、ぜひ訪問をオススメします。



posted by 玉ケン at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

松坂牛の「和田金」−2

2回に分けて紹介しております「和田金」シリーズですが、
今回はいよいよ料理自体の紹介でございます。
さてさて、どんな美味しい料理なんでしょうか、、、期待度MAXです!
入店前から決めていましたが、
ボクはステーキ、エリーはすき焼きでGO!!!です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0053e.JPG

「和田金」のメニューはこちら。
都内の超高級店ならココ以上のお値段もあるんでしょうが、
基本的にトップクラスのお値段ですよね。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0054e.JPG

このお茶は昆布茶なのかな???
よくわかりませんが、お湯は透明でしょっぱかったです。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0055e.JPG

ボクのたのんだステーキにはサラダがつきます。
まあ、サラダは何の変哲もないサラダです。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0056e.JPG

ステーキ用のつけだれ他。
基本的には薄口で甘めな味付けでした。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0059e.JPG

いよいよステーキの登場。待ち時間は予想よりだいぶ短かったです。
ワクワクしながら肉を口の中に運ぶと・・・・・
ん???香りは若干良い感じはしますが、ごくフツーの和牛ステーキって感じ。
マズイわけではないですが、特別な美味しさはまるで感じません。。。
これが13,000円じゃあ高いっしょ!!!


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0060e.JPG

ほどなくしてエリーのすき焼きも登場。
1人前の肉が2枚なのはリサーチ済みでしたが、
大きさは思っていたよりもかなり小ぶりなサイズ。。。
厚みがすごいのかな???と思いましたがフツーの厚さですね。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0062e.JPG

すき焼きは全て仲居さんが作ってくれます。
割り下をたらし、その上に砂糖もふりかけます。
さてさて、こちらのお味は・・・・・
これまた何の変哲もないタダのすき焼きって感じ。。。。。
柔らかくて溶けちゃう・・・なんてことはありませんし、
砂糖ドバドバのせいで当然甘ったるい味付け。
これまた残念!!!


松坂に訪れたならば1度は食べてみたい「松坂肉元祖 和田金」でした。
以下、まったくの個人的な感想でございますが・・・・・

和牛ステーキ・すき焼きのお店として、決して不味いわけではなかったですが、、、
格別に美味しいということは全くありませんでした。
料理の好みは人それぞれ、さらにボクら2人は期待が大きすぎたのでしょうが、
あくまで個人的見解を述べさせていただくなら、
このステーキとすき焼きなら5,000円くらい出せば、
東京のどこでも食べられると思っちゃいましたね〜。
つまりはごくごくフツーのステーキ・すき焼きだったということです。
それが実際は13,000円と8,000円ですから、
恐ろしくC/Pが低いなあと思っちゃいました。

今後、松坂方面に出かけることがあっても再訪は200%ありませんが、
これだけの有名店だと、
「1度は行ってみたい・・・」と思ってしまうのは仕方ないでしょうし、
観光の1つとして考えればいいのかもしれません。
話のタネとして一度訪問するのならばアリなのかなとは思いますが、
人にオススメすることは出来ないですね〜。

一応くりかえしのフォローしときますが、決して不味いわけではないですし、
ボクらの期待が大きすぎたゆえ落胆も大きかったのだと思います。
・・・ただ、やっぱりお値段は高いですよね。。。


posted by 玉ケン at 08:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

松坂牛の「和田金」−1

3月末の旅行の記事が先日ようやく終了という超スローペースな我がブログ。。。
今日からしばらくはGWにお出かけした「伊勢・志摩旅行」の記事が続きます。

3月に愛知県知多半島に行って同じような方面はどうか・・・
との思いはあったのですが、
東京から見た大きな方向は同じでも、知多と伊勢・志摩では全然違う場所ですし、
訪れてみたい宿などがあったので、今回の行き先決定となったのでございます。

GWの4/30に東京を出発して延々と車で伊勢・志摩まで向かう行程ですので、
さすがに朝早くに出発したのですが、やはり途中で当然のように渋滞。。。
最初の目的地「松坂」に到着したのは午後1時すぎになっていました。

伊勢・志摩の前に「松坂」に立ち寄ったのは、
もちろん『松坂牛』を頂くことがお目当てでございます。
そして、、、どうせ松坂で『松坂牛』を食べるならやっぱりココでしょ!
ということで訪れたのがこちら・・・
http://hp-mie.net/wadakin/
「松坂肉元祖 和田金」でございます。
ネットで情報収集すればするほど期待が高まっての訪問でございました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7899k5d.JPG

「和田金」の建物外観。
でかい旅館みたいと聞いてはいましたが、まさしくその通り。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7887k5d.JPG

50mほど離れた別の場所に大きな駐車場があります。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7897k5d.JPG

ひょっとすると日本一有名な松坂牛の店かもしれない?
「和田金」の店内へいよいよ入店です。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7896k5d.JPG

入口はいってすぐの光景ですが、
これも完全にホテルのロビーって感じですよね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7895k5d.JPG

仲居さんの案内で確か3F(だったと思う)のフロアーヘ。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7893k5d.JPG

本来は「個室」がデフォルトらしいのですが、
この日は混んでいたので、ご覧の通りの大部屋に通されました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7888k5d.JPG

円卓の真ん中には炭火の囲炉裏が。
期待度は最高潮ですね!



松坂牛の「和田金」−2に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢・志摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。