2010年11月24日

晩秋の北海道−2(千歳サケのふるさと館−1)

11/3〜4の北海道旅行、その一番の目的は牧場見学だったわけですが、
その他にもぜひ行ってみたい場所がありました。
それは「千歳サケのふるさと館」。
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/tourist/salmon/index.html
ご存知の方もいるかもしれませんが、
ボクは自宅でギンザケを飼育するほどの「サケ・マス」フリークなんでございます。

実際に「千歳サケのふるさと館」を訪れたのは、2日目の11/4でしたが、
写真整理が先に終わったので、時系列は無視して3回にわたって紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6463k5d.JPG

千歳サケのふるさと館は、新千歳空港からは車で約10分、
千歳駅からは歩いても行けるくらいで、千歳の市街地にあります。
千歳川のほとりにある「道の駅 サーモンパーク千歳」内にある施設です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6524k5d.JPG

入口はいってすぐ、お土産コーナー前の円形水槽で展示されていたのは「ベニザケ」。
体は真っ赤に染まり、雄の吻は曲がり、これぞベニザケって感じでした。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9524e.JPG

こんな可愛い通路を通って、本展示室へと向かっていきます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6468k5d.JPG

本展示室最初の登場は「シロザケの稚魚」。
こうやって写すと何の魚かもわかりませんが。。。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6472k5d.JPG

シロザケ稚魚水槽の隣は、シロザケ親魚の水槽。
「シロザケ」とは、日本では一番一般的に「サケ」として知られている種類です。
TVなんかでよく目にする遡上期のシロザケは、上の写真のように黒々していますが、
この状態は食用としてはかなりレベルダウンした状態です。
サケ科の魚は川に遡上する段階になると、大抵はエサを全く食さなくなるので、
身の脂肪分はどんどん落ちてしまうのです。
長い長い川の旅を、自分の身に蓄えたエネルギーのみで上っていくのです。
つまり、美味しいのは遡上前のエネルギー(脂肪)満タン状態の時なんですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6469k5d.JPG

シロザケ成魚のアップ。
雄の成魚は遡上が進むと、吻(アゴ)が曲がり、背中が出っ張ってきます。
いかにもって感じで迫力が出てきますね。
ちなみにサケの本場カナダやアメリカでは、
シロザケはサケ科の中で食用としては一番低レベルの種とされています。
向こうでは「ChumSalmon」「DogSalmon」と呼ばれ、
その名の通り、犬のエサ用ってことらしいです。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9533e.JPG

シロザケ成魚水槽の隣には、施設内で一番大きい水槽がありました。
ボクがざっと見た限りでは、
サケ科は「イトウ」「サクラマス」「ブラウントラウト」「ニジマス」
その他にチョウザメが2種類泳いでいました。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9529e.JPG

大水槽の上のほうにブラウントラウトが群れていました。
ブラウントラウトは元々日本に生息していた種ではありません。
輸入魚なわけですが、日本で自然繁殖しているのは数ヶ所の湖だけだと思います。
この魚は夜行性なので、照明がピカピカの展示時間は大人しくしていますが、
夜になると豹変して、すごく獰猛な魚になるらしいです。
自分の体長の半分くらいの魚であれば、一気に丸呑みしちゃうそうです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6478k5d.JPG

こちらはサクラマス。
ご存知の方も多いと思いますが、サクラマスとヤマメは全く同じ魚種です。
海に下って大きく成長したのがサクラマス、
河川に残留してそのまま成熟したもの、あるいは稚魚段階をヤマメと言います。
きびしい寒さで冬にはエサが少なくなる北海道の河川では、
大部分が海に下るそうです。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6480k5d.JPG

こちらはイトウ。
日本最大の淡水魚とされていますが、環境悪化で自然生息数は激減しており、
道東の釧路湿原あたりにわずかにいるのみになっています。
昔は2mサイズがいたらしいですが、今はそんなサイズはまずいないとのこと。
ちなみに水族館他では容易に見ることが出来ますが、どれも養殖魚のはず。



次回に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
玉ケン 様

新潟こだわり市場の南雲と申します。
突然のコメント大変失礼致します。

私どもは、新潟の特産品を取り扱っております物販会社でございます。
新潟魚沼産コシヒカリを中心に、有機に取り組んでいる農家の方々と
安心・安全の物を消費者の皆様へお届けできるよう日々、努力をしております。

この度、サクラマスを取り扱うこととなり、春に向けてサイトを作成しているのですが、
サクラマスの画像が不足しており、グーグルの画像検索より御社のホームページを
拝見し、画像の使用許可を頂きたく連絡をさせていただきました。

該当の画像は
http://tamaken.up.seesaa.net/image/IMG_6478k5d.JPG
でございます。

重ね重ね、突然の連絡大変失礼致します。

使用許可について、ご返答を心よりお待ち申し上げております。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

***************************************
〒950-0951
新潟県新潟市中央区鳥屋野288-1
新潟こだわり市場 南雲 英次
URL : http://www.nn-2.com/
E-mail : kodawari-0252801199@nn-2.com
TEL : 025-280-1199  (月〜土 11:00〜23:00)
FAX : 025-280-0523  (24時間受付)
***************************************
Posted by 南雲 英次 at 2011年12月13日 15:21
南雲様 はじめまして。

該当画像くらいでしたら、どうぞお使い下さい。
拙画像を掲載されましたら、
そのURLをお知らせください。

よろしくお願い致します。
Posted by 玉ケン at 2011年12月14日 19:36
この度は、大変お世話になっております。
お早いご返信大変ありがとうございます。
あわせて、使用許可を頂き、誠にありがとうございます。

使用する箇所等デザインと打ち合わせをし、確定致しましたら
ご連絡を差し上げますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。

今後とも、新潟こだわり市場をよろしくお願い申し上げます。
Posted by 南雲 英次 at 2011年12月16日 14:28
玉ケン 様

お世話になっております。
新潟こだわり市場の南雲でございます。

玉ケン 様のご協力によりサイトを作成することが出来ました。

つきましては、サイトにクレジットを記載させていただきました。

ご協力を頂き誠にありがとうございました。

今後とも、新潟こだわり市場をよろしくお願い申し上げます。
Posted by 南雲 英次 at 2012年01月13日 15:03
玉ケン 様

お世話になっております。
新潟こだわり市場の南雲でございます。

先日、ご協力いただきましたサクラマスのサイトが作成できましたので、ご連絡致しました。

つきましては、サイト上にクレジットを記載させていただきましたので、ご覧頂けましたら幸いでございます。

■サクラマス産直便
http://www.sakuramasu.biz/about.php

この度は、ご協力いただき誠にありがとうございました。

今後とも、新潟こだわり市場をよろしくお願い申し上げます。

Posted by 南雲 英次 at 2012年01月13日 15:11
南雲様 お世話になります。

早速ですがHP拝見させていただきました。
素敵なサイトで素晴らしいですね。
私もサクラマス注文させて頂きたくなりました(笑)

ところで、「希少なサクラマス」の左写真は、
北海道の「さくらの滝」ですよね。
私も数年前に何度か訪れた思い出の地ですが違いますでしょうか?

ひょっとしたら、本当に注文させて頂くかもしれませんし、
また今後ともよろしくお願い致します。

Posted by 玉ケン at 2012年01月14日 00:26
玉ケン 様

新潟こだわり市場の若林と申します。

昨年は南雲よりご連絡致しました
「サクラマス産直便」で大変お世話になりました。

私ども楽天、及びYahooにも出店をしており、画像にクレジット記載をし、画像を使用させていただきたくご連絡差し上げました。

サイトに掲載しましたら再度ご連絡差し上げますので、
よろしくお願い致します。

何か問題等ございましたら下記連絡先までご連絡下さいませ。

それでは今後とも「新潟こだわり市場」、及び「サクラマス産直便」をよろしくお願い致します。

***************************************
〒950-0951
新潟県新潟市中央区鳥屋野288-1
新潟こだわり市場 若林
URL : http://www.nn-2.com/
E-mail : kodawari-0252801199@nn-2.com
TEL : 025-280-1199  (月〜土 11:00〜23:00)
FAX : 025-280-0523  (24時間受付)
***************************************
Posted by 新潟こだわり市場 若林 at 2013年04月20日 00:58
新潟こだわり市場 若林さん こんにちは!

上記と同じ画像でしたら、遠慮なくお使いくださいませ。

今後は何かございましたら、
「ケンとエリーのお出かけ日記−2」
http://tamaken2.seesaa.net/
の方にコメントいただきますよう、よろしくお願いいたします。
Posted by 玉ケン at 2013年05月21日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170475738

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。