2010年08月12日

カブトムシの「カブ子」

お出かけとはまったく関係ないのですが、
どうしてもブログに記録しておきたかったネタでございます。
(「虫」が苦手な方は無視してくださいませ。)

7月半ばのある夜のこと、、、
ウチは10階建てのマンションの7〜8F(メゾネット)なのですが、
仕事を終えて我が家へ向かう7Fの廊下に何やら黒い物体が・・・。

恐る恐る近づいてみると、、、
カブトムシのメスがほぼ固まったままの状態で我が家の玄関前にいたのです。
その夜は「へー珍しいもんだね。どこから来たんだろうね?」程度で、
弱ってるっぽかったので、砂糖水を廊下にたらしておいてあげました。

次の日の朝「まさか、もういないよね?」と言いながら夫婦で玄関を開けると・・・
ハイ、まだいるんでございます。
朝の段階でも「まあ、死んじゃうかもだけどどうしようもない」と離していたのですが、
昼の段階でも弱弱しくしか動けない姿を見て、
このままでは掃除のおばちゃんに捨てられちゃうだけだと思い、
「とりあえず保護しよう!」と決意。

その日のうちにホームセンターでカブト飼育セットを買ってきて、
ネットで飼育方法調べ、通販でも飼育用品購入して・・・・・
そして、今日まで元気に育ててきたのでございます。
我が家のペットの法則にのっとり?名前はそのまんま「カブ子」と命名。
約1ヶ月弱ものすごーくボクら2人を癒してくれています。


エサにしがみつくカブ子。(by5D)
IMG_4579k5d.JPG



同じくエサしがみつきをアップで。(byG10)
IMG_1048.JPG



エサのところから動き出したカブ子。(byTZ7)
P1010014.JPG



動いているところをアップで。(byTZ7)
P1010019.JPG



これまでわずか1ヶ月弱の短い期間ではありますが、
毎日エサ変え・霧吹き・お掃除などの世話をしてきて、完全に愛着わいちゃいました。

しかし・・・・・
明後日8/13から1週間我が家は海外旅行で家を留守にしてしまいます。
誰か他の人に世話を頼もうか、近所の公園に放しにいこうか、
大変迷い中でいまだ結論が出ていません。

どちらにしてもカブトムシの寿命はあとわずかで、
自然の中に放してあげようという気持ちの方が強いことは強いのですが、
愛着わいてしまって、そう簡単には出来ない・・・と葛藤中なんです。



いい大人がアホなことを・・・であるのは重々承知しているのですが、
明日までにどうするか決めねばならないので悶々としている夫婦2人でございます。


posted by 玉ケン at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159175592

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。