2009年06月15日

仙郷楼 別邸 奥の樹々2(部屋の中)

前回も書いたのですが、
「仙郷楼 別邸 奥の樹々」の部屋は、2人では持て余すくらい広かったです。

「奥の樹々」には4種類で6つの部屋があって、どれも25〜30坪あるそうです。
ボクらの泊まった部屋は「瑞木」という一番安いお部屋でしたが、
それでも25坪くらいなので十分すぎる広さでした。

ということで、部屋の紹介も2回に分け、今回は「部屋の中」をアップしていきます。


IMG_9535k5.JPG


IMG_9546k5.JPG



上記画像含めた、その他の画像(多いです)をご覧いただける場合は、
more...からお願いします。




すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
今回の画像はすべてボクが5Dで撮影してます。


1枚目:ボクらが泊まったのは「瑞木」という部屋で、和洋室タイプです。
IMG_9535k5.JPG

(ISO800 F5.6 1/4 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



2枚目:部屋に入ってすぐのところは3畳?ほどの前室で、
   3方向にふすまがあります。
   1つは主室、1つは寝室、1つは水周りへとつながっています。
   下の写真は主室方向のふすまを写したところ。
IMG_9538k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/15 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



3枚目:前室にはお茶の用意や冷蔵庫があります。
IMG_9544k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/8 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



4枚目:前室から寝室方向を見たところ。
IMG_9540k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/10 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



5枚目:寝室の様子。寝心地の良い広めのベッドが2つあります。
   写真にはないですが、アナログタイプのTVと加湿器がありました。
IMG_9554k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/8 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



6枚目:主室の和室および広縁を写したところ。
   主室の広さは約10畳くらいですが、広縁も3畳ほどあるので、
   かなり広く感じます。
IMG_9546k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/8 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



7枚目:主室の床の間を写したところ。
IMG_9548k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/6 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



8枚目:広縁の右手にはふすまがあって、中に1畳ほどの小さな部屋があります。
IMG_9549k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/13 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



9枚目:小さな部屋の様子。
   鏡台があったりしますが、主に荷物置場として使いました。
IMG_9550k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/4 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



10枚目:広縁から外の月見台を眺めたところ。
IMG_9552k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/20 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



11枚目:広縁側から主室を撮影。主室のTVは液晶ブラビアでした。
IMG_9571k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/6 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



12枚目:トイレも広々で男子用の便器もあります。
IMG_9555k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/4 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



13枚目:浴衣はL→LLに変えてもらいました。デ○なんで仕方ありませぬ。。。
IMG_9557k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/8 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



14枚目:洗面所〜シャワースペース〜部屋露天とつながっていきます。
IMG_9558k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/6 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



15枚目:洗面はダブルシンク。アメニティは一通りそろってましたが、
   特に目立つような高級品はなかったです。
IMG_9559k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/10 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)



16枚目:シャワースペースの洗い場もダブルです。何気に重宝しました。
IMG_9562k5.JPG

(ISO250 F5.6 1/3 RAW 5D+EF24-105ISの24mm)




部屋の中だけでも16枚になってしまったように大変広い部屋で、
最初は「どこがどうつながっているんじゃ?」って感じでしたが、
よく動線を考えて作られているなあと感心しました。

また、写真にはありませんが、至る所に暖房器具があって、
これなら冬でもポカポカだろうなあ〜と思いました。


次回は「部屋の外、部屋露天」を紹介する予定です。

その3に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙郷楼 別邸奥の樹々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。