2011年06月24日

海のしょうげつ−12(夜の館内&部屋)

「海のしょうげつ」シリーズ−12は、
夕食後の夜の館内散策&夜の部屋のご紹介でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7702k5d.JPG

夜のレセプション。
デスクの上の呼び鈴を鳴らせば、扉奥の部屋から担当者が出てくる仕組みです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7701k5d.JPG

夜のラウンジ。
昼のラウンジにはたま〜に人がいましたが、夜はほとんど誰もいなかったです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7703k5d.JPG

夜のラウンジその2。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7704k5d.JPG

ラウンジのソファに座って、エレベーター方向を眺めたところ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7706k5d.JPG

『息吹の棟』を出て、部屋のある『風の棟』へ戻ります。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7708k5d.JPG

『風の棟』目の前の庭は、夜になるとこんな風にライトアップされてました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7711k5d.JPG

部屋に戻って、夜のリビングの様子。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7713k5d.JPG

ま、ベッドルームは昼も夜も大差ないですね(笑)


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7714k5d.JPG

リビングからベッドルームの方を眺めたところ。
ちなみに、、、持参した『ミナミの帝王』『相棒』DVDを夜まで見続けてました。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_0001e.JPG

夜食のおにぎり。
夕食直後はお腹いっぱいだったのですが、消化良いものが多かったのか、
夜には腹減り状態で、2人ともおにぎりをしっかり頂きましてございます。



海のしょうげつ−13に続く。。。
posted by 玉ケン at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

海のしょうげつ−11(夕食−2)

「海のしょうげつ」シリーズ−11は、
前回に続いて、夕食のご紹介でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9988e.JPG

料理写真はいつものようにエリーが担当したのですが、
この料理は中身を写し忘れていて、
また、献立を見ると一品だけ写真を撮っていない料理もあったので、
これが何だったのか、今となってはわからなくなってしまいました。。。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9990e.JPG

ぶれてしまっていますが「本日の鮮魚」でございます。
フツーに美味しかったです。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9992e.JPG

「煮物椀」の「清汁仕立」。
わりとしっかりした出汁・味付けだったように記憶してます。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9994e.JPG

「含肴」の「のれそれと筍の柳川鍋」。
「のれそれ」とはアナゴの稚魚のことで知多の名産品だそうです。
この料理がこの日のハイライトだったように思います。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9995e.JPG

「強肴」の「飛騨牛炭火炙り焼き」。
本店?の下呂しょうげつと共通の飛騨牛なんでしょうね。
2切ればかりでしたが、年をとった最近はこれぐらいで十分です。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9996e.JPG

「焚き合せ」は「的鯛の新緑巻き」。
いくらなどが乗っかっていて、サッパリ頂きます。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9997e.JPG

ご飯と香の物は極めてフツー。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9999e.JPG

写真奥の器に入っているのはイチゴのチーズケーキでしたが美味しかったですよ〜。



以上、前回から引き続いて紹介してきました、
海のしょうげつ3月のノーマル夕食献立でございます。

全体的にはボリュームがかなり多いです。
大食漢のボクでも十分なくらい、エリーはかなりアップアップになってました。

また、メニューの中に「のれそれ」などの地元名産品が入っているのは良いですね。
ただ魚と肉と・・・よりも相当に印象度アップしますし、
目玉料理って感じがしますよね。

配膳のペースも程よかったですし、
予想していたよりも好印象だった夕食でございました。



海のしょうげつ−12に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

海のしょうげつ−10(夕食−1)

「海のしょうげつ」シリーズ−10は、夕食のご紹介でございます。

夕食は『息吹の棟』1Fの食事処で頂きます。
ちなみに食事処は正確には『ダイニング風の器』と言うみたいです。

以下、今回と次回の2回にわたって夕食のご紹介なんですが、
ボクらのプランは一番お安いプランでしたので、
夕食も一番シンプルなものになっていたはずです。

そんなにたくさんバリエーションがあるわけではないですが、
いくつかはプランがあって、伊勢海老付きとかもあったみたいです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7699k5d.JPG

前回の「大浴場」の記事の際にも紹介しましたが、
『息吹の棟』1Fエレベーター下りてすぐのところ。
夜はこんな雰囲気です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7697k5d.JPG

1枚目の左奥の方が食事処『ダイニング風の器』です。
どうでもいいことですが、『器』はどういう意味なんでしょうね。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7696k5d.JPG

『ダイニング風の器』はご覧のようにすべて個室になっています。
ものすごく大きな音を出したりしない限りは、周りは気にならないと思います。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7692k5d.JPG

ボクらの個室はこんな感じで、外庭に面した個室でした。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7694k5d.JPG

平成23年3月の献立。
何だかよくわからないメニューが記載されていて興味をそそります。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9986e.JPG

前菜の品々は最初からセッティングされていました。
窓の外に写るのはライトアップされたお庭です。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9985e.JPG

前菜の品々をアップで。
みんな美味しく頂きました。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9987e.JPG

おしぼりと食前酒は、前菜を頂いている途中で出てきました。
これって単に忘れていただけなのかな?
ちょっとわかりませんです。




海のしょうげつ−11(夕食−2)に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

海のしょうげつ−9(大浴場ほか)

「海のしょうげつ」シリーズ−9は、大浴場などのご紹介でございます。

「海のしょうげつ」は全10部屋しかない上に、
すべての部屋に部屋露天がついているので、
大浴場の利用頻度は低いと思いますが、一応男女1つずつがあるのです。

今回は、その大浴場がある「1階」の様子を紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7700k5d.JPG

レセプションやボクらの泊まった風の棟などがあるのは『L階』で、
エレベータで1F下がったところが『1階』になります。
大浴場とダイニング、それに客室棟2つがあるのが1階というわけです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7729k5d.JPG

エレベーターを降りて右手の方を写したところ。
写真右奥がダイニング、その隣のドアから進んでいくのが客室棟です。
向かって左の壁がへこんだところは大浴場の入口です。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7620k5d.JPG

男性大浴場に入ったところ。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7621k5d.JPG

男性大浴場の脱衣場はきわめてシンプルなつくり。
タオル類は用意されているので持参する必要はありません。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7622k5d.JPG

置かれていたアメニティはルシード。
まあフツーですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7623k5d.JPG

お風呂自体はこんな感じ。
部屋露天よりは大きいですが、『大』浴場とまでは言えないサイズかな?


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9969e.JPG

こちらは女性浴場の中。
男性の方はシングルシンクでしたが、女性の方はダブルシンクです。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9970e.JPG

浴槽自体は男女同じようなモンですが、
女性浴場の方にはバルコニー&チェアーが置いてあります。
うーん、、、やっぱり女性優遇なんでございますね。。。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_9975e.JPG

パブリックの『息吹の棟』を出て、2つある客室棟へ向かう途中のところ。
チェアーが2つありましたが、ココは喫煙スペースってわけです。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7630k5d.JPG

一番奥まで進んだところが『海の棟』。
中のつくりはわかりませんが、
端っこにある「海の一・二」の2部屋は海のしょうげつで最もお高いお部屋です。



海のしょうげつ−10に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

海のしょうげつ−8(館内−3)

「海のしょうげつ」シリーズ−8は、
前回・前々回に続いて、昼or朝の館内の様子のご紹介でございます。

「海のしょうげつ」のウリといえば、何と言ってもその眺望。
というわけで、今回はラウンジからの眺望が中心でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7750k5d.JPG

ラウンジの室内ソファに座ったときの視線画像。
座ったままでも水平線が見事に見えております。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7617k5d.JPG

窓を開けてバルコニーに出てみました。
この写真の方が、海辺の建物が写らずに美しく仕上がりますね。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7618k5d.JPG

2枚目とは逆サイドから撮影したもの。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7744k5d.JPG

バルコニーから向かって右は、どうしても建物群が視界に入っちゃいます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7746k5d.JPG

向かって左側の方が建物群が視界に入らず良いと思いました。

ラウンジからの眺望はココまで。
以下2枚はその他の写真。

6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0006e.JPG

ボクたちが宿泊した『風の棟』の朝の様子。
庭もキレイに手入れされていますね。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7634k5d.JPG

どうでもいいことなんですが、
エレベーターの中にイスが置いてありました。
そもそもエレベーターがあること自体が意外でした。
ラウンジのある『息吹の棟』をはさんだ両側の宿泊棟ですが、
ボクらの宿泊した『風の棟』と『空の棟』は『息吹の棟』ラウンジと同じ階ですが、
『海の棟』『大地の棟』はラウンジ階の1F下になるのです。



海のしょうげつ−9に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

海のしょうげつ−7(館内−2)

「海のしょうげつ」シリーズ−7は、
前回に続いて、昼or朝の館内の様子をご紹介していきます。

前回は建物外の敷地の様子でしたが、
今回はレセプション・ラウンジのある『息吹の棟』の内部の様子でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7602k5d.JPG

『息吹の棟』入ってすぐのところにはレセプションのデスク。
チェックインもチェックアウトもラウンジの方で行うので、
ココを利用することはほとんどないはず。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9964e.JPG

デスクの脇のキャビネットに飾られている品々。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7732k5d.JPG

デスクの奥に見えるのはエステルームの入口。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7604k5d.JPG

デスクをぬけてラウンジの方へ。
チェックイン・チェックアウトはこちらのラウンジでとり行います。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7610k5d.JPG

ラウンジの中央にはご覧のような暖炉があります。
ボクらが訪れた際は暖かかったので火はついていませんでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7606k5d.JPG

ラウンジの窓際の様子。
窓の外の風景は当然のように「海」でございます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7607k5d.JPG

ラウンジ脇のカウンターにあるこちらの飲み物はフリー。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9968e.JPG

本棚にある本・DVDは自由に部屋に持っていってOKです。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9956e.JPG

エリーの撮影した装飾品シリーズその1。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_9965e.JPG

エリーの撮影した装飾品シリーズその2。



海のしょうげつ−8(館内−3)に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

海のしょうげつ−6(館内−1)

「海のしょうげつ」シリーズ−6は、
昼or朝の館内の様子をご紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7687k5d.JPG

上の方の「敷地配置図」をご覧頂くとわかる通り、
『海のしょうげつ』は宿泊施設以外にもだいぶ広く敷地があります。
実際には図よりももっと広い印象で、相当に余裕あるように感じます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7581k5d.JPG

山道から『海のしょうげつ』の敷地内に入り、
少し進んだところで撮影した1枚。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7579k5d.JPG

眼下には海が広がっていますが、ココは多分海水浴場でしょう。
おそらく夏にはたくさんの人で賑わっているんでしょうね。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7585k5d.JPG

2枚目より少し先に進んだところで後ろを振り返って撮影した1枚。
つまりは敷地の入口方向を眺めたところです。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7584k5d.JPG

敷地にはこんな風にイスなどが置かれていて、
休憩できるようになっています。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9957e.JPG

5枚目とは別の休憩スペース。
とはいっても、実際座っている人は全く見かけませんでしたが。。。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7587k5d.JPG

敷地内道路の脇には自家菜園が広がっています。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7583k5d.JPG

3月末の春たけなわでしたので、
ご覧の通り、美しく花が咲いていました。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9960e.JPG

かかしなんかも置かれていて本格的な菜園でした。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7591k5d.JPG

ココが宿泊棟の最先端です。


自家菜園もですが、それ以外も敷地は思っていたよりかな〜り広いです。
空いている敷地に建物たてればもっと儲かるんじゃない???
なんて思いましたが、実際のところはどうなんでしょうね。



海のしょうげつ−7(館内−2)に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

海のしょうげつ−5(部屋露天)

「海のしょうげつ」シリーズ−5は、
ボクらの泊まった部屋の露天風呂&バルコニーのご紹介でございます。

「海のしょうげつ」で楽しみにしていたことはいくつかありますが、
やはり一番はその眺望です。
眼下に海を見下ろす風景が、公式HPなどにもたくさん掲載されていますので、
それを見ては期待度が高まるってモンですよね。
さてさて、実際のところはどんなモンだったでしょうか。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7678k5d.JPG

室内シャワースペースから部屋露天のあるバルコニーに出たところ。
視線の先にはすでに海が広がっています。
ちなみに入室時点では浴槽にはフタがかけられていました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7681k5d.JPG

バルコニーで1枚目とは逆サイドにまわって撮影した1枚。
画像下に見えるのは木製ソファベッドです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7747k5d.JPG

バルコニーの下におりて、部屋露天&バルコニー全体を写してみました。
思っていたよりもシンプルなつくりでした。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_0010e.JPG

部屋露天は当然源泉かけ流し。
成分表もしっかり掲示されていました。
広さは2人で入ってピッタリぐらいの大きさ。
2人で悠々というほどの広さではなかったです。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7688k5d.JPG

基本的に西向きに建てられている「海のしょうげつ」ですので、
楽しみにしていたのは夕焼けの風景。
しかしながら当日は天気がイマイチで、
マトモに撮れたのはこの1枚だけでございました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7716k5d.JPG

時をうつして、夜の部屋露天。
暗くて海は見えなくなりますが、海岸沿いの建物の明かりが見えるようになります。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7719k5d.JPG

木製ソファベッドの裏から撮影したもの。
これって置かれてること多いですが、固いので寝転がる気にはなれないんですよね。
利用する人多いんかな?


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7720k5d.JPG

夜のバルコニー全体。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7722k5d.JPG

8枚目とは若干角度を変えて撮影したもの。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7723k5d.JPG

室内の明かりがライトアップにもなって、
いい雰囲気醸し出してました。


なかなか良い眺望だったことは確かなのですが、
ちょっと期待が大きすぎたかもしれません。
部屋露天からの眺めという点では、
http://tamaken.seesaa.net/article/119508633.html
にはちょっと敵いませんね。
というのも、、、
写真では写らないように気をつけて撮影しているのですが、
実際には、海岸べりの人工物、それも古ぼけた建物が視界に入ってしまうので、
どうしてもそっちに目がいってしまいます。

高台から眼下の風景は一面の海だけという点では、ひょっとしたら
http://tamaken.seesaa.net/article/151331350.html
こんな感じなのかもと期待しちゃいましたが、
いくらなんでも期待しすぎ・・・でしたね。

完全にフォローっぽくなってしまいますが、
かといって決して悪いわけではないですし、十分に良い眺望ではあります。
ボクの個人的な好みでは、上記のリンク先2つの方が好みだったということです。

ただ、、、
実際に見たわけではないですが、HP等で写真を見る限り、
バルコニーや部屋露天のつくりは、
ボクらの泊まった『風の三』よりも他の部屋の方が良いと思います。
もし部屋リクエストされる際は、よくリサーチすることをオススメします。



海のしょうげつ−6に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のしょうげつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。