2011年01月29日

倭乃里−3(部屋−2)

「倭乃里」シリーズ−3は、前回に続いてボクらの泊まった部屋の紹介です。

前回も書いたのですが、ボクらの泊まった部屋『臥龍』は何しろ広いです。
garyu1.jpg

この間取図を見ると、多分100uくらいあるのではないかと思われます。

従業員の人曰く、7〜8名で泊まっていたこともあったらしく、
2名で泊まるとかなりムダに広い感覚でした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6958k5d.JPG

囲炉裏の部屋から7.5帖の炬燵部屋の方を見たところ。
炬燵部屋へ通じる丸い穴のような入口は、
アチコチに写真が載っているように、インパクト大ですね。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9625e.JPG

丸い穴のような入口部分で、炬燵部屋を見据えたところ。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6960k5d.JPG

1・2枚目とは逆に、炬燵部屋から囲炉裏部屋の方を見るとこんな感じ。
何しろこの部屋はキョーレツに寒く、
室内だというのに到着時の温度は10℃未満!!!
暖房全開にして何とか15℃前後まではなりましたが、
夕食までの時間はほとんどずっと炬燵に入りっぱなしでした。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6936k5d.JPG

囲炉裏部屋から水回り関係のスペースへと向かいます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6940k5d.JPG

古民家を移築したとは言っても、トイレは当然ウォシュレット。
トイレのスペースはやたらに広かったです。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6937k5d.JPG

洗面はごくフツーのシングルシンク。
凍結防止のため常時水を流してほしいと言われましたが、
あまりに寒いので、水ではなくお湯にして流し続けていました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6939k5d.JPG

洗面にあるアメニティはこんな感じで、これまたごくフツーな感じ。
うがい用イソジンがあるのが特長的だったでしょうか。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6938k5d.JPG

室内の桧内風呂。
残念ながら温泉ではありませんが、到着前にお湯は張られていました。
これまた寒さ対策で、フタをあけて蒸気が室内まで来るようにしてました。
ちなみに写真にはないですが、タオルウォーマーも全開状態です。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9628e.JPG

洗面に設置されているアメニティーはごくフツーですが、
押入れにある巾着袋の中に入っているアメニティーはこんな感じで充実してます。
ブランド物ではないですが、種類は色々そろってる感じです。



倭乃里−4(部屋−3)に続く。。。
ラベル:倭乃里
posted by 玉ケン at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 倭乃里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

倭乃里−2(部屋−1)

「倭乃里」シリーズ−2はボクらの泊まった部屋の紹介です。

倭乃里には全部で8つの部屋があり、
うち4つが離れ、4つが母屋である本館にあります。
http://www.wanosato.com/room.html

ボクらが泊まったのは離れの『臥龍』という一番広い部屋でございます。
一番高い部屋は『天領』という部屋なのですが、これはちょっと高すぎでパス。
『臥龍』は色々なサイトでよく目にする囲炉裏の部屋でしたので、
迷うことなくこの部屋を選んだのでございます。

何しろ広い部屋でしたので、3回にわけて紹介していきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6962k5d.JPG

地図の向かって一番左にあるのが本館。右側3つの建物が離れの部屋です。
一番右の建物は1つですが、部屋は2つがくっついている感じです。
ちなみに『臥龍』は右から2番目の建物。


garyu1.jpg

これが部屋全体の間取図。
これを参照になりながら写真をご覧くださいませ。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6929k5d.JPG

部屋の入口。
上方には部屋名『臥龍』の入った板がドーンと張り付けられています。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6923k5d.JPG

玄関全体はこんな感じ。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6926k5d.JPG

他の部屋もすべてそうなのですが、
川沿いの丘に建てられています。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6924k5d.JPG

『臥龍』の目の前から眺める宮川。
高山市街にも流れている川ですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6932k5d.JPG

玄関の中に入ると、まずは前室のようなのがあります。
ここでざっと雪をはらいます。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6933k5d.JPG

前室から室内へと入っていきます。
間を隔てているのは障子付きの襖です。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6935k5d.JPG

『臥龍』の最大のウリ?である囲炉裏の部屋を見渡したところ。
写真では伝わりづらいですが実際はかな〜り広いです。
多分20帖近くあるんじゃないかと思います。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6942k5d.JPG

囲炉裏の部屋を別アングルで。
夜になって囲炉裏の炭の火をおこすのが楽しかったです。



倭乃里−3(部屋−2)に続く。。。
ラベル:倭乃里
posted by 玉ケン at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 倭乃里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

倭乃里−1(到着)

朝早くに東京を出発して車を走らせること数時間、昼過ぎに飛騨高山に到着。
1〜2時間ほど高山市街観光を楽しんだ後は、
この日の宿『倭乃里』へと向かいます。
http://www.wanosato.com/

山の中にあるらしいことはわかっていたのですが、
ボクが思っていた以上に、高山市街から離れたところにありました。
高山市街からの所要時間は約20〜30分ぐらいです。
昼間の市街観光を終えるときには、
「いったんチェックインしてから、
 夜は再び市街まで出てきてライトアップを見てみよう。」
と考えていたのですが、
軽〜く再び市街地へ・・・という近さではなかったので断念。
結局ずーっと宿に籠ることになりました。

今回はまず到着時の様子をアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6901k5d.JPG

本格的な雪道スタッドレス運転は初めてのボクですので、
ゆっくりヒヤヒヤしながら『倭乃里』を目指します。
国道41号はしっかり除雪されていて安心だったのですが、
国道を曲がって宿に向かう道には若干雪が残っていたのでヒヤヒヤです。
そんなこんなでしたが、何とか無事に『倭乃里』へ到着。
正面玄関もすっかり雪で覆われています。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9676e.JPG

玄関の脇に立てられた看板。
ちなみに駐車場は玄関から少し離れた場所にあります。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6904k5d.JPG

駐車場に車を停めてから、正面玄関をくぐってみても、
だーれもお出迎えには出てきてくれません。。。
よくわからぬまま玄関をくぐって先へと向かってみます。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6916k5d.JPG

3枚目の通路を先へ進むと母屋に到着です。
母屋のちょっと手前のあたりでようやく従業員が気付いてくれました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6913k5d.JPG

母屋の中に通された瞬間にパチリ1枚撮影。
中心に囲炉裏がドーンと構えています。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6910k5d.JPG

囲炉裏の脇に座って、昆布茶&お菓子のウェルカム。
囲炉裏の火はこうこうと燃えているのですが、
あまりの寒さゆえにあんまり暖かくありませんでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6912k5d.JPG

お菓子のいちご大福は自家製とのこと。
エリーは初いちご大福で「いちごが入ってる!」とビックリしてました。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6918k5d.JPG

母屋でのウェルカムも早々に、部屋へと案内されます。
離れの部屋なので母屋を出て下の方へと向かいます。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6920k5d.JPG

こんなところを先へと進むのですが、
写真で見るよりはしっかり通路が確保されていますし、
母屋で長靴を貸してくれます。
(ボクの長靴には穴があいていたのですが・・・・・)


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6922k5d.JPG

母屋からの距離は100mぐらいでしょうか。
ボクらが泊まる部屋『臥龍』にやってまいりました。



倭乃里−2に続く。。。
ラベル:倭乃里
posted by 玉ケン at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 倭乃里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨高山その2

前回に続いて、冬の飛騨路&白川郷〜飛騨高山「その2」でございます。

元々は高山に到着するのは夕方になるだろうと思っていて、
市内観光は2日目にゆったりするつもりだったのですが、
思いのほか早く到着したので、初日の午後で市内観光を終えてしまいました。

というのも、、、
高山の市街地は思っていたよりは見るべきところが少なかったんですよね。
どこもかしこも古い町並で丸1日かけて見て回るのかと思ってたんですが、
実際は「飛騨牛のレストラン」「高山ラーメンの店」「酒屋」がメチャ多くて、
フツーの市街地っぽいところがほとんどって感じでした。
ちょっと期待しすぎだったのかもしれません。。。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6885k5d.JPG

「中橋」からすぐのところの「古い町並」。
ピクチャースタイル「ノスタルジア」がはまる風景ですね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6883k5d.JPG

これまたピクスタ「ノスタルジア」で。
暖簾の感じなんかはいい雰囲気醸し出してます。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9603e.JPG

上にも書きましたが、高山市街地には酒屋が多かったですね。
理由はちょっとわからないです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6893k5d.JPG

古い町並の店頭にあった怪しげな人形とケース。
外人も物珍しそうに見てました。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6895k5d.JPG

人力車は町のあちこちにスタンバイしているようでした。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6896k5d.JPG

屋台風の店で食した「飛騨牛ロース肉の串焼き」。
お味は可もなく不可もなく・・・。
ただ800円の値段の価値はなかったかと。。。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6898k5d.JPG

中橋から少し歩いたところには「宮川朝市」の看板がありました。
当然朝はにぎわうんでしょうが、
ボクらはわざわざ朝来ることはしませんでしたので実際はわかりません。。。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9605e.JPG

1〜2時間ほど高山市街地観光した後は、早めに宿に向かうことにしました。
その道中の踏み切りで撮影した1枚。高山本線ってやつですね。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7020k5d.JPG

市街地からほんの少し離れると、ご覧の通りの雪景色。
やはり飛騨は雪国ですね〜。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_7018k5d.JPG

この日に泊まる宿「倭乃里」近くまでやってきました。
橋の下を流れる川は、高山市街にも流れていた「宮川」です。
市街地で見るのとまるで別の川に見えるくらいですね。




というわけで、、、
高山市内観光は予定よりも大幅にショートカットして終わらせちゃいました。
夜になったら高山市街地のライトアップを見に行こうかと思ったのですが、
この日の宿「倭乃里」から市街地までは結構離れていてメンドーだったので、
結局それも行かずじまいでございました。

上にも書いたんですが、高山の町は意外とフツーだった印象でした。
ボクの中で妄想がふくらみすぎていたようです。



次回以降は、この日泊まった宿「倭乃里」の紹介、
そして翌日の白川郷の写真などをアップしていきます。

posted by 玉ケン at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

冬の飛騨路&白川郷〜飛騨高山その1

1/8〜10の3連休に、冬の飛騨路&白川郷に行って来ました。

毎年冬になると行きたい場所の1つだった飛騨路&白川郷。
しかしながら、仕事の関係でなかなか3連休を取れず、
1泊2日ではきついだろうと思い、実現には至っていませんでした。
今回はうまいこと休みが取れたのでバッチリ堪能することが出来たのでございます。

今回の工程は、
1日目:東京〜東名・名神・東海北陸道〜飛騨高山
2日目:飛騨高山〜五箇村〜白川郷〜飛騨古川
3日目:飛騨古川〜郡上八幡〜東京
というもので、
スタッドレスタイヤのレンタカーでの行脚でございました。

まだ写真整理が続いている段階なのですが、
出来あがったモノから順次アップしていこうと思ってます。

まずは初日の訪問地「飛騨高山」の町並み等を2回にわけてアップしていきます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9584e.JPG

東京を朝早くに出発して、飛騨高山に到着したのは午後1時すぎ。
思ったよりは順調に到着することが出来、まず最初に向かったのはラーメン屋。
高山ラーメンはご当地ラーメンで有名で、
ココ「甚五郎らーめん」はその中でも有名店のようです。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9586e.JPG

エリーがたのんだノーマルラーメン。
全体的に言って、予想通りの味という感じ。
決してまずいわけではないのですが、
ボクら2人は超極細麺が好みではありませんでした。。。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6866k5d.JPG

腹ごなしを終えたら、高山市街中心部に行って観光スタートです。
まず起点としたのは「高山陣屋」。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6867k5d.JPG

ひょっとして入場無料だったりしないかな、と期待したのですが、
そんなことはなくもちろん有料。
お金払ってまで見る???と思い、入場することはせず退散しました。。。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6864k5d.JPG

結局中に入ることはなかった高山陣屋。
脇の方から見えるところだけ撮影しときました。
写真右奥に見えるのは高山市街では有名な宿「平野屋花兆庵」ですね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6869k5d.JPG

高山陣屋から古い町並み方向へ散策。
まず目に飛び込んでくるのはこの赤い橋、「中橋」という橋だそうです。
もっと雪化粧している姿を期待していたのですが、
高山市街の積雪はどこもこんなモンでした。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6871k5d.JPG

橋の下を流れる川は「宮川」という川で、
高山のシンボリックな川みたいです。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6872k5d.JPG

「中橋」を別アングルから。
ホワイトバランス変えてイメージ画像風にしてみました。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6879k5d.JPG

「中橋」から古い町並み方向へと散策。
たくさんの店が軒を連ねています。


10枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9597e.JPG

観光地には欠かせない?人力車。
今回乗ってみようかという話になったのですが、やはり結局パス。
これってなかなか乗ることにならないんですよね〜。



飛騨高山その2に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨・白川郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

支笏湖・千歳川の風景

明けましておめでとうございます!
年末はバタバタ、新年は駅伝三昧でしたので、お久しぶりの更新となりました。

1/8〜の3連休は遠出をする予定があるのですが、
今年は去年ほど頻繁にはお出かけもしないと思っています。
なので、このブログも今まで以上にチンタラ更新していくことになると思いますが、
よろしければ、末長くお付き合いくださいませ。

というわけで、新年一発目の更新は、
11/3〜4の北海道牧場見学旅行の残り、
「支笏湖・千歳川の風景」の写真を数枚でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6352k5d.JPG

11/3の夕方に支笏湖到着した際の写真。
キレイな夕焼けとはいきませんでしたが、なかなか荘厳な雰囲気でした。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6353k5d.JPG

1枚目を望遠アップで。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6356k5d.JPG

支笏湖畔の森。
11月初めでしたが、北海道では紅葉はほとんど終わっていました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6455k5d.JPG

11/4朝の支笏湖。
前日とはうってかわって、お天気が良くなって何よりでした。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_9520e.JPG

同じく11/4の支笏湖。
かなり先の方までドライブしてみようと思ったのですが、
同じような風景の連続だったので、すぐに引き返してきちゃいました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6457k5d.JPG

支笏湖を後にして、千歳市街に戻ってきます。
その道中で撮影した千歳川の風景。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6458k5d.JPG

同じく千歳川の風景。
北海道の川は本州の川とは違う感じがするのは気のせいですかね。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_6461k5d.JPG

川がカーブしているところで浮島みたいになっていたのが面白かったです。


支笏湖で宿泊〜千歳市街に戻りサケのふるさと館へ。
その後はノーザンファームで牧場見学を楽しみ、夜は札幌で夕食。
またまた千歳に戻って、ほぼ最終便の飛行機で羽田に戻ったのでした。

posted by 玉ケン at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。