2010年04月30日

石垣島旅行記17(米原海岸シュノーケリング−4)

米原海岸シュノーケリングのトリをかざるのは、
サンゴ礁とルリスズメダイの群れでございます。

南の島のサンゴ礁では定番すぎる光景なんでしょうが、
やはり美しい小魚たちが群れる姿は何度見ても飽きることがありません。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
写真はPowershot-G10、動画はLUMIX-TZ7で撮影しています。

1枚目(G10)
IMG_0646g.jpg



2枚目(G10)
IMG_0688g.jpg



3枚目(G10)
IMG_0704g.jpg



4枚目(G10)
IMG_0706g.jpg



5枚目(G10)
IMG_0723g.jpg



6枚目(G10)
IMG_0728g.jpg



7枚目(G10)
IMG_0729g.jpg



8枚目(G10)
IMG_0734g.jpg



9枚目(G10)
IMG_0763g.jpg



以下は動画でございます。






川平湾でのレンタカー鍵紛失で一度はあきらめかけた、
米原海岸でのシュノーケリングでしたが、
結局1時間以上は楽しむことが出来ました。

夕方になって海水も少し冷たくなり始めたので急いで帰り支度をし、
次の夕焼け撮影ポイントへと移動したのでした。


その18に続く。。。

※石垣島旅行記の途中ですが、明日から6日間海外へ行ってきます!
帰ってきたら、またよろしくお願いします。
みなさまも良いGWを!
posted by 玉ケン at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

石垣島旅行記16(米原海岸シュノーケリング−3)

昨日は、米原海岸で見かけた地味目な魚たちを取り上げましたが、
今日は、カラフルなチョウチョウウオたちでございます。

南の海では「定番」的な存在の彼らですが、
やはり彼らがいないと何となく盛り上がらないような気がしちゃいます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
写真はPowershot-G10、動画はLUMIX-TZ7で撮影しています。

1枚目(G10)
IMG_0681g.jpg



2枚目(G10)
IMG_0732g.jpg

一口に「チョウチョウウオ」と言っても、その種類はたくさんです。
一見すると1枚目のと同じように見えますが、
後の方に黒い丸がないので違う種類っぽいですよね。


3枚目(G10)
IMG_0715g.jpg



4枚目(G10)
IMG_0719g.jpg



5枚目(G10)
IMG_0744g.jpg



6枚目(G10)
IMG_0751g.jpg



以下は動画3本です。









その17に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

石垣島旅行記15(米原海岸シュノーケリング−2)

昨日に続いて、米原海岸でのシュノーケリング「その2」でございます。

今日は、わりかし地味目?な魚たちを取り上げてみましたが、
エリーが撮影した、最後にのせた動画はかなり面白いので、ぜひ見てみてください。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
写真はPowershot-G10、動画はLUMIX-TZ7で撮影しています。

1枚目(G10)
IMG_0708g.jpg



2枚目(G10)
IMG_0710g.jpg



3枚目(G10)
IMG_0712g.jpg



4枚目(G10)
IMG_0736g.jpg

この子を正面から見ると・・・↓の感じになります。


5枚目(G10)
IMG_0738g.jpg

ホント、正面から見た魚たちはユーモラスです。


6枚目(G10)
IMG_0740g.jpg

正面からのをもう1枚。


7枚目(G10)
IMG_0742g.jpg



8枚目(G10)
IMG_0758g.jpg

カラフルな熱帯魚に囲まれると、かなり地味目なこの魚ですが・・・。
さかんに攻撃をしかけてくるのが可愛いですね。


というわけで、下の動画は「お魚くん、さかんにエリーを攻撃!」でございます。




その16に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

石垣島旅行記14(米原海岸シュノーケリング−1)

川平湾でレンタカーのカギをなくすという大失態を演じてしまい、
その後の予定はすべて不可能になるだろうと大落胆していたのですが、
タクシーの運ちゃんの頑張りのおかげで、
予定よりは1時間半遅れぐらいで「米原海岸」にやってくることが出来ました。

今回の最大のお楽しみの1つであるシュノーケリングは何とか出来たのでございます。

「米原海岸」は遊泳ビーチになっているわけではないのですが、
石垣島でビーチアクセスできるシュノーケルポイントとしては多分一番有名です。
ボクらが訪れた時は干潮だったのでエントリーはしづらかったのですが、
イメージ通りの海ではありました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
写真はPowershot-G10、動画はLUMIX-TZ7で撮影しています。

1枚目(G10)
IMG_0655g.jpg

川平での失敗をすっかり忘れて、夢中で泳いでいるボク。


2枚目(G10)
IMG_0726g.jpg

前半はエリーがG10で写真撮影、ボクがTZ7で動画撮影。
後半は交代でした。


3枚目(G10)
IMG_0638g.jpg

海岸のすぐそばはこんな感じで、砂浜にサンゴが点在しています。


4枚目(G10)
IMG_0675g.jpg

魚たちは海岸すぐそばでもこのように見ることが出来ます。


5枚目(G10)
IMG_0677g.jpg

白黒縞々の魚の群れ。


6枚目(G10)
IMG_0674g.jpg

底の方でじっとしているハゼっぽいやつ。


7枚目(G10)
IMG_0657g.jpg

正面から見るとこんな感じ。


8枚目(G10)
IMG_0709g.jpg

底の方にはこんなのがゴロゴロしてました。


とりあえず動画は2つばかり・・・







その15に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

石垣島旅行記13(川平湾)

13:30ぐらいに竹富島から石垣港に戻ってきたボクらでしたが、
その後もハードスケジュールで動く予定でした。

まずは、石垣港から車で30〜40分くらいの「川平湾」へ。
石垣島NO.1の景勝地に行かないわけにはいきません。

川平湾観光のあとは、車で10〜15分くらいの米原海岸でシュノーケリング予定です。
そのために、前日から石垣のダイブショップでウェットスーツもレンタルしてあります。

シュノーケリングを夕方までした後は、
各所で夕焼け撮影しながら、石垣市街に戻って夕食を食べる。。。

そんな予定をたてていたのですが。。。
予定をくつがえすような大失態を「川平湾」でボクがやってしまうとは・・・。

失態の内容は後回しで、まずは「川平湾」の画像です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8267e.JPG

川平湾の無料駐車場のあたり。
グラスボートのチケットは海岸では買えないので、ココで買います。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3613k5d.JPG

無料駐車場すぐのところにある「オーベルジュ川平」。
ココは「二期倶楽部」の系列なんです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3615k5d.JPG

坂をくだって2〜3分で川平湾のビーチにやってきました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3620k5d.JPG

石垣一の景勝地とされるだけあって、たしかにキレイな海の色です。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8270e.JPG

エメラルドグリーンの海に青い空、そしてヤシの木・・・
南国のお約束風景ですが、やっぱり絵になりますね〜。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3617k5d.JPG

川平湾は潮流がはげしいため遊泳は全面禁止です。
そのため、海へ行くにはグラスボートに乗っていくしか方法はありません。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3626k5d.JPG

グラスボートで少し沖合いまでいきます。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8271e.JPG

グラスボートの中はこんな感じ。
子供達はおおはしゃぎでした。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3648k5d.JPG

グラスボートから見る、川平湾のサンゴと魚たち。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3634k5d.JPG

一瞬で逃げてしまったのでブレてますが、ウミガメ君を発見することも出来ました。


・・・と、ココまでは至極順調で、
川平湾の海の中を見て、その後のシュノーケリングへの期待も高まったのですが、、、

グラスボートからおりて、ふと気になったのでポケットを確認すると・・・
レンタカーのカギがない!

気づいた瞬間は「どこか違う場所にしまったに違いない」と楽観してましたが、
時間がたつにつれて「なくした」という事実がのしかかります。。。

30分くらい探し続けましたが、
広いビーチでちっぽけなカギ1つ見つけるのは到底ムリでした。

レンタカーのカギをなくすと一体どうなるのか、
初体験の出来事でまったくわかりませんでしたし、
少なくともこのあとの予定がすべて白紙になってしまうのが、ものすごく残念でした。

いくら考えても仕方ないので、OTSレンタカーの事務所にTEL。
カギ紛失の場合は、事務所に戻ってスペアキーを受け取ってもらわねばならないとのこと。
「何とか届けてくれませんか」と聞いたところ、
「本当はそんなサービスはないが、届けるとしたらあと2時間以上はかかる」とのこと。
そしてドライバー手配等で1万円くらい費用がかかる、とも。。。

2時間待ってさらに金取られるのであれば、タクシーで往復しちゃう方が早いので、
急きょタクシーを手配して、石垣市内に急行してもらいました。

タクシーの運ちゃんは、あまりに落ち込んでいるボクの姿を見て、
はげましてくれながら猛スピードで川平〜石垣市内を往復してくれました。
タクシーで石垣市内に向かうことを決めた時点では、
その後の予定はすべてムリになることを覚悟したのですが、
予想よりもだいぶ早い時間で往復してくれたので、
その後の予定を出来るかも・・・というところまで頑張ってくれました。

川平湾の次の予定だった、
米原海岸でのシュノーケリングが今回の一番のお楽しみの1つですので、
何としてもやりたかったのです。

カギをなくした時点では、ゼッタイに出来ないだろうと最強レベルに落胆しましたが、
タクシーの運ちゃんの頑張りのおかげで、少し希望が見えてきました。


それにしても、カギをなくすとは・・・大失態でした。
川平湾の前までは必ずバッグに入れていたのですが、
時間がおしていたこともあって、あわてて短パンのポケットに入れちゃったんです。
あわてて動かなければいけないスケジュールを組むべきではない・・・と痛感でした。。。



その14に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

石垣島旅行記12(竹富島−3)

一昨日・昨日に続いて、竹富島の「その3」でございます。

竹富島の集落中心あたりに「展望台」があります。
展望台とはいっても、いまだかつて見たことのない、
単なる階段にしか見えない超シンプルな展望台です。
(写真に撮るのを忘れてしまいました。)

昇り降りするのも一苦労するような展望台でしたが、
そこからの風景はなかなかのモンでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3602k5d.JPG

展望台から望む風景。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8262e.JPG

1枚目の道路部分をアップで。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3601k5d.JPG

1枚目とは少しアングル変えて撮影。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3604k5d.JPG

3枚目をアップで撮影。家々の向こうには海と対岸の島が見えます。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8254e.JPG

竹富島の道は、大抵は「白砂の道」か「フツーにアスファルト」ですが、
ときにはこんなところもチャリで巡ります。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_8258e.JPG

竹富島には、これだけでなく、かなりたくさんの蝶たちが飛んでいました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3607k5d.JPG

石垣〜竹富はドリーム社の船で来ましたが、
帰りは別の会社の船で帰りました。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3609k5d.JPG

船内の様子。
わずか10分〜15分ですが、夫婦そろって一瞬で爆睡してしまいました。


竹富島は「白砂と赤瓦の屋根」が象徴的なのんびりした島でしたが、
若干「作られた」感を感じてしまいました。
実際、町並み保存のためにお金をかけているようですし、
まあこんなもんかな、というのが正直な感想。
でも、石垣本島にだけ滞在していては味わえないモノを味わえたと思います。
特にチャリでの島巡りは、それ自体が楽しかったです。


ちなみに竹富島に滞在したのは大体11:00〜13:00の約2時間。
フツーは最低半日かけて周るらしいので、相当ハードにしてしまいました。
当初はゆったり観光しようと思っていたのですが、
結局はハードスケジュールになり、
それが次の訪問地での大失態にもつながってしまうのです。。。


その13に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

石垣島旅行記11(竹富島−2)

昨日に続いて、竹富島の「その2」です。
今日は竹富島の「名物」「名所」の紹介でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3573k5d.JPG

竹富島集落の中心部では、名物?の「牛車」がのーんびり回っています。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8245e.JPG

子供たちも興味津々です。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8246e.JPG

一生懸命に車を引っ張る牛の姿を見ると、何だか可哀相な気がしちゃいますが、
食べられちゃうよりは幸せなのかも?


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3599k5d.JPG

休憩中に一眠り?の牛さん。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3576k5d.JPG

多分、竹富島で一番の名所「コンドイ浜」。
白砂が最高に美しいビーチ・・・ということですが、
正直のところ最高レベルまでとは・・・。
まあ、キレイではありましたけどね。。。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3578k5d.JPG

コンドイ浜にて。
ココだけ完全に夏が来たみたいに見えますね。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3584k5d.JPG

コンドイ浜からチャリで5分ほどの「星砂浜」。
泳いでいる人はいませんでしたが、みんな浜辺でのんびりしていました。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3582k5d.JPG

星砂浜にて。
その名の通り、星型の砂が見つかるのですが、
この星砂は、もともとは海の中のなんとか虫とかいう生き物の死骸だそうです。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3596k5d.JPG

コンドイ浜から見ると、星砂浜とは反対にチャリで5分くらいの「西桟橋」。
一応ココも竹富島名所の1つになってます。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3592k5d.JPG

西桟橋にて。
時間的に干潮の時間だったので、桟橋からお魚くんたちを眺めることが出来ました。


竹富島の「ビーチ」は最高レベルに美しい・・・とまでは感じませんでした。
もちろんキレイはキレイで、のーんびりするには良い場所ではあります。
「ビーチ」よりも街中の風景の方がインパクト大のような気がします。



その12に続く。。。

posted by 玉ケン at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

石垣島旅行記10(竹富島−1)

石垣島到着初日は、夕方着だったこともあって、ほとんど何もせずすごしましたが、
2日目は、朝食を食べてからフルスロットルでの行動予定です。

当日の朝まで予定はほとんど立てていなかったのですが、
せっかく石垣まで来たのだから、どこか1つは離島にもいってみようと思い立ち、
一番近めな「竹富島」に行ってみることにしました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3612k5d.JPG

朝食を食べて少ししてから、レンタカーにて石垣港へ。
車は置いて、船で竹富島へと向かいます。
第1駐車場は満車でしたが、第2駐車場はまだまだ余裕だったので、
すんなりと車を置くことが出来ました。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3553k5d.JPG

石垣港のターミナルの中。
竹富島行きがもうすぐ出港とのアナウンスがあり、ダッシュでチケットを購入。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3611k5d.JPG

石垣港の様子。
船の会社はいくつかあるようで、船着場が4つくらいありました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3555k5d.JPG

ボクらが乗船したのはドリームという会社のやつ。
オレンジ色の船体で、意外と?大きめでしっかりした船でした。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3606k5d.JPG

竹富島の玄関である港に到着。
石垣〜竹富は10分くらいで、あっという間に到着します。
竹富島観光は色々な手段があるようですが、一般的なのはレンタサイクル。
港にレンタサイクルの業者の車が来ていて、
レンタサイクルの事務所まで送迎してくれます。
ちなみに、ボクらが乗った送迎車の女性ドライバーはムッツリ無言で、
ちょい怖かったです(笑)



6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3562k5d.JPG

レンタサイクルを借りて早速島内周遊へ。
まず目に飛び込んでくるのは真っ白な砂の道。
砂なのでチャリの運転はかなりしづらいです。
実際エリーはいきなり四苦八苦してました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3564k5d.JPG

白砂の道に青い空、そして赤色の屋根瓦・・・お約束って感じの風景があります。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3597k5d.JPG

民家風に見えますが、本当は喫茶店みたいです。
この時は閉まってましたが。。。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8242e.JPG

春休みだけあって、人はソコソコには多く、
各名所スポットや、島中心部は、マアナアな数の人々がいました。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3565k5d.JPG

竹富島に唯一ある学校。
小さな島ですが、数百人の人々が暮らしているらしいです。



その11に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

石垣島旅行記9(フサキリゾートの朝食)

フサキリゾートの朝食は、シアターレストラン「ラグーン」でビュッフェ形式です。
夕食は3つのレストランから選べましたが、朝食は選択肢はなくココだけです。

夕食のところでも書きましたが、、、朝食の際もなにしろ手際が悪い!
ビュッフェ形式で、これだけ料理が空っぽになっているのは見たことないです。
(夕食時よりは少しマシではありましたが。。。)
料理の味自体は悪くないので、なおさら勿体無い感じがしちゃいます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3523k5d.JPG

朝のシアターレストラン「ラグーン」。
光がさしこんで、夜とは雰囲気が違いますね。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3526k5d.JPG

昨日も書いたのですが、外のバルコニーで食べることも出来ます。
でも、外で食べている人はほとんどいなかったです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3524k5d.JPG

滞在2日目の朝に並べられていた料理の数々。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8225e.JPG

こうして背景ボカシで撮影すると、何となくカッコ良い感じになりますね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3525k5d.JPG

2日目朝のボクの方の一例。


6枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8226e.JPG

同じく2日目朝のエリーの方の一例。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3674k5d.JPG

3日目朝のボクの方の一例。
ビュッフェの内容は、2日目と3日目とで少しずつ変わっていましたが、
ボクが盛ってくる料理はほとんど変わらずワンパターンです。
・・・これはどこへ行っても同じなんですけどね。。。



その10に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

石垣島旅行記8(フサキビーチ)

フサキリゾートのビーチは、宿泊者用のプライベートビーチのように見えますが、
実際はビーチだけを利用する人にも開放されているビーチです。

名前はそのまんま「フサキビーチ」(「フサキ」自体は場所の名前)ですが、
石垣にはココよりもキレイなビーチも数多くあるらしく、
宿泊者以外のゲストはそれほど多くなかったように見えました。

以下、そんな「フサキビーチ」をご紹介・・・。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3520k5d.JPG

フロント棟のすぐそばに「フサキビーチ」への入口があります。


2枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8229e.JPG

入口から林の中を2〜3分くらい歩くと、ビーチが見えてきます。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8237e.JPG

ビーチの主役は、やはりこの桟橋でしょうか?


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8231e.JPG

ビーチ沿いの木の、このパイナップルみたいな実は、南国情緒を醸し出します。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3530k5d.JPG

「ビーチに女の子」はお約束的に絵になる感じで、1枚撮らせていただきました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3533k5d.JPG

マリンジェットで楽しむ人もいたりしました。もちろん有料です。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8236e.JPG

桟橋の付け根部分から撮影。先端部分には常に人がいる感じでした。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3477k5d.JPG

東京に住むボクらは「南の島の海の色はなぜこんな色?」と思いますが、
石垣の人にとっては「東京の海の色はなぜこんな色?」で、
このエメラルドグリーンの海が当たり前の「海」なんでしょうね〜。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3537k5d.JPG

石垣には他にもたくさんキレイなビーチがあるようですが、
ココ「フサキビーチ」の海もボクらには十分なレベルです。
この透明感がよいですよね〜。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3475k5d.JPG

桟橋先端にて。何となく良い感じだったので。。。



その9に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

石垣島旅行記7(フサキリゾート 館内いろいろ)

石垣島旅行記その7では、フサキリゾートヴィレッジの館内のいろいろを紹介します。

敷地全体は結構広くて、「ヴィレッジ」の名の通りに色々な施設があります。
全部を見て回ったわけではありませんが、主だったものをご紹介。。。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3453k5d.JPG

フサキリゾートの宿泊部屋はすべてコテージタイプ。
実際はビーチ沿いではない部屋の方が圧倒的に多いです。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3522k5d.JPG

和食レストラン「ゆんたく」の前です。
敷地内には画像右端に写っている案内板がアチコチにあります。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8227e.JPG

こちらは昨日の記事でも書いた、シアターレストラン「ラグーン」のオープンテラス部分。
このテラスで食べることも可能だったみたいです。


4枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8222e.JPG

館内のあちこちに色々な花が咲いてます。
ちなみにこの写真は自分達の部屋320号室の目の前。


5枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8206e.JPG

花と同様に、館内のあちこちにあるシーサー。
これはエイサーシーサーというらしいです。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3547k5d.JPG

ココはプールの隣にある、シーサイドレストラン「夏至南風」。
残念ながら4/1〜のオープンなので、ボクらが訪れたときはオープン直前でした。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8219e.JPG

プールサイドを遠目から見たところ。


8枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8240e.JPG

この写真で言うと、チェアーのある奥の方がビーチだったと思います。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3517k5d.JPG

見ての通りのテニスコート。
有料ですが、割引券やらなにやらで実際はお安く出来るみたいでした。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3676k5d.JPG

フロント棟には、写真に写っているお土産屋や、コンビニがあります。
夜中まで開いているコンビニはなにげに重宝しました。



その8に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

石垣島旅行記6(フサキリゾートの夕食)

ホテル到着して少しの間サンセット撮影&散策を楽しんだ後は、
もうすぐに夕食の時間になっていました。

フサキリゾートにはレストランがいくつかあります。
http://www.fusaki.com/home/restaurant/index.html
・各種料理のビュッフェ形式の「ラグーン」
・グリル料理中心の「ナチュラ」
・和食、寿司の「ゆんたく」
この3つのレストランは常時オープンしています。

ほかに、夏期だけオープンする
・ビーチでのオープンレストラン「夏至南風」
もあるのですが、
残念ながら4/1〜のオープンだったため、まだ利用出来ませんでした。

ボクらが申込んだパッケージツアーでは「夕食1回」がついているのですが、
初日・2日目どちらでもOKで、また3つのレストランのどれでも選択出来ます。

で、ボクらがチョイスしたのは、ビュッフェ形式のラグーン」。
まあ一番無難な選択ですよね。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3504k5d.JPG

画像左側の建物が「ラグーン」、右側が「ゆんたく」です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3503k5d.JPG

これは1枚目の隣の建物にある「ナチュラ」。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3498k5d.JPG

レストラン「ラグーン」の中はこんな感じ。
手前にビュッフェ形式の食べ物が並んでいて、奥には舞台があります。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3497k5d.JPG

奥の舞台では、時間を決めて「石垣民謡ショー」みたいのが行われていました。
一応「これを見たい」というのもレストランチョイスの理由でしたが、
正直言って見なくても良かったかも・・・。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3500k5d.JPG

料理の一例。この日は「ステーキ食べ放題」がウリ。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3502k5d.JPG

石垣の「八重山そば」は、沖縄本島の「ソーキそば」とは微妙に違っていて、
ソーキそば嫌いのボクでもわりと美味しく頂けました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3505k5d.JPG

上に書いたレストランは20:30ごろにクローズしてしまうのですが、
他に「居酒屋あーまん」というのがあって、ここは24:00まで営業しています。


レストラン「ラグーン」のビュッフェ料理は、
料理そのものの味は予想していたよりも美味しかったくらいだったのですが、
従業員の動きや、料理のサーブ等の段取りが悪すぎでした。
「ステーキ食べ放題」が最大のウリのはずなのに、
ボクらがレストランに入って15分以上はステーキゼロ状態が続いていました。
また、従業員はこちらが言えば丁寧に対応はするのですが、
自らの積極的な動きは皆無に近いレベル・・・。
ビュッフェの料理の状況確認などほとんどしておらず、他の料理も品切れ続出。

正直言って、、、
料理自体は70〜80点でも、サービスが30点以下でしたね〜。
グリルレストラン「ナチュラ」の方にすれば良かった・・・と後悔したほどでした。



その7に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

石垣島旅行記5(フサキリゾートの夕暮れ)

部屋を汚してしまう前に写真撮影を済ませると、外は夕暮れの時間になっていました。

石垣の夕暮れは遅いとは言っても、ボクらの到着も遅かったので、
当たり前と言えば当たり前ですね。

というわけで、少し部屋でまったりした後は、
フサキリゾート内で夕暮れ撮影へと出かけました。
120%真っ赤に燃える夕暮れ・・・ではありませんでしたが、
南の島の夕暮れ空はやはり美しいものでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3469k5d.JPG

敷地内の建物のあいだから見える空。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3495k5d.JPG

プールの前を通ってビーチへと向かいます。
プールの水面に映る空もわずかに赤みがかってきました。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8207e.JPG

ビーチに来てみると、もうサンセット間近になっていました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3491k5d.JPG

ビーチの別の場所から。
フサキビーチで一番フォトジェニックなのは、やはりこの桟橋でしょうか。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3485k5d.JPG

桟橋の付け根部分から夕陽を眺めたところ。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3488k5d.JPG

桟橋の上では、数人のゲストが釣りをしていたりしていました。


7枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8208e.JPG

桟橋の上から海をのぞくと、少しですがお魚くんが泳いでいるのが見えます。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3443k5d.JPG

これはボクらの部屋の近くで撮影したもの。


9枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8212e.JPG

遠くを行く船を撮影したもの。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3442k5d.JPG

もう日も暮れそうなので、いったん部屋に戻って夕食会場へ向かいます。



その6に続く。。。
posted by 玉ケン at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

石垣島旅行記4(フサキリゾートの部屋〜ハイビスカススイート後編)

前回に続いて、
「フサキリゾートヴィレッジ」のボクらが宿泊した「320号室」の様子を紹介します。

今回は、バルコニーからの眺望、および水回り関係などでございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3440k5d.JPG

ガーデン側から見た部屋。
真ん中がボクらの部屋320号室で、同じ棟のお隣は319号室です。
写真向かって左はメゾネットタイプの部屋が並んでいます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3513k5d.JPG

バルコニーから正面の眺め。
オーシャンビューをうたっているだけあって、目の前にビーチが見えます。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3437k5d.JPG

バルコニーから向かって右側の眺め。
右側には1枚目のメゾネット棟しかありません。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3514k5d.JPG

バルコニーから向かって左側の眺め。
左側はビーチ中央に向かっていて、色々なものが見えます。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3438k5d.JPG

左側の方を見ると、奥にプールが見えますね。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3431k5d.JPG

「ホテル」なので、水回り関係はユニットバスタイプです。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3432k5d.JPG

洗面はごくノーマル。アメニティも必要最低限って感じ。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3434k5d.JPG

浴槽・シャワーなんかもいたってノーマル。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3433k5d.JPG

ホテルHPには「ロクシタンのアメニティ・・・」とありましたが、
実際は置いておらず、ポーラのシャンプー等が置いてありました。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3439k5d.JPG

リビングの鏡台の上には各種アクティビティ・ツアーの案内等があります。
ただ、ホテル経由のモノは割高なので1つも利用しませんでした。



その5に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

石垣島旅行記3(フサキリゾートの部屋〜ハイビスカススイート前編)

今回と次回の2回にわたって、
「フサキリゾートヴィレッジ」のボクらが宿泊した「320号室」の様子を紹介します。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


昨日もアップしましたが、フロントで↓の地図を渡された時点で、
「おっ、格安ツアーなのに奥の方のオーシャンビューの部屋なんだ!」
と期待は高まっていたのですが、、、
IMG_3512k5d.JPG

旅行が終わって家に帰ってから調べてみると、
ボクらの泊まった「320号室」は、フサキリゾートヴィレッジの部屋の中で、
最上級に位置する「オーシャンビューハイビスカススイート」だったことが判明しました。
http://www.fusaki.com/home/room/hibiscus.html

泊まっている間も「なかなか良い部屋じゃん!」なんて2人で言い合ってはいましたが、
まさか最上級にまでグレードアップしていたとは思っていませんでした。
たまたま空いていたからという理由以外ないのですが、
一番良い部屋だった・・・と聞くと「ラッキー!超得した!」って感じですよね。

ちなみに、ホテルの公式HPから直予約すると、
朝食のみ付くプランでも1人1泊が約2万円〜4万円だそうです。
実際は2泊3日でしたので、宿泊費だけでも1人5万円くらいでしょうか。
今回のパッケージツアーでは、夕食1回、往復航空機代、レンタカー3日分がついて、
それで1人5万円台でしたので、やっぱり相当にお得感がありますよね〜。

ということで、、、お得に泊まれた、
フサキリゾートヴィレッジの「ハイビスカススイート」の「320号室」の様子です。

まずはホテルHPにのっていた間取図から。。。
jw_img03.jpg



1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3515k5d.JPG

部屋の外の様子。319号室と320号室の2部屋で1棟になっています。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3419k5d.JPG

320号室の玄関。シーサー君がお出迎えです。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3420k5d.JPG

玄関入ったところ。使い捨てスリッパが2つ並べられていました。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3422k5d.JPG

玄関から部屋の方をながめるとこんな感じ。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3425k5d.JPG

この320号室には和室がついているのが特長的です。
ココに布団をしいて4人まで泊まれるみたいですが、
ボクらの場合は完全に荷物置場と化してました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3426k5d.JPG

和室の方からリビング部分を撮影したところ。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3427k5d.JPG

リビングからベッドルーム方向を見たところ。
リビングにある机が大きくて使いやすかったです。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3428k5d.JPG

リビングから和室方向を見たところ。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3430k5d.JPG

ベッドルームからリビング方向を見たところ。
ベッドはセミダブルのツインタイプでした。


次回は部屋からの眺望などを紹介します。


その4に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

石垣島旅行記2(フサキリゾートヴィレッジへ)

AM11:30の便で羽田を出発し、石垣空港に到着したのはPM4:00ぐらい。
その後すぐに、石垣市内に事務所のあるOTSレンタカーでホテルへと向かいます。

今回の宿泊先は「フサキリゾートヴィレッジ」というところ。
http://www.fusaki.com/
全部屋がコテージタイプになっているのが魅力でした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3460k5d.JPG

石垣市内からは10分くらいで「フサキリゾートヴィレッジ」に到着です。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3461k5d.JPG

エントランスの概観。あいにく天気はさほど良くないですが、
木々と赤瓦の屋根が南国ムードを演出してくれますね。


3枚目(X2+EF24-105IS)
IMG_8204e.JPG

エントランスを正面から見たところ。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3507k5d.JPG

まずはフロントでチェックイン手続きです。
格安パックツアーでの申込でしたが、
朝食2回と夕食1回がついたやつなので、食事券もこの場でもらっていきます。
ちなみにココでも空港同様に、お約束?の熱帯魚水槽がありますね。


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3512k5d.JPG

今回ボクらが泊まる部屋は「320号室」とのこと。
地図上では右上にある部屋です。
格安ツアーでしたので、まずオーシャンビューは無理だろうと思ってたのですが、
ビーチ沿いの、しかも奥の方の部屋のようで期待が高まります。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3416k5d.JPG

フロントから部屋まではカートでご案内です。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3417k5d.JPG

ボクらの泊まる部屋「320号室」です。
1棟に2部屋あるタイプのようでした。
部屋の様子は次回以降に・・・。


その3に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

石垣島旅行記1(羽田出発〜石垣到着)

最近は仕事が忙しいので、なかなかお出かけできずにブログ更新も滞っていましたが、
3/30〜4/1の2泊3日で、久しぶりに本格的な旅行に行ってきました。

旅行先は「石垣島」でございます!

3/30から3日間休みが取れることは前からわかっていましたので、
3月初めまでは、北海道に流氷を見に行こうと思っていたのですが、
海氷情報を見ると、3月半ば時点ですでに流氷は消えてしまった様子。。。

さあ、それではどこにしようか?と一瞬思い悩んだのですが、
結局は北海道と正反対の南の島「石垣島」にしたのでございます。
宮古島には一昨年の秋に訪れていますので、
http://tamaken.seesaa.net/category/5717075-1.html
石垣と宮古の違いなんかも興味があるところでございました。

というわけで、本日から「石垣島旅行記」を長々と続けて参る予定でございます。
よろしければ、延々とおつきあい下さいませ!

今日は「羽田出発〜石垣到着」でございます。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。

1枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3394k5d.JPG

今回は全日空で「羽田〜那覇〜石垣」ですので、羽田は第2ターミナルでございます。


2枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3397k5d.JPG

ボクらが乗った便は、羽田11:30発の那覇行き。
沖縄本島ならともかく、石垣・宮古等の島に行く場合は、
フツーはもっと早い便にするのだと思いますが、夜12:00すぎまで仕事でしたので、
エリーの強い希望でこの時間帯になりました。


3枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3398k5d.JPG

那覇行きの便はジャンボ機で、かつほぼ満席状態でした。
春休みなので、やっぱり家族が多かったです。


4枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3407k5d.JPG

まずは経由地の那覇に到着。若干遅れたみたいで約3時間で到着。
・・・といっても爆睡のボクらにとっては「一瞬」でしたが(笑)


5枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3406k5d.JPG

今度は「那覇〜石垣」の便に乗り込みます。
那覇着の便が若干遅れたために、出発時間が少し変更になってました。


6枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3410k5d.JPG

石垣空港に到着です。本当は「長い道中」なんでしょうが、
「羽田〜那覇」間は2人とも爆睡。エリーは「那覇〜石垣」の1時間弱も爆睡でしたので、
体感時間的には「一瞬」で到着してしまいました。


7枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3411k5d.JPG

石垣空港の建物ですが、宮古高校が合宿に来てるのが面白いですね。
これって、ひょっとして三陸の方の宮古かな???
おそらくは宮古島の宮古だと思うのですが。。。


8枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3412k5d.JPG

石垣空港の内部。予想通りにこじんまりしてます。


9枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3413k5d.JPG

これも予想通りでしたが、熱帯魚水槽のお出迎え。南の島のお約束ですよね。


10枚目(5D+EF24-105IS)
IMG_3414k5d.JPG

ようやく空港の外に出る事が出来ました。
これからOTSレンタカーを借りて、ひとまずはホテルに向かう予定です。



その2に続く。。。

posted by 玉ケン at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。