2009年09月30日

貴祥庵3(部屋<後編>)

昨日に引き続いて、貴祥庵で泊まった「露天風呂付客室504号室」の紹介です。

(間取り等は宿HP参照)
http://www.kishoan.net/guestroom/room3.html


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
主室のテーブル上から広縁方向を撮影したところ。
窓の外にうっすら夕焼け空が広がっていてキレイでした。
IMG_6849e.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
広縁の脇には、エリー曰く「お殿様風」すだれ?かかっています。
IMG_0815k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
すだれを開けると向こう側は部屋付の露天です。
IMG_0817k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
場所的にはいったん戻って、水屋の奥が洗面スペース。
IMG_0820k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
最近の旅館ではもはや定番的なダブルシンク。
IMG_0821k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
洗面スペースの先はシャワースペース。若干狭いかな?
IMG_0822k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
シャワスーペースの先の一番奥が露天風呂。とはいっても半露天ぐらい。
IMG_0824k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
7枚目とは逆向きに撮影したところ。
IMG_0826k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
露天からの眺め。
とはいっても貴祥庵は浅間温泉の街中にあるので、目隠しの隙間から眺める感じ。
IMG_0827k5d.JPG



10枚目(5D+EF24-105IS)
部屋から眺める浅間温泉の夕暮れの風景。
IMG_0831k5d.JPG



写真でもおわかりの通り、貴祥庵は浅間温泉の街中にあるので、
眺望は本当にフツーな町並みが見えるだけで、何も大したことはありません。
それどころか、部屋露天から向かいのマンションは丸見え、
ということは、、、向かいからこちらも結構見えちゃいそうです。
ボクらはあんまり気にしませんでしたが、気にする人は気になるかも。。。


その4に続く。。。

タグ:貴祥庵
posted by 玉ケン at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 貴祥庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

貴祥庵2(部屋<前編>)

今日・明日は、ボクらの泊まった部屋を紹介していきます。

今回の部屋は「露天風呂付客室」で、
多分ですが、カテゴリー的には宿の中で一番フツーのタイプだと思います。
http://www.kishoan.net/guestroom/room3.html


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
5Fでエレベーターを降りてから3枚の格子戸を通って、ようやく部屋まで来ます。
IMG_0794k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
ボクらの部屋は504号室で「Shiitake」という名前がついていたみたいです。
対面にある506号室は、貴祥庵の中に1部屋だけある貴賓室でした。
IMG_0796k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
玄関入ってすぐのところ。正面の扉は1つ目のトイレの扉。
IMG_0797k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
玄関をあがって主室方向を見たところ。ココが前室といったところでしょうか。
IMG_0799k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
前室向かって右側には4.5畳の副室があります。
ボクらの場合は当然単なる荷物置場と化します。
IMG_0802k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
トイレは部屋に2つ付いてます。コレは玄関入ってすぐのトイレ。
IMG_0800k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
前室向かって左側にある2つ目のトイレ。
1つ目よりも広く、主室にも近いので、ボクらはほとんどコッチを使用。
IMG_0801k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
HPにある間取図とは若干違って、
前室向かって左側、洗面スペースの隣に水屋がありました。
IMG_0804k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
主室の広さは12畳。正面に2〜3畳ほどの広縁があります。
IMG_0810k5d.JPG



10枚目(5D+EF24-105IS)
床の間に飾られていた花。
IMG_0814k5d.JPG



その3に続く。。。
タグ:貴祥庵
posted by 玉ケン at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 貴祥庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

貴祥庵1(到着)

シルバーウィークに3泊4日で「松本〜上高地」へ行ってきました。

「上高地」は、数年前からボクらの旅行先候補になっていたのですが、
いつも決定寸前で別の行く先になってしまって行けずじまいでした。
今回ようやく実現した次第でございます。

4日間も日程がありましたので、
どうせなら松本にも泊まって観光しちゃおうという計画でございました。

まずは初日ですが、松本市街地からほんの少し離れた「浅間温泉」にある、
『貴祥庵』に泊まりました。
http://www.kishoan.net/index.html
IMG_0924k5d.JPG


中央道で高井戸〜松本まで行くわけですが、さすがに朝から大渋滞との情報で、
渋滞を避ける意味で昼過ぎに家を出発しました。
なので『貴祥庵』に到着したのは夕方、もう日も暮れる寸前というところでした。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
『貴祥庵』は有名な「星野グループ」が手がけるデザイナーズ旅館です。
「浅間温泉」は単なる町というぐらい目立たない温泉地なのですが、
そんな中に『貴祥庵』のユニークな建物が突然視界に入ってきます。
IMG_0926k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
これが正面玄関。これも変わったつくりしてますね〜。
IMG_0860k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
玄関入ってすぐの通路。エリーはココが結構インパクト大だったそうです。
IMG_0928k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
通路の奥の自動ドアを入ると、また自動ドアがあります。
IMG_0930k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
2つの自動ドアをくぐりぬけると、フロント・ロビーに到着。
いやいやコテコテではありますが格好良いですな〜。
IMG_0844k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
ウェルカムドリンクの抹茶とお菓子。ロビーで宿帳記入しながら頂きます。
IMG_0790k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
ロビーでチェックインを済ませたら早速お部屋へご案内です。
これはロビーから宿泊棟へとつながる通路。
IMG_0932k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
エレベーター内の掲示。全部で5階建て、部屋数は意外と少ないようでした。
IMG_0875k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
ボクらの泊まったのは5Fでしたが、エレベーター降りてすぐに目の前に広がる光景。
格子ばっかりで何が何だかわかりません(笑)
IMG_0791k5d.JPG



その2に続く。。。
タグ:貴祥庵
posted by 玉ケン at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 貴祥庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「25.帰国の途&感想」

全25回にわたって続けてまいりました「モルディブ〜ミリヒ旅行記」ですが、
ようやく本日が最終でございます。
今回は、帰国時の画像と旅行全体への感想なんかをアップしたいと思います。


予定外のマーレ市内観光を楽しんで空港に戻ると、もうチェックインの時間でした。
チェックイン後、空港内で多少待ちましたが、ストレスになるほどではなかったです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
搭乗時点ではすっかり日も暮れたマーレ国際空港。
IMG_0758k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
行きとは反対に、マーレ〜コロンボ経由〜成田というフライトになります。
IMG_0756k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
行きの飛行機では人気で食べれなかった機内食のカレー。
フツーに美味しかったですよ。
IMG_0760k5d.JPG



4枚目(X2+EF24-105IS)
夫婦ともどもガッツリ眠ってしまったので、長時間フライトの苦痛はありませんでした。
目を覚ますと、もう夜は明けていて、窓の外には「フジヤマ」も見えてきました。
IMG_6846e.JPG




今回の旅行全体の感想ですが・・・

1.なにしろミリヒのハウスリーフは想像通りに素晴らしかった。
2.しかしながら、ほとんどの日が雨だったのが非常に残念。
3.去年のタヒチと比べると、色々な面でお手軽。
4.ホテルのホスピタリティは十分ながらも、ホテボラには若干劣るかな?
5.ジンベエザメが見れなかったのは残念。もう一度トライしたいです。
6.ウミガメくんにも、もっとたくさん出会いたかった。
7.初日のマーレ泊はホテルのしょぼさも含めて、無い方が良いと思った。

総じて大満足、もうすぐにでもまたモルディブに行きたい!
と思うくらいなのですが、
・天気が良い乾期に行きたい。
・到着日にリゾート泊できるところにしたい。
というのが次回への要望となりました。

少し偉そうに注文っぽく書いてますが、
もちろん大満足な旅でしたし、モルディブは安いリゾートも結構あるので、
これからも何度もリピートしたいと思いました!!!


おしまい。。。


posted by 玉ケン at 11:20| Comment(6) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「24.マーレ市内観光」

ミリヒから水上飛行機に乗ってマーレ空港島に到着したのは8月19日の夕方くらい、
コロンボ行きの飛行機は夜の8時くらいですので、3〜4時間ほど時間があります。

この3〜4時間は空港内で時間つぶすしかないのかなあ〜と思っていたところ、
現地手配&案内会社のインパックの人から
「1時間半くらいでマーレ市内観光出来ますよ、料金も10ドルくらい」と聞いて、
ほぼ即答でお願いしちゃいました。

お願いするとすぐにモルディビアンのガイドがやってきて、
彼についてマーレ市内へと向かいました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
空港島からマーレ市街島へは「ドーニ」という船で渡ります。
乗船料は1ドル。
IMG_0694k5d.JPG



2枚目(X2+EF24-105IS)
ドーニを操船するのはかなり若い男の子で、足で操縦していました。
IMG_6783e.JPG



3枚目(X2+EF24-105IS)
マーレの街はお世辞にもキレイとは言いがたい感じ。
IMG_6789e.JPG



4枚目(X2+EF24-105IS)
いかにもアジアって感じで、かなり人口密集度高いです。
IMG_6815e.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
これは大統領の家だか何だかって案内された気がしますが。。。
IMG_0709k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
モルディブはイスラム教なので、バンダナ巻いた女性が多いです。
IMG_0706k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
イスラム教の寺院「モスク」は町のあちこちにありました。
IMG_0739k5d.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
市場にはところ狭しと野菜・果物が並べられています。
IMG_0723k5d.JPG



9枚目(X2+EF24-105IS)
市場の前にはたくさんの漁船が停泊していました。
IMG_6809e.JPG



10枚目(X2+EF24-105IS)
こちらは魚市場。うーん、あんまり美味しそうって感じじゃないですね。
IMG_6830e.JPG



わずか1時間強の観光ではありましたが、時間をつぶせて良かったと思います。
リゾートにいると「モルディブ=アジア」って感触はしないですが、
マーレ市街は「バリバリ活気あふれるアジアの町」って感じです。

こうして少し市内観光してから、ドーニに乗船して空港島へと戻ったのでした。


その25に続く。。。
posted by 玉ケン at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「23.ミリヒ〜マーレ空港」

ミリヒでの夢のような4日間はあっという間に終わってしまい、
じょじょに現実へと引き戻されていきます。。。

ミリヒのチェックアウト時間は15:00、
レセプションに集合して、水上飛行機でマーレ空港へと戻ります。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
チェックアウト時間は刻一刻と近づいてきますが、
まずは大きな荷物を先に運んでおいてもらいます。
IMG_6759e.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
レセプションに集合してから少しの間待機です。
お土産としてミネラルウォーターを1人1本ずつくれます。
IMG_0643k5d.JPG



3枚目(X2+EF24-105IS)
ミリヒに到着したときとは反対に、
ミリヒから飛行機の到着場まで船に乗っていきます。
IMG_6765e.JPG



4枚目(X2+EF24-105IS)
帰りの飛行機のクルーは白人男性2人。
行きのクルーは寡黙な人でしたが、帰りのクルーは陽気におしゃべりしてました。
IMG_6771e.JPG



5〜8枚目(5D+EF24-105IS)
あいにくの雨ではありましたが、飛行機の窓からは美しい海と島々が見えます。
IMG_0657k5d.JPG


IMG_0663k5d.JPG


IMG_0669k5d.JPG


IMG_0678k5d.JPG



9枚目(X2+EF24-105IS)
空港島ではない、マーレの市街が見えてきました。
IMG_6773e.JPG



10枚目(5D+EF24-105IS)
ぐるっと旋回するような感じで、マーレ空港島に着陸していきます。
IMG_0686k5d.JPG




このときのボクの心境は、まったく制御不能なくらい「しょんぼり・・・」。
この世が終わってしまった・・・とばかりにさびしい気持ちでした。。。


その24に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「22.8月19日のシュノーケリング」

ミリヒの最終日チェックアウトの時間は、
自分達の部屋に次のゲストがその日に入る場合は12:00、
その日には次のゲストが入らない場合は15:00、ということらしいです。

前日の夜に、どちらの時間になるか、日本語で書かれた手紙が部屋に来るのですが、
ボクらはラッキーなことに15:00チェックアウトでした。
(多分この日チェックアウトする人はみんな15:00っぽかったですが・・・)

そうと決まれば、最終日もギリギリまでシュノーケリングです!
3日目にようやく出会えたウミガメくんには会えませんでしたが、
最後のときまで、ミリヒの魚たちはボクらを楽しませてくれました。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800or900)が開きます。
G10の画像はエリー、TZ7の画像はボクが撮影したものでございます。


1枚目(G10)
ブダイの顔を正面から見ると、なんともユーモラス。
IMG_0494eg10b.jpg



2枚目(TZ7)
こちらも正面からパチリ。魚はどれも、正面から見ると面白いですね。
P1000418ktb.jpg



3枚目(TZ7)
これまたジーッとしているやつを正面から。
P1000447ktb.jpg



4枚目(TZ7)
彼らはいつでも2匹でいることが多いです。
P1000422ktb.jpg



恐怖?のゴマモンガラくんの動画。



海中のパイプの上でサージョンフィッシュ3匹がクルクル回る動画。



5枚目(G10)
スズメダイの群れの中に、ごつい大きいのが1匹。
IMG_0511eg10b.jpg



6枚目(G10)
この日もスズメダイの群れの乱舞は美しかったです。
IMG_0536eg10b.jpg



この日のスズメダイの群れの動画。



7枚目(TZ7)
ヨスジフエダイも、昨日までと同じように美しく群れていました。
P1000435ktb.jpg



こちらはその動画。



8枚目(TZ7)
ジェッティの下にはギンガメアジの小群れ。
P1000456ktb.jpg



こちらはその動画。



9枚目(TZ7)
ヴィラの階段下のノコギリダイの群れ。
P1000466ktb.jpg



リーフエッジで海底の方に、何かわかりませんが群れている動画。



10枚目(G10)
最後の最後にはイカくんが初登場。
サヨウナラを言いに来てくれたような気がしちゃいました。
IMG_0576eg10b.jpg



イカくんの動画。



こうして最終日は昼過ぎまでシュノーケリングを楽しみました。
ミリヒでは本当にシュノーケリング三昧でしたが、
まったく飽きることはなく、いつでも最高に楽しむことが出来ました。

大変名残惜しい気持ちでしたが、昼過ぎにはパッキングをしてチェックアウトです。。。


その23に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「21.サメと泳ぐ?」

一昨日の記事では、エリー念願の「ウミガメ」をアップしましたが、
ボクが熱望していたのは「サメを間近で見ること」でした。

「ウミガメ」はなかなか発見することが出来ませんでしたが、
「サメ」は滞在1日目から最終日までほぼ毎日見ることが出来ました。
正確ではないですが、
ミリヒのシュノーケリングでは3回中2回はサメを見れるくらいのイメージでした。

サメは他の魚たち以上に動きが速いので、良い写真はあんまり撮れてませんが、
ミリヒのハウスリーフには結構うようよいたことは間違いありません。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800or900)が開きます。
G10の画像はエリー、TZ7の画像はボクが撮影したものでございます。


1枚目(G10)
初日の午後に、ボクらの部屋の前で最初に発見したサメ。
画質悪いですが、画面中央に2匹で泳いでいます。
これはエリーだけが出くわしたのですが、
最初のサメとの遭遇だったので、さすがに相当に怖かったらしいです。
IMG_0117eg10b.jpg



2枚目(G10)
一列ヴィラと半円形ヴィラの間にいたブラックチップの子供。
IMG_0132eg10b.jpg



3枚目(TZ7)
半円形ヴィラとジェッティの間にあいたホワイトチップ。
サンゴの下にもぐってゴソゴソやってました。
P1000171ktb.jpg



4枚目(TZ7)
サンゴの下から出てきて泳ぎだしたところ。
P1000172ktb.jpg



5枚目(G10)
3・4枚目を撮影しているボクをエリーが撮影したもの。
IMG_0140eg10b.jpg



6枚目(TZ7)
サメの動きが速くてぶれちゃってますが、背鰭の「ホワイト」はハッキリわかります。
P1000180ktb.jpg



こちらは3〜6枚目の「ホワイトチップ」の動画。



7枚目(TZ7)
3日目にリーフエッジ付近で泳いでいた「ホワイトチップ」。
P1000355ktb.jpg



8〜10枚目(G10)
4日目に半円形ヴィラ〜ジェッティの間にいた「ブラックチップ」。
エリー撮影ですが、かなり近くで、結構バッチリ撮影出来ました。
IMG_0524eg10b.jpg


IMG_0526eg10b.jpg


IMG_0529eg10b.jpg



多分8〜10枚目の「ブラックチップ」をボクが動画撮影したもの3連発。







11枚目(TZ7)
ジェッティの下すぐのところにいた「ブラックチップ」の子供2匹。
P1000463ktb.jpg



こちらはその動画。



半円形ヴィラのすぐ下までやって来ていた「ブラックチップ」の動画。



ミリヒで見たサメは「ホワイトチップ」「ブラックチップ」の2種類で、
人を襲うことはまずないサメだそうです。

危険性という点では安心していられるのですが、
サメは速いので、追っかけて撮影するのはホントに大変です。
写真を撮るなら「待ち伏せ」作戦の方が良さそうです。

何しろサメを見ることはボクの念願だったので、たくさん見れて大満足でした。


その22に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「20.日の入後or日の出前のミリヒ」

モルディブ〜ミリヒ旅行記も「その20」までやってまいりました。
シュノーケリング画像が多い旅行記になってますが、
今日は趣向を変えて、「日の入後or日の出前のミリヒ」の画像を紹介します。

旅行先では夜景撮影も楽しみの1つですが、
今回のモルディブ〜ミリヒ旅行では、昼にも増して、夜は雨降りが多く、
夜景っぽいのを撮影したのは8月18日の朝:日の出前と夕:日の入後の2回でした。

今回の旅行では、水中撮影含め、コンデジのG10・TZ7が大活躍でしたが、
このような撮影ではやっぱり5Dが最強です。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
今回のすべての画像はボクが5D+EF24-105ISで撮影したものでございます。

1〜7枚目は8月18日の早朝、8・9枚目は8月18日の夕方に撮影。

1枚目:明け方に自分達の部屋のテラスにて。
IMG_0610k5d.JPG



2枚目:自分達の部屋の玄関出てすぐのところから撮影。
IMG_0628k5d.JPG



3枚目:部屋玄関前から半円形ヴィラ方向を撮影。
IMG_0621k5d.JPG



4枚目:3枚目を、若干別アングル、若干ズームで撮影。
IMG_0613k5d.JPG



5枚目:部屋のテラス下には白色灯がつけられていて、魚がたくさん寄ってきます。
IMG_0620k5d.JPG



6枚目:部屋玄関前から半円形ヴィラとは反対方向を撮影。
IMG_0612k5d.JPG



7枚目:多分ボクらの部屋のお隣あたり。
IMG_0618k5d.JPG



8枚目:ボクらの部屋は、向かって右から2番目。
IMG_0637k5d.JPG



9枚目:8枚目の橋から一列ヴィラ全体を撮影。
IMG_0635k5d.JPG



南の島のリゾートは、昼に撮っても、夜に撮っても、
「ただ撮るだけ」で絵になっちゃいますね〜。


その21に続く。。。
posted by 玉ケン at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「19.念願のウミガメとの出会い」

玉ケン&エリー夫婦は、実は3日前にお引越をしまして、、、
さすがに忙しくてブログもお休みしていましたが、今日からボチボチ再開していきます。

今日は、モルディブ〜ミリヒ旅行記「19.念願のウミガメとの出会い」です。

今回のモルディブ旅行で、エリーの最大の願いは「ウミガメと泳ぐこと」でした。
数あるリゾートの中から「ミリヒ」を選んだのも、
ウミガメ遭遇率の高さが大きな要因だったくらいです。

しかしながら、ミリヒ滞在1日目・2日目とウミガメくんに出会うことはできず。。。
しかも悪いことに、2日目に行ったジンベエトリップでのシュノーケリングで、
他の人々はウミガメを見ていたのです。(つまりボクらだけ見逃したという事)

ジンベエザメもウミガメも見る事が出来ず、
2日目の夜は「この世の終わり」くらい落ち込んでいたエリーだったのですが、
滞在3日目にして、念願(悲願)のウミガメくんと出会う事が出来ました!!!


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800or900)が開きます。
G10の画像はエリー、TZ7の画像はボクが撮影したものでございます。


1枚目(G10)
ジェッティの近辺をシュノーケリングしていると、海底のサンゴに何やら動く物が・・・
IMG_0349eg10b.jpg



こちらは発見してすぐの動画。(TZ7)



2枚目(G10)
間違いなくウミガメくんです!
一生懸命サンゴをガジガジしていました。
IMG_0354eg10b.jpg



ガジガジお食事中のウミガメくんをアップで撮影した動画。(TZ7)



美味しいサンゴを求めているのか?何やら海底でゴソゴソしています(G10)



3枚目(G10)
ずーっとガジガジしているなあと思っていたら、突然ぷかーっと浮いてきました。
IMG_0366eg10b.jpg



海底から浮かんできて、一緒に泳いだ際の動画。(G10)
ちと長いですが、エリーが上手に撮ってます。



4枚目(G10)
海面に向かっている様子。
IMG_0362eg10b.jpg



5枚目(G10)
同じく海面近くまで来たときの様子。
IMG_0363eg10b.jpg



6枚目(G10)
写っているのはボク。こんなに近くまでやって来ます。
ボクらは一緒に泳いでるつもりですが、
ウミガメくんはボクらなど「眼中なし」って感じでしょうか。
IMG_0367eg10b.jpg



7枚目(G10)
何度か頭を上げては息つぎをしていました。
IMG_0371eg10b.jpg



8枚目(G10)
数回の息つぎの後、再び海底へと戻っていきました。
IMG_0373eg10b.jpg



ボクの「ど下手」な動画。(TZ7)
何しろ突然浮かんできて、しかも目と鼻の先を通り過ぎていったので、
ボクは完全にあわてふためいてしまい、最強にヘタクソにしか撮れませんでした。
臨場感あふれる???動画になってます。。。



実は上の写真も動画も、ウミガメくんは2匹いたのです。
現地で画像を見たときは見分けがついていたのですが、
今見返してみても、2匹のどっちかはさっぱり分からなくなっちゃいました。

海面に浮かんできて「一緒に泳いだ」のは数分間でしたが、
海底でゴソゴソやってるのを眺めていたのは、多分数十分間もでした。

この後もウミガメくんを探しましたが、結局出会えたのは3日目の午前だけでした。
わずか1回きりではありましたが、
数十分間のウミガメくんとの時間は夢のような時間でした。

惜しむらくは、TZ7での動画係だったボクが慌てすぎてしまい、
いつにも増してど下手にしか撮影できなかったこと。
エリーに怒られたのは言うまでもありません。。。



その20に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「18.8月18日のシュノーケリングpart2」

昨日に続いて、今日も8月18日のミリヒハウスリーフでのシュノーケリング画像です。

ミリヒ滞在3日目になる8月18日は、朝から夕方までずっとシュノーケル三昧で、
前日のジンベエトリップのうさを十分に晴らすことが出来ました。

この日のハイライトの1つは、夕方に見た「シマハギ」の大群で、
最後に動画につけたので、ぜひのぞいてみて下さい!


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
G10の画像はエリー、TZ7の画像はボクが撮影したものでございます。


1枚目(G10)
ミリヒのサンゴは本当に「生きている」感じがします。
色とりどりで美しいです。
IMG_0311eg10.jpg



2枚目(G10)
ハタ科の仲間。
IMG_0321eg10.jpg



3枚目(TZ7)
ブダイの仲間もたくさんの種類がいるようでした。
P1000291kt.jpg



4枚目(TZ7)
これは多分カワハギ科の「クマドリ」。
P1000296kt.jpg



5枚目(TZ7)
これは多分「インディアングラント」。モルディブを代表する魚種の1つらしいです。
P1000339kt.jpg



6枚目(TZ7)
「カスミアジ」は今日も威風堂々としています。
P1000340kt.jpg



7枚目(TZ7)
すでに何度か登場済みの「パウダーブールーサージョンフィッシュ」ですが、
どう見ても目をつぶって笑ってるように見えちゃいます。
P1000380kt.jpg



8枚目(TZ7)
クマノミの仲間も見つけることが出来ました。
P1000383kt.jpg



9枚目(TZ7)
冒頭に書いた「シマハギ」の大群。
いったい何匹いたのか、想像もできないくらいでした。
P1000408kt.jpg



こちらは動画。ちと長いですが、、、



「ミリヒのハウスリーフはモルディブでもトップクラス」
であることを十分に実感できた、最高に楽しい一時でした。


その19に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「17.8月18日のシュノーケリングpart1」

滞在2日目に行ったジンベエザメトリップが不発に終わって、
すっかりしょげかえっていたエリーでしたが、
3日目の8月18日は気を取り直して、一日中シュノーケリングを楽しみました。

写真は完全ワンパターンなのですが、
実際のミリヒのハウスリーフは、シュノーケリングするたびに違う魚たち、
違うリーフの表情を見せてくれて、まったく飽きることがありません。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
G10の画像はエリー、TZ7の画像はボクが撮影したものでございます。


1枚目(G10)
ミリヒのハウスリーフは今日も元気な魚たちでいっぱいです。
IMG_0304eg10.jpg



2〜5枚目(TZ7)
チョウチョウウオの仲間だけでも、たくさんの種類を見る事が出来ます。
ココにのせたのは4種類ですが、実際はもっともっとたくさんの種類がいます。
P1000293kt.jpg


P1000295kt.jpg


P1000304kt.jpg


P1000321kt.jpg



6枚目(G10)
スズメダイの群れは午前中の方がたくさんいた気がします。
IMG_0343eg10.JPG



こちらは動画。



7枚目(G10)
これは多分「ブラックピラミッドバタフライフィッシュ」の群れ。
(名前長いなあ〜。)
IMG_0348eg10.JPG



こちらも動画。



その18に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「16.青空の下part3」

3日続けて紹介してきました、
玉ケン&エリー風『楽園inミリヒ』最終のpart3でございます。

ミリヒに滞在した4日間のうちで、
しっかり青空が見えたのは2日目の午後だけだったので、
この間で撮影しといて良かったです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(X2+EF24-105IS)
青空に向かってのびるヤシの木。
IMG_6685e.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
「エメラルドグリーンの海に、白砂のビーチのヤシの木」がやっぱり定番です。
IMG_0553k5d.JPG



3枚目(X2+EF24-105IS)
ヤシの木の影がクッキリしてればしてるほど「南の島」を感じますよね。
IMG_6679e1.jpg



4枚目(5D+EF24-105IS)
ホテルの従業員も、わずかの晴れ間に何やら作業をしていました。
IMG_0578k5d.JPG



5枚目(X2+EF24-105IS)
夫婦でデジイチ持って撮影してると、遠くからでも目立ちます。
そんなボクらに、従業員はにこやかに手を振って挨拶してくれました。
IMG_6686e.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
岸辺のアチコチに見える黒いのは、おびただしい数の小魚の群れ。
IMG_0579k5d.JPG



7枚目(X2+EF24-105IS)
小魚をねらって鳥たちもたくさん飛んでいます。
こんだけ(6枚目)小魚がいれば苦労しませんね〜。
IMG_6689e.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
ぐるり一周して自分たちの部屋前まで戻ると、アオサギがスタンバイしてました。
IMG_0589k5d.JPG



9枚目(5D+EF24-105IS)
岸辺を歩く姿はどこかユーモラスです。
IMG_0596k5d.JPG



10枚目(X2+EF24-105IS)
ボクらの姿を見てもしばらくは悠然としてましたが、
さすがにうざいと感じたのか、最後は飛んでいってしまいました。
IMG_6734e.JPG



その17に続く。。。
posted by 玉ケン at 07:36| Comment(4) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「15.青空の下part2」

昨日に続いて、2日目のわずかの晴れ間に撮影した、
玉ケン&エリー風『楽園inミリヒ』でございます。

ミリヒはハウスリーフが良いことで知られていますが、
白砂のビーチの美しさもモルディブトップクラスなんだそうです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
ひたすら美しい、白砂とエメラルドグリーンの海です。
IMG_0537k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
ジェッティの真ん中あたりから撮影したもの。
右上に見えるアンテナみたいのは色々な情報を受信するためのもので、
これのおかげで各部屋でもインターネットが見れます。
IMG_0545k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
2枚目とほぼ同じ場所から反対方向を撮影したところ。
IMG_0568k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
ジェッティの先端から海方向を撮影。
IMG_0569k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
同じくジェッティ先端から島方向を撮影。
IMG_0574k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
青空に糸引くような雲もいい感じ。
IMG_0577k5d.JPG



7枚目(5D+EF24-105IS)
これはレセプション。雨の中とはまるで雰囲気が違って見えます。
IMG_0580k5d.JPG



8枚目(X2+EF24-105IS)
晴れてきたので、他のゲストも部屋からちらほら出てきたようです。
IMG_6660e.JPG



9枚目(X2+EF24-105IS)
「南の島」には欠かせない、お約束の「ヤシの木」「ハンモック」「青空と海」。
IMG_6664e.JPG



10枚目(X2+EF24-105IS)
ハンモックはいたるところにあって、空いてさえいれば自由に使えます。
IMG_6677e.JPG



その16に続く。。。
posted by 玉ケン at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「14.青空の下part1」

日ごろの行いが悪いせいなのか、滞在中だいたい天気が悪かったのですが、
2日目の8月17日の昼間〜午後だけは、青空が姿を見せてくれました。

ジンベエトリップからミリヒに戻ってからあわてて一眼を取り出し、
青空の下の「これぞ南の島!!!」という写真をパシャパシャ撮り続けました。

今日から3回にわたって、玉ケン&エリー風『楽園inミリヒ』を紹介します。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
5Dの画像はボク、KissX2の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(5D+EF24-105IS)
ジンベエトリップから部屋に戻り、テラスから撮影したところ。
IMG_0501k5d.JPG



2枚目(5D+EF24-105IS)
ボクらの部屋No.18を出てすぐのところから、半円形並びヴィラ群の方を撮影。
IMG_0505k5d.JPG



3枚目(5D+EF24-105IS)
2枚目の橋からビーチに下りて、半円形並びヴィラ群の方を撮影。
IMG_0511k5d.JPG



4枚目(5D+EF24-105IS)
ボクらの泊まった一列並びヴィラ群はこんな感じ。
IMG_0513k5d.JPG



5枚目(5D+EF24-105IS)
一列並びヴィラ群を、4枚目とは逆サイドから撮影したところ。
IMG_0586k5d.JPG



6枚目(5D+EF24-105IS)
半円形並びヴィラ群を正面から撮影したところ。
IMG_0514k5d.JPG



7枚目(X2+EF24-105IS)
半円形ヴィラ群に渡る橋のあたりにある藁製のパラソルもいい感じ。
IMG_6646e.JPG



8枚目(5D+EF24-105IS)
半円形ヴィラ群への橋からジェッティ方向を撮影したところ。
IMG_0521k5d.JPG



9枚目(X2+EF24-105IS)
ジェッティにはボクらがジンベエトリップで乗った船が停泊中。
IMG_6649e.JPG



10枚目(5D+EF24-105IS)
月並みですが「何でこんな色になるんだろう?」というミリヒの海。
IMG_0530k5d.JPG



その15に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「13.8月17日のミリヒシュノーケリング」

朝から午後まで、環礁の南端まで出かけた「ジンベエザメトリップ」でしたが、
結局ジンベエ君は現れず。。。

残念でしたが、気を取り直して、、、
今度は「ウミガメ」を探し求めながら、ミリヒのハウスリーフでシュのケリングです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
G10の画像はボク、TZ7の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(TZ7)
ジンベエトリップでシュノーケリングした海よりも、
ミリヒのハウスリーフの方が断然サンゴが美しいです。
P1000262.JPG



2枚目(TZ7)
リーフエッジ〜ドロップオフのあたりに群れている小魚の群れ。
ちなみにビーチからリーフエッジまではあっという間に泳いで行けます。
P1000246.JPG



3枚目(TZ7)
エリーが見つけた面白い形のサンゴ。
P1000265.JPG



4枚目(TZ7)
ツノダシとサージョンフィッシュがじゃれている?ところ。
P1000236.JPG



5枚目(TZ7)
エダサンゴの上に陣取っているニジハギ。
P1000238.JPG



6枚目(G10)
ブダイは今日も一生懸命ガジガジしています。
IMG_0270kg10.jpg



7枚目(G10)
ノコギリダイの群れ。よく見ると違う種類の魚も混じってますね。
IMG_0283kg10.jpg



8枚目(G10)
水上コテージの下で群れている魚たち。
IMG_0290kg10.JPG



9枚目(G10)
カスミアジは結構大きくて迫力あります。
IMG_0292kg10.JPG



8月17日のミリヒハウスリーフのシュノーケリング動画です。



10枚目(TZ7)
約1時間ほどシュノーケリングを楽しみましたが、突然のスコールでビックリ。
まだシュノーケリング続けたかったのですが、背中が痛くなるくらいの激しい雨で、
やむなく部屋へと戻りました。
P1000281.JPG



結局お目当てのウミガメはこの日も見れず。。。
ジンベエもウミガメも見る事が出来ず、エリーの落胆ぶりはかなりのモンでした。


その14に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「12.ジンベエザメトリップ」

ミリヒ到着初日はハウスリーフ内シュノーケリングだけで楽しんだボクらでしたが、
2日目はエクスカーションの目玉である「ジンベエザメトリップ」に行きました。

到着初日の18:00から、ミリヒ内のダイビングショップ「アクアプロ」の
日本人インストラクターの女性(ゴメンナサイ、名前忘れちった!)が、
ミリヒについてやエクスカーションについての説明をしてくれます。
他のエクスカーションに興味はありませんでしたが、
「ジンベエザメトリップ」だけは、日本でアレコレ調べていた時からのお楽しみです。

ちなみに・・・
ミリヒのある南アリ環礁は、モルディブの中でも屈指のジンベエポイントだそうです。
ジンベエトリップは毎日行われているわけではないようで、
ボクらの滞在2日目に行われましたが、
定員は10名までで、ちょうどボクら2人で満員という盛況ぶりでした。
(早めのお申込をオススメします。)

前フリが長くなりましたが、さてさて念願のジンベエザメは見れたのでしょうか???


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。
G10の画像はボク、TZ7の画像はエリーが撮影したものでございます。


1枚目(G10)
2日目の朝は初日よりも良いお天気でした。
しかしモルディブの天気の激変ぶりはハンパなく、
2日目も突然雨になること数回という感じでした。
IMG_0175kg10.JPG



2枚目(G10)
ミリヒ所有?の船で「いざ出発!」です。
ホテルスタッフのお見送りつき。
IMG_0181kg10.JPG



3枚目(TZ7)
ミリヒからジンベエポイントまでは船で約1〜2時間、
渋めの船長がじーっと周りを見渡しながら、ジンベエをさがします。
P1000190.JPG



4枚目(TZ7)
ジンベエポイントをウロウロするも、そのお姿は発見できません。。。
ただ、この日の海はわりと良いお天気だったので、
海を眺めながら船上でお昼寝がサイコーに気持ちよかったです。
P1000191.JPG



5枚目(G10)
道中含めて数時間ジンベエさがしは続けられましたが、結局見つかりませんでした。
船長曰く「NOジンベエ! Where is he!」でした。。。
ということで、南アリ環礁の南端のどっかの島で、みんなでシュノーケリングです。
IMG_0229kg10.JPG



6枚目(G10)
名前も場所もわからずの島の海中。
リーフはほとんどダメで、ミリヒのハウスリーフの方が断然良かったです。
IMG_0209kg10.JPG



7枚目(TZ7)
眼下にヨスジフエダイ(多分)の群れを発見。
P1000213.JPG



8枚目(G10)
おそらくエリーが7枚目で撮影したのと同じ群れだと思います。
IMG_0219kg10.jpg



9枚目(G10)
別の魚の群れ。
IMG_0200kg10.jpg



唐突ですが、ココでシュノーケリングの様子の動画をどうぞ!



10枚目(G10)
ジンベエポイントから帰りの道中も、エリーは「私が見つける!」と言って、
なかなかあきらめませんでしたが、
残念ながら帰りに見つけられるはずもなく、ミリヒに到着してしまったのでした。
IMG_0242kg10.JPG



その13に続く。。。
posted by 玉ケン at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「11.ミリヒの食事(夕食)」

昨日に引き続いてミリヒの食事、今日は夕食を紹介しようと思います。

ミリヒでの夕食は、メインレストランか水上レストランかですが、
ツアープランに入っているのはメインレストランでのビュッフェです。
水上レストランはアラカルトメニューで別料金になります。

メインレストランでのビュッフェ料理は、
曜日によってテーマが決まっていて、内容が違っています。
ボクらが滞在中は、
1日目:シーフードナイト
2日目:イタリアンナイト
3日目:モルディビアンナイト
となっていました。

※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。

1枚目(G10)
夜のメインレストランの様子。
IMG_0153kg10.JPG



2枚目(G10)
夕食時には「どこにこんなにたくさん人がいたんだろう?」というくらい、
たくさんのゲストで賑わいます。
IMG_0160kg10.JPG



3枚目(G10)
日が落ちて間もない頃に、海のほうを撮影。
IMG_0301kg10.JPG



4枚目(G10)
イメージ画像風。
IMG_0478kg10.JPG



5枚目(G10)
初日のシーフードナイトのときの料理。
IMG_0146kg10.JPG



6枚目(G10)
これも初日シーフードナイト。
IMG_0147kg10.JPG



7枚目(G10)
2日目イタリアンナイトの料理。
IMG_0300kg10.JPG



8枚目(G10)
3日目モルディビアンナイトの料理。
IMG_0473kg10.JPG



9枚目(G10)
これも3日目モルディビアンナイト。
「モルディビアンナイト」って、つまりはカレー三昧ってことみたいです。
カレー好きのエリーは大喜び。
IMG_0477kg10.JPG



ミリヒの食事はモルディブリゾートの中では、わりと評判良い方みたいです。
ただ全般的に味付けはかなり濃いと思います。
味濃いのは嫌いじゃないはずなのですが、
そんなボクでもちょっと濃すぎと感じるくらいでした。

ちなみに朝夕の食事はツアープランに含まれていますが、
飲み物は当然別料金です。


その12に続く。。。

posted by 玉ケン at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

モルディブ〜ミリヒ旅行記「10.ミリヒの食事(朝食・昼食)」

今日・明日はミリヒの食事を紹介しようと思います。

ツアープランとしては、
「朝食のみ付」が一番基本的ですが、「朝・夕食付」「3食付」も選択できます。
ボクらが行った時期はちょうどキャンペーンで、
「朝食のみ」→「朝・夕食付」に無料グレードアップしていました。
「昼食」もつけようかどうか少し迷いましたが、
「昼食」は食べないケースもあるかもと思い、基本の「朝・夕食付」にしときました。

ミリヒで食事が出来る場所は、
・メインレストラン(3食ともビュッフェ形式)
・バー(いつでも軽食OK)
・水上レストラン(アラカルト)
と3ヶ所あるのですが、
ツアープランについているのは3食ともにメインレストランのビュッフェです。

ボクらは朝・夕食はプラン通りにメインレストランでビュッフェ、
昼食はバーで軽食というパターンで過ごしました。
日本人客はほとんどこのパターンだったみたいです。


※すべての画像はクリックしてもらうと、大きな画像(1200×800)が開きます。

1枚目(G10)
メインレストランは島の真ん中のビーチ沿いにあります。
IMG_0398kg10.JPG



2枚目(G10)
ビーチに面したテラス席。
晴れてれば最高でしょうが、ボクらが食事するときはいつも雨or曇りだったので、
テラス席に座ることはありませんでした。
IMG_0399kg10.JPG



3枚目(G10)
朝食時のメインレストランの様子。
朝食のビュッフェメニューは毎日ほぼ同じで、さすがに飽きちゃいました。
IMG_0171kg10.JPG



4枚目(G10)
同じく朝食時のメインレストランの様子。ちょっとイメージ写真風。
IMG_0172kg10.JPG



5枚目(G10)
昼食はメインレストランの隣にある「AnbaBar」で食べました。
IMG_0402kg10.JPG



6枚目(G10)
「AnbaBar」の様子。
昼食をメインレストランのビュッフェにすると1人30ドル、
AnbaBARで軽食アラカルトだとボクら2人で大体50ドルくらいでした。
IMG_0403kg10.JPG



7枚目(G10)
ボクのたのんだハンバーガー。
初日と最終日の2回食べました。味は普通。
IMG_0110kg10.JPG



8枚目(G10)
エリーの頼んだカレー。エリーもこれを初日と最終日の2回食べました。
味は・・・うまい、まずいの前に、何しろハンパなく濃いです。
特にしょっぱさは空前絶後?で、
ボクは外食でこれよりしょっぱいモノを食べたことがないくらいです。
ちなみに、濃い味好きのエリーは最高に美味い!と気に入ってました。
IMG_0109kg10.JPG



9枚目(G10)
3日目にボクが頼んだ、シーフードの串焼きとカレーピラフみたいの。
あんまり美味しくはなかったかな???
IMG_0427kg10.JPG



10枚目(G10)
3日目にエリーが頼んだ、ラザニアみたいの。味は普通。
IMG_0428kg10.JPG



AnbaBARのアラカルトメニューは「軽食」ということになってますが、
ボリュームはかなりあるので、軽めになら2人で1つでも足りちゃうくらいでした。


その11(夕食)に続く。。。
posted by 玉ケン at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モルディブ〜ミリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。